ロック博士:バグース長谷川と永遠のパートナー:チャンティック亜沙美が繰り広げるロックな世界!FM Haro!76.1Mhzで毎週金曜20:00~22:00放送。毎月第2日曜は「バグースなロック講座」も開講中♪


by バグース長谷川
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

<   2011年 12月 ( 20 )   > この月の画像一覧

『今年も彼の誕生日は来た…
 国宝という名のベストで祝おう!
 マニックス特集!!』


本日の放送は…

・National Treasures:
the Complete Singles (Deluxe Edition) / 2011.11.8


f0103057_16231998.jpg



National Treasures: the Complete Singles (Deluxe Edition)


:Slash ‘N’ Burn (Generation Terrorists : 1992)
:Stay Beautiful (〃)
:You Love Us (〃)
:Life Becoming A Landslide (Gold Against The Soul : 1993)
:Faster (The Holy Bible : 1994)
:Motorcycle Emptiness (Generation Terrorists : 1992)
:Little Baby Nothing (〃)
:Roses In The Hospital (Gold Against The Soul : 1993)
:Revol (The Holy Bible : 1994)
:From Despair To Where (Gold Against The Soul : 1993)



時間が無くてかけられなかった曲も在るのだが
とにかく初期~3枚の曲をたくさんお届け出来て良かったと思う。

番組でも言いましたが、今の50~60歳台でも熱くなれるロックのパワーが
マニックスにはあります。
ZEP、パープル、ストーンズ、ビートルズ、ビーチボーイズ等を
リアルタイムで聴いてきた方々にも、訴えるソウルがそこには存在しています。
感動的な事柄に対して「涙腺が緩む…」という言い方がよく使われるが
まさにその通りの音なのです。
音とは音質の事ではありませんよ。
雑草が、蹴られても踏まれても、生き絶えずに緑をもたらす…
そんな彼らが発するエネルギーの事です。

私は、ブルース、B級ロック、ZEP、ストーンズ、フェイセズ、ハンブル・パイ等と共に
マニック・ストリート・プリーチャーズを愛し続ける事でしょう。

f0103057_16233637.jpg


これからも、もっともっとたくさんの人々に聴かれる事を願って…

リッチー、お誕生日おめでとう。

f0103057_16234668.jpg



By バグース長谷川

楽しさ(Fun)を創造(Create)するバグース長谷川主宰:Fun Createのホームページ
[PR]
by bagus-rock | 2011-12-24 00:13 | 今週の委員会活動
今週はありますよ029.gif
というか、来週(今年ラストの放送)も再来週も(2012年:新年初放送)
(多分)ありますよ~051.gif

The Indonesia

現役静大生:フィルダウス・プリヨ・ハルトモ君も大学休みなようだし037.gif

さて、今週の話題は

『日本とインドネシア:お正月の過ごし方の違い』

でした。

インドネシアでは、大晦日の夜7時頃から明けて2時頃までの間
人々は紙ラッパを持って街中を練るらしい。
歩く人も、車の中の人も、バイクにまたがり走る人も…。
バイクで走りながら紙ラッパの音が鳴るのか?
と、バグースは疑問に思いつつも、その紙ラッパを吹く人々を想像しながら
なぜか惹かれてしまうのでした053.gif

ただ、その紙ラッパの行方は034.gif
みんな家に持ち帰り、ちゃんとゴミ箱に捨てるのか??

想像通り、元旦の朝は、街中その紙ラッパのゴミだらけとなるのであった!!

うぷぷぅ。

私はそんなところも大好きです037.gif

という事で、今週おかけしたラグー・インドネシア(インドネシアの曲)は
コチラ

PHB / Maung Lautan Api (2010)

f0103057_1791635.jpg



Iwan Fals / Bento (1990)

f0103057_1793019.jpg



PHBはコミカルな曲。
インドネシアに存在する様々な言語が詞となっている曲。
(プリヨ曰く「インドネシアの言語は300程です」)

Iwan Falsは政府に対する批判(2代目のアノ人に向けて)ソング。
ブルースです。
ロックです。
アメリカ南部を彷彿させるナンバーです。

素敵だ…。

という事で、来週はとうとう年末。
2011年ラストの放送となります。

番組2時間まるまる、面白可笑しく放送していきたいなぁと思っております。

プリヨも2時間続けて登場するかも!?

