ロック博士:バグース長谷川と永遠のパートナー:チャンティック亜沙美が繰り広げるロックな世界!FM Haro!76.1Mhzで毎週金曜20:00~22:00放送。毎月第2日曜は「バグースなロック講座」も開講中♪


by バグース長谷川
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29

<   2008年 02月 ( 15 )   > この月の画像一覧

『別れ行く男達に捧げる~
 Tom Waits(トム・ウェイツ)+他』



Tom Waits / The Heart Of Saturday Night


f0103057_1234327.jpg



:New Coat Of Pain
:San Diego Serenade
:Shiver Me Timbers
:(Looking For) The Heart Of Saturday Night
:Please Call Me, Baby



Tom Waits / Small Change


f0103057_12344421.jpg



:Step Right Up (オープニングBG)
:I Can't Wait To Get Off Work
:I Wish I Was In New Orleans
:Tom Traubert's Blues (Four Sheets To The Wind In Copenhagen)
:Invitation To The Blues



Billy Joel / Cold Spring Harbor


f0103057_2582842.jpg



:Tomorrow Is Today
:Nocturne
:Got To Begin Again



Keith Richards / Talk Is Cheap


f0103057_1262348.jpg



:Take It So Hard
:Make No Mistake


ごめん…やっぱ泣いちゃった?




☆I Love Rock'n Roll☆ 〜ロック向上委員会(^^♪〜

[PR]
by bagus-rock | 2008-02-29 20:03 | 今週の委員会活動
『華麗なる一発屋…その才能再確認!!
 Kim Carnes(キム・カーンズ)』



いつか出してみたかった。
私の大好きなキム・カーンズ!!
ギターはワディ・ワクテル027.gif


Kim Carnes / Gypsy Honeymoon : The Best Of Kim Carnes


f0103057_153995.jpg




:Bette Davis Eyes
:Crazy In The Night (Barking At Airplanes)
:Thrill Of The Grill
:Make No Mistake, He Is Mine (Duet With Barbra Streisand)




日本では一発屋なのかもしれないしBESTと言えど知らない曲も多いであろう。
しかし一度ハマルと病みつきになるその歌声・才能に感服しやす004.gif
キム・カーンズのBESTは数種類出てますがこれがピカイチ!!
ヒット曲だけじゃない、本当の意味での『BEST盤』っす☆
[PR]
by bagus-rock | 2008-02-29 20:02 | タワレコ一家
2月~3月…この時期はお別れのシーズンである。
新しく始まる4月に向けて色んな事が動くのだ。
そこには必ず「人の動き」もある訳で…やはりお別れのシーズンなんすね。
(もちろん反対の出会いも必然的にあるのだが)
住所は変わらず仕事が変わったり、仕事は変わらず住所が変わったり(転勤)
そのどちらも変わったりと様々。

我ロック向上委員会も、その「人の動き」がやってきました。
やなぼう(ディレクター)が新しい道を歩いていくのです。

今週の委員会活動がラストの仕事となります。
そんな彼に、そして新たな道を歩き出すたくさんの人にエールを送りたいと思います。

「ガンバレーーーーーーー!!」

どの「道」にも言える事ですが、やはり(特に最初は)大変です008.gif
真っ直ぐに見えた道もその先に行くと曲がりくねっていたり
実は坂道がムチャクチャ多かったり
例えばだが、自分では西に向かってると思っていたのに東という反対の方向に進んでいたり
歩けど歩けど陽炎しか見えなかったり、自分では安全に歩いているつもりでも事故に遭ったり
ゴールを目指してると思ったら実は環状線でまた同じ位置に戻ってしまったり…。

そして、新しく道を歩む時のもうひとつの壁がある。
それは孤独という何とも言い難い試練なのだ。

しかし人という生き物は便利にも<慣れてくる>という性質を持っている。
そう、いつかは慣れるのだ。
もちろん例外もあるのだが、それは余程アナタの意思とは別の世界だったという事だろう。

でもね…その<慣れる>までがけっこう辛いのよね~。

という事で今週は、この方に登場して頂きましょう。


『別れ行く男達に捧げる~
 Tom Waits(トム・ウェイツ)+他』



寂しいかい?
辛いかい?
誰も分かってくれない?
愛する人に会えない?

