ロック博士:バグース長谷川と永遠のパートナー:チャンティック亜沙美が繰り広げるロックな世界!FM Haro!76.1Mhzで毎週金曜20:00~22:00放送。毎月第2日曜は「バグースなロック講座」も開講中♪


by バグース長谷川
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

<   2011年 11月 ( 14 )   > この月の画像一覧

こちらのブログでは、ラジオ関連以外の記事を載せる事って滅多に無いのですが
これは載せますよ~~~004.gif

昨日(11月26日・土)は“プレ葉ウォーク浜北”で
そして本日(11月27日・日)は“浜北文化センター”にて
サンキュー手塚が大暴れ致しました!

※浜北文化センターでは“浜松市制100周年記念事業「100夢プロジェクト」   
  第1回浜松お笑いフェスタ『出世城』PERFORMANCE 1 GRAND PRIX
  といった内容のイベントでした

サンキュー手塚と私バグースは「くさい飯を食った仲」に近いニュアンスの間柄なのですが
歳を取るにつれ、なかなか個人的に会う機会が無くなっておりマルシェ。

東京に住んでた頃はけっこう遊んでいたのですが
浜松に越してからは近いようでやはり遠いのでねぇ~…寂しい限りじゃ057.gif

と思っていたら!!
上記の通り昨日&本日、浜北にてパフォーマンスのお仕事☆

という事で、サンキューのお仕事終了後
久し振りに…本当に久し振りに、サンキューとゆっくり食事が出来ました。

昔話6割、映画の話(これも昔話だが)1割、家庭の話1割
将来の話2割…そんな感じですかね。
もちろん本日のパーフォーマンスについても色々と034.gif
※というより本日しか観れなかった

写真は撮れず(スマフォのズームのやり方が分からんし、普通のデジカメは会場の暗さに弱い)
皆さまにお見せ出来ないのですが、相変わらず良かったっすよ~~~051.gif

オープニングから(俺にとって)懐かしいぃぃぃ『ロボットのラジオ体操』
これ、サンキューと遊び始めた頃から、彼の得意技でした。
「キュゥィーン」とか「ギャンギャン」などのSEは、昔は無かったのですが
昔から大人気のパフォーマンスでした。
そして、サンキューが世界に羽ばたいた作品
『梅干しホイットニー』もありましたよ~003.gif

f0103057_1495676.jpg


※サンキュー手塚のオフィシャルHPより


これも彼がストリートパフォーマンスで鍛え上げた名作中の名作と言えるでしょう034.gif

サンキューは路上で歩く人々を惹き付ける技を知っております。
昔は毎週末、新宿・上野・渋谷などのホコ天(路上)で鍛えてきました。
たくさんの失敗も経験しつつ、その度に方向を見直しつつやってここまでやってきたのです。

サンキューのHPの中に、こんなコメントが載ってます
「あるプロデューサーは、そのパフォーマンスを 世界に通用する
“ストリート宴会芸” と称賛した(週刊現代増刊号:03.1.29)」


まったくもってその通りだす037.gif

今では、大道芸ワールドカップin静岡(これ、もう15年連続出場だって)を始め
各都道府県から呼ばれ、パフォーマンスを披露しているサンキュー手塚。
もちろん諸外国でも毎年パフォーマンスを繰り広げております058.gif

サンキュー手塚と友達付き合いをし始めたのが、もう18年前。
朝までウチで語り合ったり、映画を観ながらあれこれとウンチクを語ったり
サンキューのパフォーマンスをビデオに撮って色々と感想を述べてみたり
その頃が本当に懐かしく、大笑いの渦の中すぐに時間が過ぎてしまいました。

そして懐かしいと共に、彼が今まで行ってきた全ての事に
あらためて尊敬の念を感じております(前からだけど)。
1人で荷物を運び、1人でセッティングをし、日夜考えるネタを様々な場所で披露し
1人で反省し、1人で方向転換なども決定し、家族の事も支えていく。
あくまで現場主義なのです。

私の大切な戦友であります051.gif

f0103057_1563882.jpg



なぜ『戦友』なのかって
教えなぁぁぁ~~~い!!!