お楽しみに~~~051.gif


By バグース長谷川

楽しさ(Fun)を創造(Create)するバグース長谷川主宰:Fun Createのホームページ
[PR]
by bagus-rock | 2011-12-24 00:12 | The Indonesia
久々、キンクスじゃない和訳朗読なのだ034.gif

今週はもちろんマニックスで統一。

という事でコチラ

Manic Street Preachers / 1985

f0103057_15462027.jpg


収録アルバム:Lifeblood (2004)


マニックスにとって7枚目のアルバムから選んでみました。

今週のマニックス特集の内容は、リッチーが居る時期の特集。
その時期の中から選ぼうとも思ったのですが
彼らが血気盛んに何かを掴もうとし始めた起源が描かれている
こちらのナンバーにした次第だす。

1985年…まだマニックスは存在してないが
みんなで集まって、悔しさを、やるせなさを、音楽へと向けた記念すべき年なよう。

「1985年 それは予言された年の翌年
 俺は有りもしない事をデッチ上げ 大きな賭けに出たが
 自分の全てを
 この俺の全てを失った…そう どんなに軽く見積もってもだ

 俺達の闘いは失敗に終わり
 その理由は隠蔽されたままになっている
 
 しかし自然の力ですら 俺達の言葉の力を封じ込めることは出来なかった

 俺達にはやっと分かった もう戻ることなど出来ないことが
 俺達にはやっと分かった もう戻ることなど出来ないことが」

親、市民の敗北・挫折
彼らはその時まだ、若干17歳(リッチーは18歳)。

同じ頃、怒れる若者の代表者:ポール・ウェラーは
スタイル・カウンシルにて、その怒り・思想を顕にしていた。

ワーキング・クラス・ヒーロー

彼らを苦しめた経験は今、様々な形に変化し、創作へと導いている。


By バグース長谷川

楽しさ(Fun)を創造(Create)するバグース長谷川主宰:Fun Createのホームページ
[PR]
by bagus-rock | 2011-12-24 00:10 | 和訳朗読
3連休、如何お過ごしですかな?

「ラジオを聴いていた」?

どこも出掛けずに??

「ロック向上委員会Zを聴いていた」?

どこも出掛けずに??

という方の為にもイントロクイズの答えをアップしなくてはなりませぬな034.gif

答えはコチラ

The Crash / I Fought The Law

f0103057_15324745.jpg


収録アルバム:The Clash (1stアルバム / US盤)


名盤中の名盤、クラッシュのデビュー作でござる。
(但、US盤にしかこの曲は収録されておりませんので注意)

マニックスの特集ならば、ここはやはりクラッシュが良いかと。
さらに、名曲たっぷりなこのアルバムの中でも、人気の高いナンバーを選らんでみたざます。

でもオリジナルではなくカバーなんだけどね。
(バディホリーのバックバンド:クリケッツのオリジナル)

答えを当てた方の中から抽選で1名様に

ロック向上委員会Z特製ステッカー

今度は誰の手にステッカーが届きますやら…うぷぷぅ。


By バグース長谷川

楽しさ(Fun)を創造(Create)するバグース長谷川主宰:Fun Createのホームページ
[PR]
by bagus-rock | 2011-12-24 00:09 | イントロクイズ
という事で、素晴らしい詞の和訳を御紹介する
和訳ダグラス朗読
のコーナーだす。

今週ももちろん『ダグラス』という事で
当然ながらキンクスでお届けしました。

コチラっ

The Kinks / Nothing To say

f0103057_19453577.jpg


収録アルバム:Arthur Or The Decline And Fall Of The British Empire (1969)
(邦題:アーサー、もしくは大英帝国の衰退ならびに滅亡)



主人公:アーサーと、その息子のお話。
もう息子も結婚し、子供もでき、家族というものを持つようになってからのお話ですな。

久し振りに父親:アーサーと会うのですが
どうも会話がぎこちない…。

「リューマチは痛むの?
 霜焼けの具合はどう?
 メイプルおばさんは元気?
 生命保険はどうですか?
 組合はうまくいってるの?」

会話しようと頑張ったが、息子は…

「パパ、何も話す事はないんだよ」

父親と息子はこんなもんでしょ。
万国共通なのかな?

