ロック博士:バグース長谷川と永遠のパートナー:チャンティック亜沙美が繰り広げるロックな世界!FM Haro!76.1Mhzで毎週金曜20:00~22:00放送。毎月第2日曜は「バグースなロック講座」も開講中♪


by バグース長谷川
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

カテゴリ:夜の蔵出し( 13 )

~7月15日の夜の蔵出し~

そして15日はコチラを蔵出ししました

Def Leppard / Mirror Ball – Live & More
    (2011.6.20:7.20国内盤)


f0103057_2244351.jpg


:Undefeated
:Kings Of The World
:It’s All About Believin’



ていうかこれが蔵出しなんて、チャンチャラ可笑しいのですが
国内盤しか購入しないリスナーにとって、先に聴けるという意味合いで
如何なものかと思った次第034.gif

しかも本編であるライブ音源はかけておりまへん004.gif

新曲のみの御紹介048.gif

いやぁ~、この新曲がかなり良いのですわ。
完全なるレップス節。
今までもほんの少し顔を出していたクィーンっぽさもあり
レップス特有の構築されたリズムあり
メロディは1番最初聴いた時に「アレ?」と戸惑う感じもありましたが
(ヒステリアとかも1番最初はそう思ったりもした・個人的に)
やはり素晴らしい!!!

ライブはもちろん…ですよ。

買って損はありませぬ!
まだ未購入の方は買って聴いてくだされ。
レップスはやっぱりビッグなのだ


By バグース長谷川
[PR]
by bagus-rock | 2011-07-31 22:53 | 夜の蔵出し

~7月8日の夜の蔵出し~

The Steve Miller Band /
Let Your Hair Down (2011.4.19)


f0103057_22292578.jpg


:I Got Love If You Want It
:Pretty Thing



とうに人気絶頂期は過ぎ、もう、なかなかこのお方たちの
新作を聴く方は少なくなってきたのであろうが
正直言って、快作である004.gif

スティーヴ・ミラーの音世界…今でもそれは変わっておりませぬよ。

前作(2010):Bingoに引き続きブルースのカヴァーアルバムってところが
なかなか手の出せない原因なのかもしれませんが
オリジナルにて絶頂期の名盤
(Joker, Fly Like An Eagle, Book Of Dreams, Abracadabra等)
を超えるのは無理なのでは?

とか言いながら、それでもオリジナルの新曲を聴きたいという気持ちは無くなりませんがね。

とにかくこの新作を聴きつつ、往年の名盤を再度聴く事をお勧めします。

今度特集しようかな…。


By バグース長谷川
[PR]
by bagus-rock | 2011-07-31 22:38 | 夜の蔵出し
今週も大御所。
しかしかなり賛否の分かれる作品でござる034.gif

コチラ

YES / Fly From Here (2011.6.22)

f0103057_1194672.jpg


:Fly From Here - Overture
:Fly From Here Pt.1- We Can Fly


時間の都合上、2曲(というか長いイントロと1曲みたいな形…組曲なので)しか
御紹介出来ませんでしたが、如何でしたかな?

今作のYESのラインナップは

ベノワ・デイヴィッド(Vo)
クリス・スクワイア(B)
スティーヴ・ハウ(G)
アラン・ホワイト(Ds)
ジェフリー・ダウンズ(Key)
トレヴァー・ホーン(Producer)

実際の内容的には『ドラマ』のアウトテイクと言える内容ですが
全体のクオリティは「さすが!!!」と言えるでしょう。

確かにベノワさんのVoは弱い!
Liveでは悪くないのですが、この作品ではとにかく弱い。
ジョンのような「芯」が無いのですな。
もっと簡単に言えば単調です。

そしてダウンズの鍵盤としての才能。
リック・ウェイクマン(そしてリックの息子:オリバー)
のようなタイプじゃない事は分かってはいるが、それでも物足りない。

作品としてもダイナミズムには欠けている。

しかし、この作品をYESとして出す事に意味を見つけたのは正解だと思える内容です。

個人的には、ロジャーの居ないピンク・フロイドよりも良いと思うですが
(ギルモア大先生はもちろん好きなんだけど…)
皆さんは如何でしょうか?

