ロック博士:バグース長谷川と永遠のパートナー:チャンティック亜沙美が繰り広げるロックな世界!FM Haro!76.1Mhzで毎週金曜20:00~22:00放送。毎月第2日曜は「バグースなロック講座」も開講中♪


by バグース長谷川
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

<   2007年 10月 ( 14 )   > この月の画像一覧

The Byrds/ Younger Than Yesterday(昨日よりも若く)


f0103057_20434954.jpg


:ロックン・ロール・スター
:マイ・バック・ペイジズ
[PR]
by bagus-rock | 2007-10-26 20:44 | タワレコ一家
憧れのマン:ウーマンシリーズ
『憧れのマン第三弾♪
 それは信念の塊…
 The Special Rolling Thunderな
 Bob Dylan:1975!!』


Bob Dylan/ bootleg series, Vol.5 : Live 1975~The Rolling Thunder Revue


f0103057_20193553.jpg

:Like A Rolling Stone(Highway 61 Revisitedより~オープニングBGM)

:Tonight I'll Be Staying Here With You(今宵はきみと)
:It Ain't Me, Babe (悲しきベイブ)
:Just Like A Woman (女の如く)
:Blowin' In The Wind (風に吹かれて)
:Mr. Tambourine Man
:The Water Is Wide
:Hurricane
:It's All Over Now, Baby Blue
:Sara
:I Shall Be Released
:Knockin' On Heven's Door
[PR]
by bagus-rock | 2007-10-26 20:18 | 今週の委員会活動
デビューから45年
常に孤高であり、アイドルであり、最前線活躍組であり、憧れであり
とっつきにくかったり、とっつきやすかったり
怖かったり、人間臭かったり…etc

レノンもマッカートニーもジョージもミックもキースもクラプトンもコステロも影響された。
レノンはその心の内も影響され
キースは悪態を吐かれ…。

それはコノお方↓

憧れのマン:ウーマンシリーズ
『憧れのマン第三弾♪
 それは信念の塊…
 The Special Rolling Thunderな
 Bob Dylan:1975!!』


去年あたりからコノお方のまわりはザワザワとし始め
なんだかんだで今年はとうとうデビュー45周年。

「Dylan Iconプロジェクト」なるものの第一弾として
ディランの3枚組べストが出ました。
その名も『DYLAN』
45年間を網羅したBEST盤っす。

ここまで騒がれたら、ロック向上委員会でもやるしかないでしょ!!

という事でディランの特集です。

しかし、たった2時間でコノお方の何を伝える事が出来るのであろうか?
たった2時間で濃ゆい45年を??
だいたいがCD3枚組でも全くもって網羅出来るはずがないし…。
網羅しようとする事自体間違ってる気はしますが。

要するに不可能なのですわ。

そこで私バグースは、ここに集中する事に決めました。
それは1975年
その年、ディランは彼の全歴史の中でも最重要と言われる旅(ツアー)に出たのです。
その旅(ツアー)とは…
ローリング・サンダー・レヴュー
ジプシー的旅芸人一座の旅…その一座の座長はディラン。
そんな感じでしょうか。
その前後の年の活躍は凄まじいものがあり、その凄まじいものの中でも
とびきり凄まじいと言えるであろうローリング・サンダー・レヴュー。
1976年には第二期ローリング・サンダー・レヴューとして行いますが
やはり凄まじいのは1975年の第一期!!
第二期はリアルタイムでライブ盤としてリリースされたが(Hard Rain)
より凄まじい第一期は「bootleg series, Vol.5」としてリリースされた
2002年まで待たなければならなかった(正規盤として)。

今週はその2002年リリースの「bootleg series, Vol.5」
『Bob Dylan Live 1975~The Rolling Thunder Revue(2枚組)』
のみの"集中型2時間"でお届け致します。

そこにはバエズが、ロジャー・マッギンが、ミック・ロンソンが
T-ボーン・バーネットが、スカーレット・リヴェラが…。
夢の様な、旅芸人に扮した方々の素晴らしい演奏が聴けます。

ディラン程のお人なのに、日本のロック・ファンの中では敬遠してる人が多いのも事実。
実際バグースの音楽(ロック)仲間の中で「ディランがいっちゃん好き」というコメントは
一度も聞いた事がありませぬ(アルバム1~2枚しか聴いた事がないとか…)。

今週の放送を通して、もっとディランに興味を持ってくれると嬉しいです。
「初めてまともに聴いたけど良かった」と思ってくれると嬉しいっす。
その人達が、さらにBEST盤に手を出し、そしてオリジナル・アルバムへと…。