このお方の奏でる歌はそんな時に理解者となってくれる歌のひとつだと思うぞよ。

素直に心に直撃する歌。
トム・ウェイツの多岐に亘る音楽生活の中でも
特に素直に語り掛けてくれるであろうアルバムを今週は紹介致します。


:The Heart Of Saturday Night (1974)
:Small Change (1976)



心に直撃するアサイラム時代の名盤2枚!

グラミー受賞アーティストであり、映画のサントラも手がけ、俳優としても素晴らしく
ボブ・ディランから「密かに憧れるヒーローの1人」と言われるお人:トム・ウェイツ…。

今週は、これから訪れるかもしれぬ不安や寂しさと闘う男の美学をたっぷり堪能し
みんなの心を癒そうではないか!!
そして、旅立っていく者達へのエールとして、この放送をお届けする所存である!!!

たっぷりぷりぷりトム・ウェイツ☆

今週のロック向上委員会もお楽しみに!!!



トム)いやぁ~、マイッタなぁ~。
女)フン!どうでもいいけどズボン穿いてくれる?


f0103057_1735483.jpg


               
 女)ねぇ…こっち向いてよ…
 トム)イイっす・・・おっぱい見えるし・・・


f0103057_1736117.jpg
[PR]
by bagus-rock | 2008-02-27 03:41 | 予告編
Motown Salutes Bacharach (A Tribute To Burt Bacharach)


f0103057_201906.jpg


:Let's The Music Play~Diana Ross And The Supremes
:One Less Bell To Answer~Gladys Knight And The Pips


☆やっぱグラディスよね~053.gif
[PR]
by bagus-rock | 2008-02-22 20:19 | タワレコ一家
『ひっそりと 夜に聴きたい ブルース・ロック♪
 Jack Bruce & Robin Trower + 他』



Jack Bruce ・ Robin Trower / Seven Moons


f0103057_1193422.jpg




:She's Not The One(オープニングBG)
:The Last Door
:Seven Moons
:So Far To Yesterday



Jack Bruce / Songs For A Tailor


f0103057_1195232.jpg




:Theme From An Imaginary Western
:Never Tell Your Mother She's Out Of Tune
:Tickets To Waterfalls



Robin Trower / Bridge Of Sighs


f0103057_120579.jpg




:Too Rolling Stoned
:Day Of The Eagle
:Little Bit Of Sympathy


Mountain / Climbing!~Nantucket Sleighride


f0103057_121044.jpg


f0103057_1211193.jpg

f0103057_1213345.jpg

















:Never In My Life
:Taunta (Sammy's Tune)
:Nantucket Sleighride (To Owen Coffin)



Procol Harum / A Salty Dog

f0103057_20494.jpg




:A Salty Dog



ジャックもレスリーもパッパラルディもゲイリー・ブルッカーも良いのだが…
やっぱロビン・トロワーがカッコ良すぎっ070.gif




☆I Love Rock'n Roll☆ 〜ロック向上委員会(^^♪〜

[PR]
by bagus-rock | 2008-02-22 20:10 | 今週の委員会活動
ひっそりと

出ましたね。
内容は、相変わらずと言えば相変わらず。
まぁ、変わってしまうのも困るのだが。
とても落ち着いて聴ける作品だし、何より安心して聴けるところがさすがである。
とか言いながらも、1曲目頭からギターフレーズや音色にドキドキしたり感心したり
楽曲も素晴らしく感動してしまうのだが…。
相変わらずだけどカッコいいのよ、やっぱり!!