なんにしても、プログレファン:ロックファンは聴いた方が良いと思われ。
純粋に作品としては、かなり良質ですよ。


By バグース長谷川
[PR]
by bagus-rock | 2011-07-02 11:32 | 夜の蔵出し
先週のジャーニー新譜に引き続き
今週の夜の蔵出しも、蔵出しと言うにはあまりにメジャーなバンドの
新作を紹介致しました。

コチラっ

Night Ranger / Somewhere In California
   (国内盤2011.6.8: 海外6.20)


f0103057_23165227.jpg


実は、ジャーニーとナイト・レンジャーの新作を
どこかで特集しようと考えておりましたが
他にもかなりの新作ラッシュ!という事で、このコーナーにて御紹介に至りました。

おかけしたナンバーはコチラ

:Growin’ Up In California
:Bye Bye Baby (Not Tonight)
:Time Of Our Lives


実は私バグース、不評だった前作“Hole In The Sun”が大好きである。
確かにNRらしからぬ作風ではあったと思うが
私の好きな驚きやメロディがところどころに転がっていた作品でした。
キャッチーな曲と駄作が交差していたのも否めないのですが
駄作があってもそれを上回るキラーチューンが存在していたのですな。

そして今作。
ジェフ・ワトソンからジョエル・ホークストラにギタリストが変わりましたが
前作よりも、よっぽどNRらしい楽曲が詰まっているではないか!!
しかも全体的に聴いて駄作は見当たらないという快作である!!!
ツイン・リードは過去を意識したであろう面と
逆に新機軸を打ち出そうとしている面とが交差していて頼もしい限り。
だいたい皆さん「元気良過ぎ~!」と言いたくなるくらい元気!!

再結成復活後(オリジナルメンバーが5人揃った時:1997年以来)の作品の中では
1番ファンが喜ぶ作品だと思いマルシェ。

もちろん私バグースも好きだけど…

不思議と前作の方が好きだったりする035.gif

私、結局のところNRの純粋なファンではないのかもしれない…。


By バグース長谷川
[PR]
by bagus-rock | 2011-06-17 23:37 | 夜の蔵出し

今週は大御所の新作!!

今週の夜の蔵出しは、蔵出しと言うにはあまりにメジャーなバンドの
新作を紹介致しました。

コチラじゃっ

Journey / Eclipse (2011.5.30 : 国内盤6.1)

f0103057_11321545.jpg


おかけしたナンバーはコチラ

:City Of Hope
:Edge Of The Moment



普通であれば、番組2時間を使っての特集を組みたいところですが
ここ最近の新作リリースラッシュで
どうもジャーニーの特集が組めそうにない!!
という事でコーナーにてご紹介した次第。

今作はアーネルさん、かなりスゴクなっております。
お披露目となった前作は自己紹介だと思って聴いて頂きたい。

「自己紹介もしたし、後はノビノビやらせてもらいます」

そんな感じでしょうか。

本当に歌上手いなぁ~、この人。
スティーヴ・ペリーの上をイクのでは?

ニール・ショーン先生も自分のやりたい事をガッツリやっております。
そしてケヴィン・シャーリーのプロデュースも前作を上まっております!!
さらにディーンのドラムが最高にカッコいい!!!

アルバム全体の内容としては、シングル的ナンバーは影を潜め
グッと重めのハードなナンバーが多し。
しかし心配する事なかれ!
飽きのこない、ジックリと付き合えるハードロック・アルバムであり
聴く者を感動させるに至る良作と言えますので。

まぁ、とにかく聴いておくんなまし。


By バグース長谷川
[PR]
by bagus-rock | 2011-06-11 11:47 | 夜の蔵出し
先週も、夜にピッタリな作品の御紹介をしましたぞよ034.gif

コチラじゃ

Buddy Miller’s Majestic Silver Strings (2011.3 / 国内盤4.25)

f0103057_1253248.jpg


お届けしたナンバーは…

:Dang me (Chocolate Genius Sings)
:God’s Wing’ed Horse (Buddy & Julie Miller Sings)


バディ・ミラー(ジュディも)大好きな、私バグースではありますが
何だかんだで特集する機会を失ってしまい、コチラのコーナーにて登場!