でも…やっぱ寂しいですね007.gif

親を大切に040.gif
親孝行しようと思った時に親は居ず…なんて事になると悲しいですよ。

マジで。


By バグース長谷川

楽しさ(Fun)を創造(Create)するバグース長谷川主宰:Fun Createのホームページ
[PR]
by bagus-rock | 2011-12-17 19:54 | 和訳朗読
タイトルの通り、ザ・インドネシアがお休みの時は…

特集できない新譜のコーナー
でございます040.gif

今週のこのコーナーでは、コチラを御紹介致しました。


Philip Sayce / Ruby Electric (2011.7)

f0103057_19312677.jpg



Ruby Electricの詳細はコチラ


:Angels Live Inside (Live)
:Cinnamon Girl~I Want You (She’s So Heavy) (Live)


やっと、紹介出来たのだ。
どうしようどうしようと思いつつ早約5ヶ月…。

フィリップ・セイスはロック向上委員会でも、けっこう登場頻度の高いアーティスト。
しかし、今作は…。

半分スタジオ録音:半分ライブという変則なアルバムでして
それはよくある形だったりするのですが
そのスタジオ録音がどうもイマイチよろしくない。
新曲ではなく過去の曲。
しかもミックスが違うだけのヴァージョンだと思われ。
ミックスが違えば別に良いのでは…と思ってみたりもするのだが
前作(これは素晴らしい!)でも過去の楽曲の新録音がありまして
今作はさらに新録音ではなく、単純にミックスを変えているだけなのだ。
しかもどちらかと言えば音が汚い008.gif
なぜわざわざ汚いミックス(?)なのか、イマイチ意味が分かりません。

という事で、もう半分のライブ録音を御紹介した次第034.gif
これなら納得でごわすな。

もし購入する際には、その点に気を付けてくださいませ。

うぷぷぅ。


By バグース長谷川

楽しさ(Fun)を創造(Create)するバグース長谷川主宰:Fun Createのホームページ
[PR]
by bagus-rock | 2011-12-17 19:40 | 今週の委員会活動
『バグースなロック講座番外編!
  南部的近年最強アルバム特集♪』


本日の放送は…

・Blackberry Smoke / Little Peace Of Dixie (2009:海外)

f0103057_2149539.jpg


:Like I Am
:Prayer For The Little Man
:Sanctified Woman
:Who Invented The Wheel
:Up In Smoke
:Freedom Song


Blackberry Smokeのアルバム詳細はコチラ


・Widespread Panic / Dirty Side Down (2010:海外 / 2011:7国内)

f0103057_21491466.jpg


:North
:Dirty Side Down
:Shout Up And Drive
:Saint EX


Widespread Panicのアルバム詳細はコチラ


・Blackie and The Rodeo Kings / Kings and Queen (2011.6:海外)

f0103057_21492538.jpg


:How Come You Treat Me So Bad (feat. Janiva Magness)
:If I Can’t Have You (feat. Lucinda Williams)
:I’m Still Lovin’ You (feat. Amy Helm)
:My Town has Moved Away (feat. Pam Tillis)


Blackie and The Rodeo Kingsのアルバム詳細はコチラ


ジャム系バンドのエリート:Widespread Panic
直球のサザンロックバンド:Blackberry Smoke
そして、今年リリースされた数あるアルバムの中で
私の中では3本の指に入る程の名盤をリリースしてくれた:Blackie and The Rodeo Kings

今週は、昨今のアメリカ南部の名盤を御堪能頂きましたが
如何だったでせうか?