多くのロックファンにとって、深く掘り下げる最初の手段となるアルバム…
そう言っても過言ではない素晴らしいライブ:ローリング・サンダー・レヴュー(1975)!!
これを期にディランの世界を断片的でも少しずつでも…満喫してみて下さい。


        「で…出たぁ~~~!!!スペシャル・ローリング・サンダー!!!!!」
                  ふっ…これで立ち上がれる訳がねぇ…
f0103057_2374775.jpg


※"リングにかけろ"をご参照下さい。うぷぷぅ。
[PR]
by bagus-rock | 2007-10-26 02:56 | 予告編
Annie Lennox/ Songs Of Mass Destriction

アメリカじゃぁ大騒ぎ!!
アニー・レノックスの4年振りNew Albumですよ。
「ハズれな訳がない!!」と思ってましたが、やっぱりやってくれました☆
アニーのVoとしての力量、その素晴らしい歌唱…
全ての楽曲がアニーの声の為にあると言っても過言ではありません。
「この人やっぱりソウルフルやね~」
ファンなら当たり前の事なのだが、あらためて溜息出ますぜ。
23名(組)の女性アーティストをゲストに招いての曲『SING』もスゴイのだが
(誰が参加してるかは調べてみてね)
バグース的には本日on-airしたコレ♪

Dark Road

1stシングルです。
静かに始まり、どんどんと深く魂に語りかけるアニー…。
そしてリズムが入り「パッ!」と目の前が拓ける感覚☆
聴けば聴くほど素晴らしいですな。
歌詞も片手に聴いてくらはい。
俺は鳥肌立ちました。
うぷぷぅ。

f0103057_21194064.jpg

[PR]
by bagus-rock | 2007-10-20 00:15 | 今週のプラス1♪
Pilot/ Blue Yonder


f0103057_2124266.jpg

:Get Up And Go
:Library Door
[PR]
by bagus-rock | 2007-10-19 21:06 | タワレコ一家
『ハノイが街にやってくる!ヤァヤァヤァ♪
 HANOI ROCKS(ハノイ・ロックス)特集!!!』


Bangkok Shocks, Saigon Shakes, Hanoi Rocks

f0103057_2113859.jpg


:Tragedy
:Cheyenne

Oriental Beat

f0103057_211554.jpg


:Oriental Beat

Self Destruction Blues

f0103057_212749.jpg


時間の都合上、かけられませんでした・・・。

Back to the Mystery City

f0103057_213194.jpg


:Mailbu Beach NightMare
:Ice Cream Summer


Two Steps from the Move

f0103057_211789.jpg


:High School (オープニングBGM)
:Don't You Ever Leave Me
:Cutting Corners
:Underwater World
:Million Miles Away
:Up Around The Bend

Street Poetry

f0103057_2131958.jpg


:Fashion
:Teenage Revolution
[PR]
by bagus-rock | 2007-10-19 20:00 | 予告編
『ハノイが街にやってくる!ヤァヤァヤァ♪
 HANOI ROCKS(ハノイ・ロックス)特集!!!』


今週はハノイ・ロックス来日という事で、前々から特集しようと考えていた。
ハノイ・ロックス来日スケジュールは

10/21(日)"LOUD PARK 07"さいたまスーパーアリーナ(埼玉)
その後、10/22(月):渋谷クラブクアトロ(東京)、10/23(火):心斎橋クラブクアトロ(大阪)
10/25(木):広島クラブクアトロ(広島)、10/26(金):名古屋クラブクアトロ(愛知)
となっている。

でも再結成後のハノイ・ロックス来日は別に珍しい事ではない。
2003年には2度に渡り来日しているし
2005年にも当時のNew Albumとなる
「Another Hostile Takeover」を引っさげ来日している。
そして今回の話題と言えばやはり、今年リリースされたNew Album
「Street Poetry」が往年の名作の匂いがして素晴らしかったという事ぐらいだ。
(それだけでもじゅうぶんだけどね)

そこで、選曲するにあたり久々に過去の作品(1st)からまんべんなく聴いてみた。
レコードからCDに買い直してはいたのだが、それから真面目に聴いた事がなかった。

・Bangkok Shocks, Saigon Shakes, Hanoi Rocks~1981~
・Oriental Beat~1982~
・Self Destruction Blues~1983~
・Back to the Mystery City~1983~
・ALL Those Wasted Years~1984~

ふむふむ。
久しぶりに聴いてもイイねぇ~。
そしてお次は…

・Two Steps from the Move~1984~

…ちょっとストップぅぅぅ~!!