これからも、サンキュー手塚を応援してくだたい040.gif


By バグース長谷川


楽しさ(Fun)を創造(Create)するFun Createのホームページ
[PR]
by bagus-rock | 2011-11-28 02:26 | PHOTOなど
まだ番組(11月25日分)のアップをする余裕がありませんが
こちらの告知をさせて頂きます040.gif

そりは現役静大生:フィルダウス・プリヨ・ハルトモ君の通う静岡大学のイベントざます。


静岡大学:MOT(エム・オー・ティー)フェスタ2011

見つけよう「新たな自分」
創りだそう「新たな価値」


日程:2011年12月3日(土曜日)
時間:13:30~16:30
場所:静岡大学浜松キャンパス・高柳記念館


参加は無料です!
オウ、グラティス、ヤ―!!!

受付は13:00から!
第1部と第2部に分かれております。

第1部は修了生記念発表…
「在学中に得たもの、気づいた自分、そしてその後」

第2部は…
「在校生・修了生によるトークセッション」

そしてその後、17:00からは同じ会場にて懇親会もありますぞ034.gif

お申込み/お問い合わせは…

■静岡大学大学院事業開発マネジメント専攻内[静岡大学MOTフェスタ2011実行委員会事務局]

E-mail : 2011motfesta@gmail.com


何か新しい事を始めたいと考えている方々!
何かが見つかる良い機会になるかもしれませんよ~034.gif
先ずは話を聞きに、そして一緒に語りに来てくださいまし051.gif


宜しくです!!


By バグース長谷川


楽しさ(Fun)を創造(Create)するFun Createのホームページ
[PR]
by bagus-rock | 2011-11-28 02:25 | The Indonesia
『レスリー、べス&ボナマッサ新譜特集
       一人より二人キャンペーン!!』


今週の放送は…

・Leslie West / Unusual Suspects (海外9.20)

f0103057_22412479.jpg


:One More Drink For The Road (FT : Steve Lukather)
:Standing On Higher Ground (FT : Billy Gibbons)
:Leslie West / Mud Flap Momma (FT : SLASH)


レズリー久々のオリジナル!Unusual Suspectsの詳細


・Beth Hart, Joe Bonamassa / Don’t Explain (海外9.27)

f0103057_22413484.jpg


:Well, Well
:Sinner’s Prayer
:For My Friends
:I’d Rather Go Blind


絶好調ボナマッサとティナ・ターナーばりのベスが紡ぎ出す名演集:Don't Explain


・Gov’t Mule / Broke Down On The Brazos (By A Thread : 2009)
FT : Billy Gibbons


f0103057_1143512.jpg



ZZ TOP/ビリー・ギボンズとのオープニングから凄まじいBy a Threadの詳細


・Dave Mason & Cass Elliot / On And On (1970)

f0103057_115286.jpg


デイヴとママ・キャス珠玉の名作:Dave Mason & Cass Elliot


・Pete Townshend, Ronnie Lane / Heart To Hang Onto
(Rough Mix : 1977)


f0103057_1161970.jpg


ピートとロニーのデュオ:Rough Mixの詳細


・Jack Bruce, Robin Trower / The Last Door (Seven Moons : 2008)

f0103057_11728.jpg


ロビンのストラト最高!なSeven Moonsの詳細


1人より2人というテーマでお届けしましたが
如何だったでしょうか?
時間の都合でこれくらいしか掛けれませんでしたが
コラボ系の素晴らしい作品はかなり存在しています。
探して聴いてみてください。
しかしいつ聴いても、Mason/Elliot組とTownshend/Lane組はイイなぁ~056.gif


By バグース長谷川


楽しさ(Fun)を創造(Create)するFun Createのホームページ
[PR]
by bagus-rock | 2011-11-19 11:12 | 今週の委員会活動

今週は青春の1ページ…

今週の和訳朗読はコチラでした

Cheap Trick / Voices

f0103057_22254845.jpg



収録アルバム:Dream Police (1979)


きっとたくさんの人の「青春の1ページ」だと思われます。
チープ・トリック、初期の全盛期最後となる名盤:ドリーム・ポリス。
その中でもたくさんの若人を涙させたヴォイセズ。

