ロック博士:バグース長谷川と永遠のパートナー:チャンティック亜沙美が繰り広げるロックな世界!FM Haro!76.1Mhzで毎週金曜20:00~22:00放送。毎月第2日曜は「バグースなロック講座」も開講中♪


by バグース長谷川
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

<   2009年 01月 ( 14 )   > この月の画像一覧


久しぶり当日の予告になってしまいました040.gif
みなさん、お変わりないですか?

私は約1週間の旅に行ってきました。
<心の洗濯>ってヤツですな。
しかし仕事なども投げ打っての急な渡航でしたので
帰国してからの数日間、大変な目に遭ってますが…。

今回の旅で経験した大切な事は
         ↓
“受け入れる” “仲間” “お行儀” “リスペクト”

かなぁ。
上記のキーワードで分かる通り、とても良い旅でしたわ。
楽しくて、その上考えさせられて、自分の心を磨けたと思います。
後はそれを生かすだけですな。
うぷぷぅ。

という事で今週(本日)の予告でございます。

旅から帰って来たら、注文していたCDが届いてました。

「あ…そういえば出たんだなぁ…」

旅の楽しさもあって、思わず忘れていたでござるよ。

最近にしては珍しく、前作から1年程の間隔でリリースされました。
今回の私の旅と同様、ハートウォーミングな内容でござる。
シリアスな部分も併せ持ってはいるが
この人の音楽にはいつも涙をこぼしてしまいそうになるのだ。

もちろん今週はコチラです↓

『ボス健在!
 早くもリリース!!
 Bruce Springsteen新作発表会♪
 (ブルース・スプリングスティーン)』


Bruce Springsteen / Working On A Dream
(2009.1.27/国内盤2009.1.28リリース)

ボスの新作発表会っ!

「各方面から大絶賛だった前作との違いは?」

それは本日のロック向上委員会を聴けば、よ~く分かるぞよ!!
往年の名曲を混ぜつつ、今のボスをたっぷり堪能致しましょう♪

お楽しみに~!!!

f0103057_17252488.jpg

[PR]
by bagus-rock | 2009-01-28 17:24 | 予告編

来月:2月7日(土曜日)に行われる
『Chris Duarte & Bluestone Company Japan Tour 2009 in 浜松♪』
の告知コーナー12週目でござるよ。

そして!
とうとう本日発売となりました。
もう手に取って聴いて頂けてますかな?

他番組でも紹介してるようなので(ホントありがとー!!)
結構みなさんのお耳に入ってる事と思います。

何が本日発売かって?
おぉ~い、知らないのかよ~。

こちらどす!!!

Chris Duarte & Bluestone Company / 396
(2009年1月23日:Pヴァイン・レコードよりリリース♪)


f0103057_691561.jpg


:Put Up Or Shut
:The Ballad Of Kohima Ridge



本日はライブでやるであろうと思われる曲と
聴けば聴く程素晴らしいミディアム・ナンバーをおかけしマルシェ。

このアルバム、捨て曲なんぞ一切無いのよ~。
クリスのVo.も一段とクリアーにパワーアップ♪
住友氏のスライドがブンブン唸り、クリスとのギター・バトルも最高潮!!
小笠原氏のウネウネベースに泰三氏の疲れを知らないドラム
そして太郎氏の跳ねるパーカッションも凄いの一言!!!
全て混ざると信じられないほど腰にくるグルーヴを叩き出す☆

とにかくアルバムごと聴いてくだたいな。

さぁ、2月7日まで後2週間!!

ソワソワ~、ソワソワ~。
[PR]
by bagus-rock | 2009-01-24 18:39 | ライブ告知コーナー♪

今週の『そのとき君は...何してた~ん?』は
ブリティッシュの怒れる獅子(と私が勝手に呼んでいる)
ポール・ウェラー率いるザ・スタイル・カウンシルの名盤ざます!!

労働者階級の代表的存在であったポール・ウェラーが
洒落たアレンジ:楽曲に乗せて“怒りをぶちまけて”いくのじゃっ!

