ロック博士:バグース長谷川と永遠のパートナー:チャンティック亜沙美が繰り広げるロックな世界!FM Haro!76.1Mhzで毎週金曜20:00~22:00放送。毎月第2日曜は「バグースなロック講座」も開講中♪


by バグース長谷川
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

10月26日のロック向上委員会~Bob Dylan(ボブ・ディラン)~

デビューから45年
常に孤高であり、アイドルであり、最前線活躍組であり、憧れであり
とっつきにくかったり、とっつきやすかったり
怖かったり、人間臭かったり…etc

レノンもマッカートニーもジョージもミックもキースもクラプトンもコステロも影響された。
レノンはその心の内も影響され
キースは悪態を吐かれ…。

それはコノお方↓

憧れのマン:ウーマンシリーズ
『憧れのマン第三弾♪
 それは信念の塊…
 The Special Rolling Thunderな
 Bob Dylan:1975!!』


去年あたりからコノお方のまわりはザワザワとし始め
なんだかんだで今年はとうとうデビュー45周年。

「Dylan Iconプロジェクト」なるものの第一弾として
ディランの3枚組べストが出ました。
その名も『DYLAN』
45年間を網羅したBEST盤っす。

ここまで騒がれたら、ロック向上委員会でもやるしかないでしょ!!

という事でディランの特集です。

しかし、たった2時間でコノお方の何を伝える事が出来るのであろうか?
たった2時間で濃ゆい45年を??
だいたいがCD3枚組でも全くもって網羅出来るはずがないし…。
網羅しようとする事自体間違ってる気はしますが。

要するに不可能なのですわ。

そこで私バグースは、ここに集中する事に決めました。
それは1975年
その年、ディランは彼の全歴史の中でも最重要と言われる旅(ツアー)に出たのです。
その旅(ツアー)とは…
ローリング・サンダー・レヴュー
ジプシー的旅芸人一座の旅…その一座の座長はディラン。
そんな感じでしょうか。
その前後の年の活躍は凄まじいものがあり、その凄まじいものの中でも
とびきり凄まじいと言えるであろうローリング・サンダー・レヴュー。
1976年には第二期ローリング・サンダー・レヴューとして行いますが
やはり凄まじいのは1975年の第一期!!
第二期はリアルタイムでライブ盤としてリリースされたが(Hard Rain)
より凄まじい第一期は「bootleg series, Vol.5」としてリリースされた
2002年まで待たなければならなかった(正規盤として)。

今週はその2002年リリースの「bootleg series, Vol.5」
『Bob Dylan Live 1975~The Rolling Thunder Revue(2枚組)』
のみの"集中型2時間"でお届け致します。

そこにはバエズが、ロジャー・マッギンが、ミック・ロンソンが
T-ボーン・バーネットが、スカーレット・リヴェラが…。
夢の様な、旅芸人に扮した方々の素晴らしい演奏が聴けます。

ディラン程のお人なのに、日本のロック・ファンの中では敬遠してる人が多いのも事実。
実際バグースの音楽(ロック)仲間の中で「ディランがいっちゃん好き」というコメントは
一度も聞いた事がありませぬ(アルバム1~2枚しか聴いた事がないとか…)。

今週の放送を通して、もっとディランに興味を持ってくれると嬉しいです。
「初めてまともに聴いたけど良かった」と思ってくれると嬉しいっす。
その人達が、さらにBEST盤に手を出し、そしてオリジナル・アルバムへと…。

多くのロックファンにとって、深く掘り下げる最初の手段となるアルバム…
そう言っても過言ではない素晴らしいライブ:ローリング・サンダー・レヴュー(1975)!!
これを期にディランの世界を断片的でも少しずつでも…満喫してみて下さい。


        「で…出たぁ~~~!!!スペシャル・ローリング・サンダー!!!!!」
                  ふっ…これで立ち上がれる訳がねぇ…
f0103057_2374775.jpg


※"リングにかけろ"をご参照下さい。うぷぷぅ。
[PR]
by bagus-rock | 2007-10-26 02:56 | 予告編