何じゃこりゃ!?
もう1度聴こう…。
う、う、うぷぷぅ。
最高!!!
そう!サイコー!!!
なのだよ。

"Two Steps from the Move"

言わずと知れたハノイ・ロックスの超名盤。
「他のアルバムの方が最高だっ!!」
というファンももちろん多いのだが、やはり一般的にこのアルバムが最高傑作と言えるだろう。

私的には先週の「ボス:Born In The U.S.A.」と同じで
やはり15歳の頃リアルタイムで聴きまくったアルバムである。

な・の・に!!

面白い事に、今聴いた方がなぜか新鮮でカッコ良く聴こえるのである!!
念の為、試しに何度も繰り返しアルバムを通して聴いてみたが
やはりリアルタイムで聴いてた頃よりも素晴らしく
細かい部分まで最高に感じてしまうのである!!

Don't You Ever Leave Me

久々この曲を聴いた。
何度も何度も聴いてみた。
それは今聴いても全くもって素晴らしく、何ひとつ輝きを失わない持続性を持っていた。
もちろん他のアルバム収録曲も素晴らしい。

ヤバイ…コレはクセになる。

そして、案の定(今さらだが)クセになってしまった。

あらためてハノイ・ロックスとしての、このアルバムの位置付けを考えてみた。

・リスナーからも評論家からも大絶賛だった。
・今まで以上に楽曲の充実振りが凄く、それはハノイ・ロックスが世界に対して
本当の意味で羽ばたいた黄金期とも言われた。
・しかしその数ヶ月後、モトリー・クルーのVoであるヴィンス・ニールの車に乗っていた
ドラムのラズルは、ヴィンスの飲酒運転での事故により死亡してしまった。

その後は知っての通りハノイ・ロックスは解散へと…。

バンドとしての最高傑作と言われ、その後の活躍が最も期待されたにも関わらず解散。
そんな悲劇直前の傑作。
ある意味『伝説』となってしまった1枚ですな。

何をしつこく書いているのかと言うと<過去の作品の方が良い>なんて事を
言うつもりは全然無いのだが、やはり1984年リリースのそのアルバムに関しては
誰が何と言おうと別格なのである!!
今こそ、それをみんなであらためて堪能しようじゃないか!!!
…つう事でんな。

最初は全アルバムからまんべんなくいこうと考えてましたが変更して
"Two Steps from the Move"を中心に、ハノイ・ロックスの過去と現在を聴いていこうと思います。

それは多少偏った形になってしまうかもしれませんが
"Two Steps from the Move"があるからこその過去という聴き方…
"Two Steps from the Move"があるからこその現在という聴き方…
それがハノイ・ロックスの「今」の凄さを感じ取れる方法だと思っていマルシェよ。

            
              だいたいこのジャケからしてカッコいい!!!!!!!
f0103057_5331358.jpg


聴かず嫌いは損よ、損!!!
つう事で今週もロックオン♪
[PR]
by bagus-rock | 2007-10-18 20:40 | 予告編
あの男が帰って来たぁ!!!
と言っても毎度同じ音なのでございますが…。
前作「Deja Vu All Over Again」から約3年<アメリカン・ロックの良心>の新作っす☆

その人の名は…

MR.CCR→John Fogerty(ジョン・フォガティ)

説明するのがバカらしい程、いつもの音です。
それは1968年にCCRでデビューしてからずっとです。
逆に言うとファンが聴きたいと思っている音を全く裏切らずに出すという事なのですわ。

私、購入するつもりでタワレコ浜松市野店に行き
でも購入する前に(絶対買うけど)視聴機で聴いてみようと思い
そしてスイッチをプチと………………

『いつも通り…カッコいい!!! 』

ブルース、すわんぷ、カントリー♪
フォガティの声、楽曲は世界の宝でんな!!!

John Fogerty/Revival

f0103057_1351537.jpg


on-air

Creedence Song
[PR]
by bagus-rock | 2007-10-13 13:07 | 今週のプラス1♪
Dee Dee Warwick/ The Collection

f0103057_20562759.jpg


:Foolish Fool
:I'm Gonna Make You Love Me
:Yours Untill Tomorrow
[PR]
by bagus-rock | 2007-10-12 20:58 | タワレコ一家
『憧れのマン第二弾!!
 ザ・ボス!!!
 Bruce Springsteen
(ブルース・スプリングスティーン)☆』


MAGIC

f0103057_17354432.jpg

:Radio Nowhere
:You'll Be Coming Down
:I 'll Work For Your Love
:Gypsy Biker
:Last To Die
:Girls In Their Summer Clothes
:Long Walk Home


Born To Run

f0103057_17355450.jpg

:Born To Run
:Thunder Road


Born In The U.S.A.

f0103057_1736658.jpg

:Darlington County (オープニングBG)
:Dnacing In The Dark
:Born In The Dark
:Bobby Jean
[PR]
by bagus-rock | 2007-10-12 20:00 | 今週の委員会活動