本当に素晴らしい。
メロディもギターのフレーズも、全て口ずさめてしまうキャッチーさを持ちつつ
Cメロからギターソロ(という程のモノではなく、とてもシンプル)
そしてDメロへいきサビへ戻った時の空気感…
いまだに肌が『ゾワッ』とします。

この後、バンドは苦悩の時代に突入していくのですが
この作品からその苦悩の時代こそが
チープ・トリックの作品的頂点ではなかろうかと、私は思っている次第です035.gif

まぁ、新作をリリースしてもファンを裏切らない安心ブランドですから
あまり聴いた事が無いという方、どの作品から聴いても良いと思いますよ。


By バグース長谷川


楽しさ(Fun)を創造(Create)するFun Createのホームページ
[PR]
by bagus-rock | 2011-11-18 22:35 | 和訳朗読
答えを当てた方の中から抽選で1名様に

ロック向上委員会Z特製ステッカー

をプレゼントしている、ロック向上委員会Zのイントロクイズ!

今週の答えはコチラでした

Rod Stewart /
 Every Picture Tells A Story


f0103057_22161270.jpg



アルバム:Every Picture Tells A Story (1971)

たまりませんね。
素晴らし過ぎます。
アメリカ・イギリス共に1位を獲得した、正にロッドの出世作でございます。
さすがに“マギー・メイ”は簡単過ぎるだろうと思って、タイトルトラックにしました。
アルバムのオープニングを飾る
アコースティックでトラッドな香りプンプンのロックナンバーですよ。
ロッドのソロの中でも群を抜いて素晴らしい1枚034.gif

この頃は良かったなぁ…026.gif

私、リアルタイムではありませんけど037.gif

うぷぷぅ。


By バグース長谷川


楽しさ(Fun)を創造(Create)するFun Createのホームページ
[PR]
by bagus-rock | 2011-11-18 22:22 | イントロクイズ
という事で、今週はありましたよ~。
The Indonesia

もちろんゲストは、現役静大生:フィルダウス・プリヨ・ハルトモ君004.gif

先ずは番組内で御紹介した、プリヨ君在籍静岡大学のイベント告知を致します。


静岡大学:MOT(エム・オー・ティー)フェスタ2011

見つけよう「新たな自分」
創りだそう「新たな価値」


日程:2011年12月3日(土曜日)
時間:13:30~16:30
場所:静岡大学浜松キャンパス・高柳記念館


参加は無料です!
オウ、グラティス!!!

受付は13:00から!
第1部と第2部に分かれております。

第1部は修了生記念発表…
「在学中に得たもの、気づいた自分、そしてその後」

第2部は…
「在校生・修了生によるトークセッション」

そしてその後、17:00からは同じ会場にて懇親会もありますぞ034.gif

お申込み/お問い合わせは…

■静岡大学大学院事業開発マネジメント専攻内[静岡大学MOTフェスタ2011実行委員会事務局]

E-mail : 2011motfesta@gmail.com


大学を卒業してから何十年も経つ方々も
どの大学を受験しようかと迷っている若人も
そのどちらでもないけど、何か新しい事始めたいと考えている方々も
何かが見つかる良い機会になるかもしれませぬよ。
みなさんこぞってお出掛けくださいませ040.gif

という事で、プリヨが選んだ本日の2曲はコチラ


Ungu / Yogyakarta

f0103057_21423098.jpg


Titi Kamal ft. Anji Drive / Resah Tanpamu

f0103057_21425276.jpg

f0103057_2143317.jpg


※2人一緒の写真が見つからなかった上に、AnjiもバンドのDriveの写真になってしまいました

さて、本当なら来週のThe Indonesiaはお休みなんですが
(プリヨの学校の都合で、このコーナーは隔週の予定です)
来週は特別(?)ありますよ~~~!

何でかな?
何でだろ??