バグース的にはジャムよりソロよりスタカンが好きっす。

そのスタカンの2ndアルバムを御紹介♪

Our Favourite Shop

f0103057_15101865.jpg


Homebreakers
Shout To The Top
Walls Come Tumbling Down


う~ん、名作ですな。
今聴いても1枚まるごと素晴らしい。
ていうか古くならんのよ、全く。

そして、政治色がとても強い歌詞で、この時期のイギリス事情がよ~く分かるのだ。

音と歌が武器になるのだと一般的に証明してくれた作品でもありますぞ。

今の日本にも必要だろ??

ホント、真面目に。
[PR]
by bagus-rock | 2009-01-24 18:38 | そのとき君は…何してた~ん?

『悩みは尽きず眠りも浅く…
 考え抜こう!未来について!!
 Manic Street Preachers特集♪
 (マニック・ストリート・プリーチャーズ)』


Generation Terrorists(1992)

f0103057_1433563.jpg


:Motorcycle Emptiness
:You Love Us


Gold Against The Soul(1993)

f0103057_1430334.jpg


:La Tristessa Durera(Scream To A Sigh)


Everything Must Go(1996)

f0103057_1430742.jpg


:Everything Must Go
:A Design For Life


This Is My Truth Tell Me Yours (1998)

f0103057_14301045.jpg


:If You Tolerate This Your Children Will Be Next
:The Everlasting


Forever Delayed(2002)

f0103057_1430262.jpg


:The Masses Against The Classes


Lifeblood(2004)

f0103057_14303942.jpg


:The Love Of Richard Nixon
:1985


Send Away The Tigers(2007)

f0103057_14331644.jpg


:Your Love Alone Is Not Enough / feat. Nina Persson
:Send Away The Tigers



UKロックシーンの中で、デビューから今でも一貫して異彩を放ち続けているマニックス。
その音楽に於ける技量も然る事ながら
心を打つメロディ、そしてメッセージは誰もかなわない域まで達していると思う。

つうか、まずは音楽に取り組む<姿勢>の点だけでも大尊敬なのだ。
人の痛みが分かるミュージシャンとでも言えばいいのかな…。
信念というものがハッキリ・シッカリしている限り、ファンは付いていきますぜ。

輝ける我等の星:マニックス…。

悩みや苦しみから抜けない今夜も、貴方達の音楽で涙を流してスッキリさせて頂きやす。




I Love Rock'n Roll☆ 〜ロック向上委員会(^^♪〜

[PR]
by bagus-rock | 2009-01-24 18:37 | 今週の委員会活動

先週から申しておりますが、今週は収録です。

なぜかって、浜松に居ないからです。

多分、日本にも居ないでしょう。

かといって手抜きはしておりませぬ。

気持ちを入れて聴いてくださいませ040.gif

2時間の中に思いがたくさん詰まってます(まぁ、いつもだけど)。
考えよう…
考えなきゃイカン…と。

内容はこんな感じです。

『悩みは尽きず眠りも浅く…
 考え抜こう!未来について!!
 Manic Street Preachers特集♪
 (マニック・ストリート・プリーチャーズ)』


その場で、生でお伝え出来ないのが残念ですが
マニックスのメランコリックな音楽に涙しながら
そして今、日本がどんな状態なのかを考えながら
聴いてくださいませ。

やはり…
考える事・行動する事・団結する事・悪を許さない事・人に優しくする事
が大切なのですな。

どうでもイイ事なんて何ひとつないのです。

絶好調な人も不調な人も同じだよ。

という事で私めは<楽しみながら(コレ重要☆)考えて>きま~す!!