バディ・ミラーにマーク・リボーにビル・フリゼールにグレッグ・レイスと
熟練の曲者が集まって魂をぶつけあい、そこにゲストも加えての渋い名盤である。

全体的に、たっぷりとミドルに、そしてダークに鳴り響く様は
なかなか好きな人ではないと聴きづらい印象もあるかもしれません。
しかしこの懐の広さを心で受け止める事が出来た日には
それはもう毎日でも向き合って聴ける作品であります。

ゆったりと進みますが、決して“ながら族(BGM的)”にはなりません。
かなり心に引っ掛かりますから。

とても美しいのですよ…053.gif

珍しく国内盤も出てますが、売れるとイイなぁ051.gif


By バグース長谷川
[PR]
by bagus-rock | 2011-06-08 01:38 | 夜の蔵出し
『夜の蔵出し』

Chrisye / Cintaku

f0103057_51229100.jpg



Dea Mirela / Menanti

f0103057_5161386.jpg



Chrisyeは77年リリースの同アルバムを新編曲で再録音された作品(1999)。
最高ざます037.gif

そしてWarnaのDea MirelaがソロでリリースしたMenanti(多分2000年)。
後半の盛り上がり、転調していく様は本当にグッとくるのよ。

しかしドゥアドゥアニャ(両方)キラキラ10タフン・ヤン・ラルー(10年くらい前)。

最近のインドネシアでは何が売れているのか知らないバグースであった048.gif

またインドネシアに行ってCDを集めるのじゃ004.gif


By バグース長谷川
[PR]
by bagus-rock | 2011-05-31 05:31 | 夜の蔵出し
今週は、最近、長谷川家で流行っている
演歌
を御紹介しやした004.gif

この方だす!!!


・静 太郎/玄海男歌 (2000年)

f0103057_2355217.jpg


静太郎さんのデビュー曲であり
星野哲郎先生・船村徹先生のゴールデンコンビの作品であり
さらにロック系スタジオミュージシャンで録音されたという
素晴らしい作品であります!!!

E,W & Fばりのイントロから始まり、シャッフルがキマるという
ちょいと違った演歌でございます。

歌の内容は120%演歌ですが、カッチカッチとリズムがキマル演奏の上で
静さんが歌っております

知らぬ間に、ファンになってしまいました040.gif

静さん、生で聴かせてくれ~~~!!!


By バグース長谷川
[PR]
by bagus-rock | 2011-05-20 23:55 | 夜の蔵出し
『今夜の蔵出し:追悼編』



Cornel Dupree/Teasin'(1974)


f0103057_1182122.jpg



:Teasin'
:Blue Nocturne



By バグース長谷川
[PR]
by bagus-rock | 2011-05-17 02:07 | 夜の蔵出し
『夜の蔵出し』

のコーナーでございます040.gif

今週紹介したのはコチラっ

Voormann & Friends A Sideman’s Journey
                         (2009)


f0103057_12513048.jpg


60年代初頭:ハンブルク時代から
ビートルズの面々と深い友情で結ばれていた男:クラウス・フォアマン004.gif

アルバム:リボルバーのデザインを手がけた事でも有名ですし、
ビートルズ解散後はジョンのソロ作品でサイドマン
に徹していた男であります070.gif

その
フォアマン初のリーダー作がコレ041.gif

しかし、リーダー作と言ってもやはりフォアマン!
基本バックに徹し、フレンズに主役を任せる形
を取っております。

アルバム通して素晴らしいのですが、このコーナーでは
フォアマンがビートルズの面子の中で「1番癒された」と言っている
ジョージハリスンのカヴァーをおかけしました。

コチラだす

:My Sweet Lord
     / Featuring Bonnie Bramlett
:All Things Must Pass
      / Featuring Yusuf Islam (ex. Cat Stevens)


ちなみに、カーリー・サイモンの『うつろな愛』(バックVo:ミック・ジャガー!)の
イントロのベースもフォアマンですよ035.gif

サイコー070.gif


By バグース長谷川
[PR]
by bagus-rock | 2011-05-07 01:21 | 夜の蔵出し