ハートで感じる事の出来る音楽がここにあります。
確実なテクニックに裏付けされた素晴らしいアレンジとグルーヴがここにあります。
涙腺が緩んでしまう素敵なメロディがここにあります。

全然「今どき」ではないけど、これこそ『現代のアメリカ南部』なのだ004.gif


By バグース長谷川

楽しさ(Fun)を創造(Create)するバグース長谷川主宰:Fun Createのホームページ
[PR]
by bagus-rock | 2011-12-16 22:03 | 今週の委員会活動
という事で、今週の答えです034.gif

今週の特集にて現代のThe Bandと言える
カナダの3人組:Blackie and The Rodeo Kingsのアルバムを選んだという事で
イントロクイズはコチラを選んだ次第。


The Band / The Weight

f0103057_21362961.jpg


収録アルバム:Music From Big Pink (1968)


どうですかな?
簡単だったと思うのですが…。

という事で、答えを当てた方の中から抽選で1名様に

ロック向上委員会Z特製ステッカー

をプレゼント035.gif

今年も残りわずか。
ロック向上委員会Zの放送も、2011年は残すところ後2回。
まぁ、力まず、面白く、残り2回もお届け致しますのでお楽しみに051.gif


By バグース長谷川

楽しさ(Fun)を創造(Create)するバグース長谷川主宰:Fun Createのホームページ
[PR]
by bagus-rock | 2011-12-16 21:59 | イントロクイズ
ビスケットタイムプレゼンツ:
   バグースなロック講座5th Mission


12月11日:2011年ラストのロック講座も大いに盛り上がりました068.gif

参加してくれた皆さま、本当にありがとうございました040.gif

ロック向上委員会ファミリーである
インドネシア人のプリヨも参加(お客さんとして)の5th Missionでしたが
このようなテーマでお届けしましたぞよ

『昨今のアメリカ南部に親しもう!』
~強靭な魂は今も尚生きている~

南部はしぶといですよ。
負けません。
例え負けても「負けた」とは言いません。
芳醇ですよ。
よく言われる“コクのある味”とはこういう事なんですよ。
人によってですが、汚らしいですよ、ルックスが。
それとも“むさ苦しい”の方がイイですかね。
ジーンズなんて(多分)3ヵ月ほど洗ってないでしょう(イメージです)。

まぁとにかく!
これからも難しく考えないで、アメリカ南部を楽しんで頂きたく思っております004.gif

という事で、メニューを御紹介致します。
コチラ

南部再燃の立役者とその仲間たち
Gov’t Mule / Thorazine Shuffle (Dose : 1999)

f0103057_2127595.jpg



Widespread Panic / Saint EX (Dirty Side Down : 2010)

f0103057_21273924.jpg



ルーツを丸見えにしつつもロックを完全に自分のモノにした偉人達
John Fogerty / Déjà vu (All Over Again) (Déjà vu All Over Again : 2004)

f0103057_21282969.jpg



Dan Baird & Homemade Sin / Damn Thing To Be Done
                      (Dan Baird & Homemadesin: 2008)


f0103057_21292176.jpg



新しい南部ロックの幕開けを世界に知らしめたバンドとその仲間達
Black Crowes / I Ain’t Hiding (Before The Frost…: 2009)

f0103057_2131983.jpg



Ryan Bingham & The Dead Horses / The Weary Kind (Junky Star : 2010)

f0103057_21321525.jpg



Blackberry Smoke / Sanctified Woman (Little Piece Of Dixie : 2009)

f0103057_2132573.jpg



南部ハード系をガンコに維持する裸の王様
Jim Dandy’s Black Oak Arkansas /
     The Wild Bunch (The Wild Bunch : 1999)


f0103057_21341049.jpg



古き良きソウルマナーな若きアメリカ南部
Black Joe Lewis & The Honeybears /
      Livin’ In The Jungle (Scandalous : 2011)


f0103057_21345821.jpg



アメリカ南部のシンガーソングライターを代表する偉人達と若き戦士
Ray Wylie Hubbard /
      A. Enlightenment B. Enderkenment (Hint: There Is No C)
                (A. Enlightenment B. Enderkenment : 2010)


f0103057_2136689.jpg



Hayes Carll /
     Grand Parade (KMAG YOYO (& Other American Stories) : 2011)


f0103057_21364580.jpg



Tony Joe White / Ain’t Doing Nobody No Good (The Shine :2010)

f0103057_2137245.jpg



J.J. Cale / Where The Sun Don’t Shine (Roll On : 2009)

f0103057_21375645.jpg



The Bandの遺産
Levon Helm / Growin’ Trade (Electric Dirt : 2009)