23日の放送の時も考えながら過ごす事にしますよ。

フムフム…と021.gif

f0103057_19461392.jpg


まぁ何にしても→ロック万歳ですな070.gif
[PR]
by bagus-rock | 2009-01-18 20:00 | 予告編

『さらに進化した名盤誕生!
 The Derek Trucks Band新作発表会♪
 (ザ・デレク・トラックス・バンド)』


Already Free(2009)

f0103057_1961739.jpg


:Down In The Flood
:Something To Make You Happy
:Sweet Inspiration
:Days Is Almost Gone
:I Know


Songlines (2006)

f0103057_15204844.jpg


:Revolution
:I’ll Find My Way


Live At Georgia Theatre (2004)

f0103057_1522038.jpg


:Volunteered Slavery
:Freddie’s Dead


如何でしたかな?
あらためて、ちゃんと手に取って聴いてみてくらはい。

新作:Already Freeの冒頭1曲目/ボブ・ディラン作:Down In The Floodの
<イントロ→歌入り→一斉に全ての楽器入り>
その瞬間のウネリを大音量で体験するだけでも心がウキウキ弾みますぜ。

今回はおかけ出来ませんでしたが
Susan Tedeschi(スーザン・テデスキ:デレクの奥様)がメインで歌う曲も素敵っ☆

いつにも増して南部ソウル・ロック臭さが漂い
そこにお得意のジャズ、エスニックの感覚をミックスした
その手法はホントにグレート066.gifである。
レベルも最高潮に達してますな。

私がいまだに飽きず聴き続けているライブの名盤:Live At Georgia Theatre
と一緒にあらためて御堪能あれ。

うぷぷぅ。



I Love Rock'n Roll☆ 〜ロック向上委員会(^^♪〜

[PR]
by bagus-rock | 2009-01-16 20:36 | 今週の委員会活動

毎度毎度おなじみのコーナーでござい!!

最近は色んな番組にて告知させてもらってますので(豊橋市や飯田市のFMさんまでも)
かなりの頻度でお耳に入ってる事と思います。

来月:2月7日(土曜日)に行われる
『Chris Duarte & Bluestone Company Japan Tour 2009 in 浜松♪』
の告知コーナー11週目でござるよ。

お届けしたのはもちろん両者がガッツリ組んだ最新作より!!!

Chris Duarte & Bluestone Company / 396
(2009年1月23日:Pヴァイン・レコードよりリリース♪)


f0103057_691561.jpg


:H2K3
:Angelina


インストナンバーとハードロッキンなナンバーでございます。

実際、今回のアルバム『396』には捨て曲なんぞありませんぞ!
どの曲もカッコいい&キャッチーな名曲ばかりでござる!!
「これでもか」と言わんばかりのギターバトル満載なのに
ポップ感覚がほどよくブレンドされておりマルシェ。

さぁ、23日にこのアルバムを購入して、ライブの準備をしてくだたい!!!


ちなみにUSヴァージョンのジャケットはこんな感じらしい↓
も、もしやこの車は…
f0103057_1915939.jpg



うぷぷぅ。
[PR]
by bagus-rock | 2009-01-16 20:35 | ライブ告知コーナー♪

今週の『そのとき君は...何してた~ん?』は
昨年紹介出来なかった素晴らしいアルバムの御紹介ざます!!

ソウル・マスター:テレキャスターの名人/スティーヴ・クロッパーと
NYブルー・アイド・ソウル・バンド:ラスカルズの名Key & Vo./フェリックス・キャヴァリエ

がガッツリ組んだ名盤じゃい♪

60年代の『あの音』『あの雰囲気』が満載で
昨年出たばかりのアルバムには聴こえまへん!!

Nudge It Up A Notch

f0103057_1842758.jpg


If It Wasn’t For Loving You
Without You


「クロッパー先生、キャヴァリエ先生、絶好調じゃないすかー!!」

と言いたくなるほど素晴らしい☆

懐かしさが同居しながらも、ほんのり今を感じさせてくれる名曲が並んでいるが
全曲書き下ろしのオリジナルである!
カヴァー無しというのも立派ですな。

サザンソウルの老舗レーベル『Stax』(再活動)が生んだ
ソウルの名盤である。

このアルバムを聴いて、喜び、泣き、ホクホクした人はきっとたくさん居た事でしょう。

これが<<ザ・ソウル・ミュージック>なのだっ!!!
[PR]
by bagus-rock | 2009-01-16 20:34 | そのとき君は…何してた~ん?