うぷぷぅ。

来週もお楽しみに~~~051.gif


By バグース長谷川

楽しさ(Fun)を創造(Create)するFun Createのホームページ
[PR]
by bagus-rock | 2011-11-18 21:45 | The Indonesia
ビスケットタイムプレゼンツ:
   バグースなロック講座4th Mission


f0103057_148727.jpg


今月もかなりの盛り上がりの中、無事終了致しました。
来てくれた皆さま、本日もありがとうございました040.gif

f0103057_1483340.jpg


4回目となる今夜は、こんなテーマでお届けしました。

『忘れじの70年代:
 ロック界の根底を支えたバンド達』

~超B級に、マニアックに聴こう!!~

テーマとなるのが70年代という事もあり(ロック好きは70年代が好き)
皆さまの関心度が、かなりヒートアップしていましたね。

次回も面白い内容でお届け出来るよう頑張りまっす066.gif

という事で、今夜のロック講座にて
大音量でお聴き頂いたコアな名曲の数々をアップ致します!

このようなメニューでした

:Leaf Hound / Freelance Fiend (Growers Of Mushroom : 1971)

f0103057_1553355.jpg



:Atomic Rooster / Stand By Me (Made In England : 1972)

f0103057_1561054.jpg



:RAMATAM / Whiskey Place (RAMATAM : 1972)

f0103057_1564820.jpg



:Highway Robbery / Mystery Rider (For Love Or Money : 1972)

f0103057_1572115.jpg



:Stray Dog / Chevrolet (Stray Dog : 1973)

f0103057_1575693.jpg



:Andy Fraser / Be Good To Yourself (…In Your Eyes : 1975)

f0103057_1583433.jpg



:The Sensational Alex Harvey Band / Gang Bang (Next : 1973)

f0103057_1593098.jpg



:Budgie / In For The Kill (In For The Kill : 1974)

f0103057_201345.jpg



:Jo Jo Gunne / Where Is The Show? (So…Where’s The Show? : 1974)

f0103057_205815.jpg



:Moxy / Moonrider (Moxy : 1975)

f0103057_213299.jpg



:MR.BIG / Zambia (Sweet Silence : 1975)

f0103057_221479.jpg



:Broken Home / Stop Looking At Me (Broken Home : 1980)

f0103057_224926.jpg



:STARZ / Cherry Baby (Violation : 1977)

f0103057_233047.jpg



:Detective / Recognition (Detective : 1977)

f0103057_241057.jpg



:Crawler / Muddy Water (Snake, Rattle And Roll : 1978)

f0103057_245218.jpg



:Rubicon / Closely (Rubicon : 1978)

f0103057_253273.jpg



:Flint / Back In My Arms Again (Flint : 1978)

f0103057_261121.jpg



:オマケ~
Ken Hensley & Live Fire / Set Me Free (From Yesterday) (Faster : 2011)


※オマケの意味=70年代ではなく2011年リリースだから

f0103057_273514.jpg



昔、知人(と言ってもかなり薄い間柄)がこう言っておりました。
「売れない(音楽に対して)のは才能が無いという事
やっぱり売れる人は天才なんだよ」

まぁ、一理ある034.gif
しかし「売れないのは才能が無い」というのはどうかと。

なので私、思わずそのケンカに乗ってしまい047.gif
『●●●とか、●●●とか凄いぜ!』(どのアーティストの事を言ったか忘れました)
と言い返しましたが、その人はバッサリと
「全然才能無いんじゃない」と。

ハーァァァッ017.gif

じゃあ今なら誰が天才なんだよ…と質問したところ

「小室哲哉」(当時、小室ファミリーはバカ売れしてました)

ハーァァァッ017.gif

別に間違ってるとは言わんが、俺の話と全然次元が違ってないか??

という事で、その人とはそれ以降、2度と会ってはいません。

まぁ、B級(またはそれよりもコア)とかの括りで考えているのは日本での事ですし。
例えばですが、Moxyはカナダで有名だし、Atomic Roosterだって有名だし
RAMATAMだってSTARZだって有名なんです(ある程度)。
ただ、ZEPやパープル、ストーンズやビートルズのようにまでは知られていないだけの事。
でも、A級の存在だけでは、ロック界はここまで巨大なモノにはなっていなかったでしょう。
愛好家達が挙って聴いていたB級と呼ばれるバンドがあったからこそ巨大になれたのです。

A級はB級に支えられ、そして売れて
B級はロック界の根底を支えて、ファンから愛されたのです。

そういった事を言いたくて、4th Missionは上記のような内容になりました。

まだまだバグースなロック講座は(多分)続きます。
来月、2011年を締め括る内容はどんな内容になるのでしょうか!?