f0103057_21383697.jpg



Blackie and The Rodeo Kings / I’m Still Lovin’ You (with Amy Helm)
                         (Kings And Queen : 2011)


f0103057_21392180.jpg



アメリカ南部の底力を見せつけてくれる名人
Buddy Miller / Don’t Wait (Universal United House Of Prayer : 2004)

f0103057_2140756.jpg



2011年リリース:これからの成長をさらに期待して…アメリカ南部の最高峰
The Band Of Heathens /
     Gravity (Top Hat Crown & The Clapmaster’s Son : 2011)


f0103057_21405635.jpg



今回も本当にジックリと聴き入ってくれました。
皆さまの心に沁み入った講座だったと自負しております。
講座終了後、今回の講座にて御紹介したアーティスト/アルバムの予約を
たくさんの方がしてくれました。
今までで1番だったと思われます。

南部ロック、サイコー!!!
ですな037.gif

まだバグースなロック講座に参加した事の無い方!
来年は是非、参加してみてください040.gif
面白いですよ035.gif

ロック好き・ロックに興味がある…
そんな方達の憩いのひとときとして、来年も頑張っていきますよ~066.gif

ちなみに今回のロック講座の様子はこんな感じでした(ちょっとだけよん)

バグースなロック講座5th MissionをYou Tubeでチラリと
プリヨ君のご挨拶もYou Tubeでチラリと


あらためまして、お越しくださった皆さま…
本当にありがとうございました♪

2012年最初のバグースなロック講座(6th Mission)は
第3週目の日曜日:1月15日を予定しております。

2012年の幕開けですし、いつもよりリラックスした内容でお届けしようかと思っています。

来年も宜しくお願いします~~~040.gif


By バグース長谷川

楽しさ(Fun)を創造(Create)するバグース長谷川主宰:Fun Createのホームページ
[PR]
by bagus-rock | 2011-12-13 22:05 | ロック講座
明後日ですぜ~~~!
ビスケットタイムにPM8:00の10分前に集合ですぜ~~~!!
という事で、告知をドン

~ビスケットタイムプレゼンツ~
バグースなロック講座:5th Mission

12月11日(日曜日)でございます。

5回目となる今回の、テーマはコチラ


『昨今のアメリカ南部に親しもう!』

~強靭な魂は今も尚生きている~

近年のアメリカ南部は素晴らしいですぜ~。
もちろん60年代から素晴らしいのですが、70年代あたりで止まっている人も多いはず。

今回は昨今の
『アメリカ南部』
の素晴らしさを満遍なくお伝えしていこうと思っております066.gif

有名どこから大御所、新人さんまで幅広く
最近の南部ロックの音を御紹介致しますぞ034.gif

例えば!!

●John Fogerty
●Ray Wylie Hubbard
●Buddy Miller
●The Band Of Heathens


f0103057_043126.jpg

f0103057_02245.jpg


などなど034.gif

他にも大御所・若きバンド共に、たくさんのアメリカ南部を
大音量で聴いていきますぜ~~~070.gif

是非、ご参加ください040.gif


詳細はコチラ

12月11日(日曜日) PM8:00~10:00の約2時間

受講料 ¥2000+1 ORDER

席数が限られますので、御予約先着順となります。
ご参加希望の方はメールまたはお電話で御予約お願いします。

メール:biscuit-time@hamaraji.com
電話:053-522-9182(PM 2:00~夜中まで・火曜定休)

当日 ビスケットタイムの駐車場が限られますので
なるべく、バスなど公共交通機関の御利用をお願い致します。

講座後、飲んでいかれる方はタクシーをご利用くださいませ。

お手数をおかけしますがよろしくお願いいたします。

講座は20名様限定です。


2011年のラストは、アメリカ南部の芳醇なコクのあるロックで締め括りましょう!!

御予約お待ちしております。

まだ間に合います040.gif

浜松のカフェ:ビスケットタイムのブログはコチラ


By バグース長谷川

楽しさ(Fun)を創造(Create)するバグース長谷川主宰:Fun Createのホームページ
[PR]
by bagus-rock | 2011-12-10 00:03 | ロック講座