つうか何の事やら分かりませんね。

ひっそりと出たのはコチラ


f0103057_22312899.jpg

Jack Bruce ・ Robin Trower / Seven moons

中でも、特に素晴らしいのはロビン・トロワーのプレイ!!
2006年にライブ盤(CD:DVD共)が出たので
「今のロビン」を観て・聴いて
その変わらない凄さは確認済みだったのだが…またやられた。



1音1音の音のツブが心にグッとくるのだ。
ロビンが1音1音をとても大切にしている事がスグにでも分かるくらいだ。
何でこんなに良いんだろう…。

曲調としてはさすがに枯れた感はあるのだが(つうかだいぶ前からそうだけど)
ギタープレイはやっぱり凄いね。
さすがだ066.gif

そしてジャック・ブルース!!
ロビンとのコラボはけっこう評判良くなかったりもするのだが
(ロビンのファンからするとジャックのせい)
今回は良いっすよ004.gif
ベースはおとなしめではあるが、歌が力強い(全曲ジャック・ブルースのVo)!!

最近、大御所の新作はアタリが多いので嬉しい限りだ。

と言う事で今週はこんなタイトルでお届けします♪

『ひっそりと 夜に聴きたい ブルース・ロック♪
 Jack Bruce & Robin Trower + 他』


今時、ジャック・ブルースとロビン・トロワーが
一緒にやってるなんて言っても別に驚きもしないだろうし
だいたいその御二方を知ってるかどうかも怪しいところ…。
だから『ひっそり』なのだ。
その『ひっそり』にどれだけの人が共感できるのだろうか?
夜ひっそりと聴くブルース・ロック(ちょいとジャジーな面あり)…072.gif
それはロック好きな大人達のイキな楽しみなのである。

もちろん今週登場するアルバムは『Seven Moons』だけではござらんよ!
新譜と共に選んだアルバムはコチラとなりやす!

Jack Bruce / Songs For A Tailor (1969)
Robin Trower / Bridge Of Sighs (1974)


ジャック・ブルースはクリーム解散後初のソロ・アルバム(渋いっ!)。
「アンタ、ベースで何やらかしてるんですかっ?」
と言いたくなる極上の1枚♪

ロビン・トロワーはプロコル・ハルム脱退後2枚目となるアルバム。
彼の代表的作品であり、セールス的にも輝いていた名盤!!


f0103057_22315744.jpgf0103057_2232756.jpg












以上3枚を中心に、最近恒例19時台の『+他』でお届けします!!!

今週は骨太のブルース・ロックを『ひっそり』と堪能あれ069.gif

うぷぷぅ。
[PR]
by bagus-rock | 2008-02-21 02:19 | 予告編
Jellyfish / Bellybutton


f0103057_20191515.jpg


:That Is Why
:I Wanna Stay Home


☆やっぱりそうか!矢藤さん!!☆
[PR]
by bagus-rock | 2008-02-15 20:23 | タワレコ一家
『B級ではない!これはA級(永久)名盤だ!
          Uriah Heep(ユーライア・ヒープ)+1☆』




The Magician's Birthday(魔の饗宴)~1972~

f0103057_313776.jpg


:Sunrise
:Sweet Lorraine
:Rain
:The Magicians Birthday



Return To Fantasy(幻想への回帰)~1975~

f0103057_315274.jpg


:Shady Lady
:Return To Fantasy
:Your Turn To Remember
:Prima Donna(オープニングBG)



Blue Oyster Cult / Secret Treaties(オカルト宣言)~1974~

f0103057_32848.jpg


:Flaming Telepaths
:Astronomy



Wetton Downes / IconⅡ- Rubicon~2006~

f0103057_202595.jpg


:The Die Is Cast


+1じゃなくて+2だなコレは。
つうかやっぱり素敵だ…この人達。ありがとうと言いたい040.gif 



☆I Love Rock'n Roll☆ 〜ロック向上委員会(^^♪〜

[PR]
by bagus-rock | 2008-02-15 20:15 | 今週の委員会活動
グレー015.gif

私バグースにとって2月はそんな感じです。
日に日にコロコロと感情が変化するし、どうもスッキリしない。
だからカラーのイメージが湧いてこないんだな。

そんな状態なのに追い討ちをかけるかのように自分のまわりには色々な出来事が起こるし
ニュースを見ても(読んでも)嫌になる事件ばかり。
くだらない事や腹立たしい事件ばっかりだ。
つうか腐ってるよ…ホントに。
そういった事に色々と物申すのは簡単なのだがそれも何だか…ねぇ。