…まだ考えてません008.gif

という事で、興味のある方は、次回5th Missionに御参加くださいませ040.gif

あらためまして、本日もお越しくだった皆さま…
本当にありがとうございました♪

また来月の第二日曜日(12月11日)、ビスケットタイムにてお会い致しましょう051.gif

ちなみに今回のロック講座の様子はこんな感じでした(ちょっとだけよん)

バグースなロック講座4th Missionをチラリと
バグースなロック講座4th Missionをさらにチラリと


By バグース長谷川


楽しさ(Fun)を創造(Create)するFun Createのホームページ
[PR]
by bagus-rock | 2011-11-14 03:21 | ロック講座
『バグースなロック講座前哨戦!
B級ロックを聴いていこうスペシャル!!』


今週の放送は、明日の“バグースなロック講座”に合わせ
こんな感じでお届けしました

Y&T / Mean Streak (Mean Streak : 1983)

f0103057_18295122.jpg



Ted Nugent / Can’t Live With ’Em (If You Can’t Lick ’Em…Lick ’Em : 1988)

f0103057_1830483.jpg



GIUFFRIA / Call To The Heart (Giuffria : 1984)

f0103057_18301979.jpg



The Guess Who / These Eyes (Wheatfield Soul : 1968)

f0103057_18304815.jpg



Buchman Turner Overdrive / Not Fragile (Not Fragile : 1974)

f0103057_1831197.jpg



James Gang / My Door Is Open
(ストレイト・シューター : 1972)

※なぜか英語表記にするとブログで受け付けてくれないのでカタカナ表記で

f0103057_18311867.jpg



Meat Loaf / Bat Out Of Hell (Bat Out Of Hell : 1977)

f0103057_18313231.jpg



Thin Lizzy / Chinatown (Chinatown : 1980)

f0103057_1831458.jpg



TRIUMPH / Magic Power (Allied Forces : 1981)

f0103057_18315642.jpg



Nazareth / Telegram~
Part 1:On Your Way, Part 2:So You Want To Be A Rock ‘n’ Roll Star
Part 3:Sound Check, Part 4:Here We Are Again
(Close Enough For Rock ‘n’ Roll : 1976)


f0103057_18321575.jpg



Trapeze / Send Me No More Letters (Trapeze : 1970)

f0103057_18322791.jpg



といった具合です034.gif

もちろん他にもB級ロックと呼ばれるアーティストはゴマンと居ります。
ユーライア・ヒープもよく言われますし、キャプテン・ビヨンドもそうでしょう。
まぁあくまでも、B級の括りは“A級”と呼ばれるアーティストほど
セールス的に芳しくなかったバンド:アーティスト達の事を指すのであり
音楽・テクニック・センス等の事を言う訳ではないのですし
このようなアーティストが居たからこそ
アーティスティック且つ巨大なロック界が存在していた訳であります。

ですので、皆さまもこれを機会に、マイナーと言われる括りにある音楽
B級という括りにある音楽に触れてみてくださいませ040.gif

さぁ、そして!
明日はバグースなロック講座4th Missionですぞ!!

今週の番組にて御紹介した『B級』の括りにも入らない(であろう)
アーティスト:バンドをガンガンかけまくります070.gif

まだギリギリ予約は間に合います035.gif

詳細はコチラになります

~ビスケットタイムプレゼンツ~
バグースなロック講座:4th Mission

11月13日(日曜日)!!