こんつわ。
1月に入ったら<すんげーヤル気が出る>かと思ったら
全く逆で力の入らないバグースです。

まぁ、そんなもんだろ。

結構セカセカしてないと嫌なはずなのに(というか忙し好き)
妙にマッタリとしている。

やっぱり<寒い>ってのはイカンのぉー。

そんなこの寒い時期に、心から温まる事の出来る作品がリリースされたぞ!058.gif

手元にそのアルバムが届いてからというもの
エンドレスで流しっぱで聴いているのだが…妙に温かい。


の体温が十二分に感じられる作品なのだよ。

それと、前作より<落ち着き>が目立っている。

「こんな落ち着いててイイのか?」

最初、そう思ったりもしたのだが、これが何度も聴くとイイのよ!
今さら{癒し}なんて言葉を使いたくはないが癒されるのだ。

1曲目オープニングではリズムが入った瞬間から緊張感が出まくり
2曲目で素晴らしいソウルの鼓動が聴こえる。
そして3曲目でVo.がドイル・ブラムホール2世に交代し
4曲目でSweetな感覚に包まれる…。
そして奥さんまで登場してVo.を取るその様は
アルバム通して感じられる<温かさ>の象徴であろう。

って誰の事?

コチラっす↓

『さらに進化した名盤誕生!
 The Derek Trucks Band新作発表会♪
 (ザ・デレク・トラックス・バンド)』


そう!!
デレク・トラックス・バンドの新譜がリリースされたのじゃ!!!
(タイトル:Already Free~1.13日リリース/国内盤2.18日リリース予定)

各業界がこぞって待ちに待ったと言えるデレク・トラックス・バンドの新譜♪
最近では<新世代ギター・ゴッド>とか<現代の3大ギタリスト>とか言われております!!
(ちなみに他2名はジョン・フルシアンテ/レッチリ&ジョン・メイヤーざます)

上記の通り、今作は前作:Songlinesよりも穏やかでブルージーな仕上がりである。
とてもリラックスしていて、レコーディングを楽しんだ様子が伺える。

しかしどんなにゆったりしていても、デレクのスライドはブンブン唸る!!
それでも今までのアルバムの中で1番他楽器とのバランスが良いので
出過ぎな感じが全くしない!!!

この余裕さが今回遂げた進化なのだな…と思ったりもするのだ。

という事で今週はデレク・トラックス・バンドの新作発表会☆

新作:Already Freeを中心に、前作:Songlinesと
前々作:Live At Georgia Theatreを混ぜての2時間!!
たっぷりプリプリとお届けしていきますよ。

この冬…コレを聴きまくって温まろう!!!↓

f0103057_1836046.jpg

[PR]
by bagus-rock | 2009-01-14 20:07 | 予告編

さて!
とうとう1ヶ月を切ってしまい興奮気味のこのコーナー!!

来月:2月7日(土曜日)に行われる
『Chris Duarte & Bluestone Company Japan Tour 2009 in 浜松♪』
の告知コーナー10週目でござるよ。

お届けしたのは両者がガッツリ組んだ最新作より!!!

Chris Duarte & Bluestone Company / 396
(2009年1月23日:Pヴァイン・レコードよりリリース♪)


f0103057_691561.jpg


:396


そしてもう1曲はコチラ

Chris Duarte Group / Tailspin Headwhack (1997)

f0103057_15125012.jpg


:People Say


ニューオリンズが生んだスーパーバンド:ミーターズの名曲のカバーでござる!!
クリス&ブルーストーンの過去のライブでも演奏していたですたい。


早く来い来い2月7日っと070.gif
[PR]
by bagus-rock | 2009-01-10 15:16 | ライブ告知コーナー♪