こんな状態の時はパーティー・ロック的なモノを聴いてスカッと…と言いたいのだが
虚しくなるだけで逆効果だったりして057.gif

と、そんな状態なのでギリギリの告知となってしまったようです(他人事)040.gif

こんな時に聴きたくなる音楽(ロック)って何だろ?
そう思ったらスグにこの方達が出てきたので素直にそうします。

“Uriah Heep(ユーライア・ヒープ)”

パープル系列のようで、プログレのようで、悪魔主義かと思ったら、軽くロックン・ロールを楽しそうに演奏したりもしてて、メンバーがやたら動いて落ち着かなかったり、けっこう不運で、それでも今でも続いてて、続いていると言ってもオリジナル・メンバーはミック・ボックスだけだったりして、物凄い良い音楽を何十年と創り続けているのに(途中?の面もあったが)正当な評価は得られてないような…そんなバンドなのだ。

私バグースにとってはとても「グレー」なのである。

実はロック向上委員会、何だかんだと4年目に突入しているのだが(今の時点で3年と1ヶ月半)
驚く事にユーライア・ヒープを番組で取り上げた事が無い!!
個人的にはかなりのペースで聴いているのに。

という事で我ロック向上委員会初のユーライア・ヒープ060.gif
たっぷりと堪能下され。

上に書いたように、一般的にはちゃんとした評価がなされてない!
こんなに(どんなに?)素晴らしいのに!!!
ツェッペリン、パープル、サバスの影に埋もれてB級だという輩もいる…。
確かにそうだが(認めちゃった)それは「人気」という観点からだろ?
音楽的観点に立ち返ってしっかりと聴いてみよう!!!

ちゃんと聴けばよく分かるぞよ。
実はとっつきやすくメロディアスであり、メルヘンチックな部分も大切にしつつ
楽曲とインストの調和は緊張感を生みリスナーを煽る!!

歴代のヴォーカリストも実に素晴らしく、今は居ないが天才:ケン・ヘンズレーの才能にも平伏してしまうだろう。

もちろん歴史の長いユーライア・ヒープをたった2時間で網羅するのは不可能。
という事で今回はこの2枚でお届けしやす。

The Magician's Birthday(1972)
Return To Fantasy(1975)

Look At YourselfやDemons And Wizardsではなく上記2枚です。
ユーライア・ヒープ全盛期の名盤ではあるが、一般とは少々ズラしてみました。
Bassは今は亡きゲイリー・セイン(The Magician's…)とジョン・ウェットン(Return To…)!!
(春頃オリジナル・メンバーにてASIAがNew Albumリリース予定だとか)
ブリブリの歌うベースも聴き応えたっぷりプリプリ(うぷぷっ)。
もちろんVoはデヴィッド・バイロン!!!
男気たっぷりでございます☆


f0103057_4214158.jpg



f0103057_4215464.jpg














あっ、そうそう。
実は来月(3月)にユーライア・ヒープNew Albumをリリースの御予定☆
タイトルは「Wake The Sleeper」!!
前作「Sonic Origami(1999)」からおよそ9年振りですな。
楽しみじゃの~。

それでは今週(つうかもう今日)もお楽しみに029.gif
7時台にはあのバンドも登場しまっせ♪
みんな喜ぶかどうかは分かりませんが。
うぷぷぷぷぅ。

あっ!大切な事忘れてた。
タイトルは…

『B級ではない!これはA級(永久)名盤だ!
         Uriah Heep(ユーライア・ヒープ)+1☆』


意味分からんけど…何となく…ね。
[PR]
by bagus-rock | 2008-02-15 02:59 | 予告編
Sweet / Level Headed


f0103057_20125290.jpg


:Fountain
:Dream On

☆矢藤流SWEET爽やか編☆
[PR]
by BAGUS-ROCK | 2008-02-08 20:13 | タワレコ一家