4回目となる今回の、テーマはコチラ034.gif


『忘れじの70年代
  :ロック界の根底を支えたバンド達!!』


サブテーマはコレ

~超B級に、マニアックに聴こう!!~

================================================

11月13日(日曜日) PM8:00~10:00の約2時間

受講料 ¥2000+1 ORDER
(著作権料が発生のため少し受講料が上がりました)

席数が限られますので、御予約先着順となります。
ご参加希望の方はメールまたはお電話で御予約お願いします。

メール:biscuit-time@hamaraji.com
電話:053-522-9182(PM 2:00~夜中まで・火曜定休)

当日 ビスケットタイムの駐車場が限られますので
バスの時刻表をお知らせいたします。

バス時刻表(土日)
佐鳴台団地 医療センター行き
根上松バス停 下車
19:26 
19:50

帰り浜松駅行き
22:21最終


バスが可能な方はぜひご利用ください
講座後、飲んでいかれる方はタクシーをご利用くださいませ。

お手数をおかけしますがよろしくお願いいたします。

70年代を支えたロックを、力一杯堪能していきましょう!!

まだまだ御予約お待ちしております。

浜松のカフェ:ビスケットタイムのブログはコチラ


By バグース長谷川
[PR]
by bagus-rock | 2011-11-13 01:29 | 今週の委員会活動

今週の和訳はビリー!!

そうです。
今週の和訳朗読はコチラを選らんでみました034.gif


Billy Joel / Piano Man

f0103057_163426.jpg


収録アルバム:Piano Man (1973)

泣く子も黙る、誰もが知っている(かな?)名曲中の名曲ざます035.gif

この曲を選んだ理由は簡単で、11月8日にコチラがリリースされましたのじゃ。

Piano Man (Legacy Edition)

レガシー・エディション、今回の目玉コチラとなります!
(番組では何?エディションだったか覚えていませんでしたが)

Disk2

伝説の“シグマ”でのライブでございます。
Long Long TimeやJosephine、Rosalindaなどは未発表曲ざます。
Cold Spring Harborリリース5ヶ月後で、Piano Manのリリース1年半前。

所謂、無名に近かった頃のビリーのライブなのです。

いやぁ~、これがまた素晴らしい!
曲も演奏も音質も良い!!!

アルバム:Piano Manを、何百回と聴いてきたという方も
リアルタイムで聴き飽きてしまう程、レコードが擦り切れるまで聴いてきた方も
これは買わなければなりませぬ066.gif

Disk2の為だけでも
買いましょう買いましょう買いましょう…。

えっ?
歌詞の内容??
今回は遠慮致します。

うぷぷぅ。

By バグース長谷川
[PR]
by bagus-rock | 2011-11-13 01:29 | 和訳朗読

10.28&11.4の和訳朗読♪

これまた滞っている2週分の和訳朗読の御紹介だす034.gif

先ずは10月28日

Manic Street Preachers /
         La Tristesse Durera
(邦題:哀しみは永遠に消え去らない)


f0103057_1805459.jpg


収録アルバム:Gold Against The Soul (1993)


そして11月4日

Lowell George / 20 Million Things

f0103057_1831718.jpg


収録アルバム:Thanks I’ll Eat It Here / 特別料理(1979)


マニックスのナンバーと今は亡きロウエル・ジョージのナンバー。

「俺はただのファッション・アクセサリー
 葉書を(俺に)送る人々は
 それで俺の気分が和らぐと願っている
 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 俺は勲章を売った
 1ドルだった
 今じゃ露店で売られてる」

という台詞が印象的なマニックスのナンバーと

「一瞬一瞬、毎日毎日やってくる
 でも時は逃げていく
 だが僕には2000万ものやることがある
 2000万ものやることが…」

と歌い、その後この世を去ってしまったロウエルのナンバー。

世の中の不条理などに対して知らんぷりをするのもいいが
こういった曲を、そして詞を読みつつ
体制、世の出来事、そして自分の事を振り返ってみる事が必要だと思う。

ところで、全然関係の無いお話を。

11月に入ってからは事前収録にて番組をお届けしているのですが
先週の放送日(11月4日)、自分は用事を済ませ何気に車に乗り、ラジオをポチッと…。
そしたら何とロウエルの20ミリオン・シングスが流れているではないか!

「何て素敵な番組なんだ…」
「こりゃ素晴らしい…」

等と頭の中を思いが駆け巡ったその時!!!
ラジオから自分の声が聴こえてきて「あっ…そうか」と思いましたとさ。
コレ、ホントの話048.gif

それではまた051.gif


By バグース長谷川
[PR]
by bagus-rock | 2011-11-12 18:20 | 和訳朗読