ロック博士:バグース長谷川と永遠のパートナー:チャンティック亜沙美が繰り広げるロックな世界!FM Haro!76.1Mhzで毎週金曜20:00~22:00放送。毎月第2日曜は「バグースなロック講座」も開講中♪


by バグース長谷川
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

<   2012年 12月 ( 12 )   > この月の画像一覧

12月14日のThe Indonesia!

久しぶり、うら若き乙女:デシ・クリスティアニのゲストでお届けした
The Indonesia!!

f0103057_12114116.jpg


やっぱ面白いですな、デシは037.gif

という事で先ずは、お届けしたLagu(曲)をご紹介します。
こちらはそのデシよりも若い素晴らしいシンガー!!

Gita Gutawa
Gita Gutawa / Harmoni Cinta
Gita Gutawa / Mau Tapi Malu (ft Maia)


f0103057_124237.jpg

f0103057_126928.jpg



さて、ここで久しぶりにbelajar bahasa Indonesia034.gif

※読み/意味~ブラジャール・バハサ・インドネシア/インドネシア語の勉強

私バグースとデシの間で何度か交わされた言葉に
こういう言葉がありましたね。

sudah lama tidak bertemu ya.

これ、簡単に言うと…

久しぶり~。

なのですな。

Sudah lama=もう長い
tidak bertemu=会わない


『長く会ってない』という事で『久しぶり』となります。

さて、今週は誰がゲストに来てくれるでせうか?
お楽しみに!!!


By バグース長谷川

P.S
バグース長谷川の別の顔004.gif
エクステリア:ガーデンのデザイン/プランニングのFun Create!
コチラがホームページでございます☆
御覧くださいませ
エクステリア(外構):お庭のデザイン・プランニング・施工のFun Createのホームページ
[PR]
by bagus-rock | 2012-12-19 12:49 | The Indonesia
いきなりですが、インドネシア・コーナーは毎週続いております。
ただ単にブログをアップしていないだけでおます037.gif

いつからアップしてないのか調べてみましたが…057.gif
11月最初の週からでおます。

トホホ007.gif

という事で、11月2日のThe Indonesiaをば。

こんなLagu(曲)をお届けしました

GIGI
・Setia Bersama Menyayangi dan Mencintai
・Ya Ya Ya
・Restu Cinta


f0103057_21101869.jpg

f0103057_2110524.jpg


※お掛けしたナンバーが写真のアルバムに入っているとは限りません・念のため。


お次は11月9日ですたい。
Lagu Indonesiaはコチラ

Reza~Pas Band
・Reza feat Masaki Ueda / Biar Menjadi Kenangan
・Pas Band feat Reza / Getir
・Pas Band feat Bunga / Kumerindu


f0103057_21182753.jpg

f0103057_21183486.jpg

f0103057_21195571.jpg



さらに11月16日を。
Laguはコチラだ

Pas Band
・Pas Band / Skandal
・Pas Band feat Tere / Kesepian Kita


f0103057_21282740.jpg

f0103057_21281514.jpg



続いて11月23日にいきましょう!!
Laguはコチラだす

Potret
・Salah
・Bunda


実は11月30日もPotretじゃっ!!!

・I Just Wanna Say I L U
・Tak Mudah


f0103057_2139729.jpg

f0103057_2140486.jpg



そして先週12月7日!!
Laguはコチラざんす

Melly Goeslaw~Rossa

・Melly. G & Ari Lasso / Jika
・Rossa / Tegar


f0103057_21463265.jpg

f0103057_21463370.jpg

f0103057_21484085.jpg



いやはや、取り急ぎアップしましたが
何を誰と喋ったかまでは覚えておりませぬ007.gif

Desyの日もあり、Priyoの日もあり
そして初登場のIbeyの日もあり…そんな感じです037.gif

とにかく、楽しいなぁ~このコーナー051.gif

リスナーの皆さまも、何か彼らに御質問などありましたら
番組までメッセージをお送りくださいませ。
喜びますよ029.gif


By バグース長谷川

P.S
バグース長谷川の別の顔004.gif
エクステリア:ガーデンのデザイン/プランニングのFun Create!
コチラがホームページでございます☆
御覧くださいませ
エクステリア(外構):お庭のデザイン・プランニング・施工のFun Createのホームページ
[PR]
by bagus-rock | 2012-12-15 01:35 | The Indonesia
『追悼:ラズルを偲ぶ+リクエスト特集
          ~今日はハノイを聴こう♪』


本日お届けしたナンバーは…

Bangkok Shocks Saigon Shakes Hanoi Rocks (1981)

f0103057_20372841.jpg


:Tragedy
:Cheyenne



Oriental Beat (1982)

f0103057_20391842.jpg


:Devil Woman


Self Destruction Blues (1983)

f0103057_20411956.jpg


:Café Avenue


Back to Mystery City (1983)

f0103057_20432398.jpg


:Strange Boys Play Weird Openings
:Malibu Beach Nightmare
:Ice Cream Summer



All Those Wasted Years... (1984)

f0103057_2047350.jpg


:Oriental Beat


Two Steps From The Move (1984)

f0103057_20484532.jpg


:High School
:Underwater World
:Million Miles Away
:Cutting Corners



Street Poetry (2007)

f0103057_20511628.jpg


:Fashion


如何だったでしょうか?
いつ聴いても思いますが、本当に楽曲の質が高いです。
ロックン・ロールで心踊らされ、メロディアスなナンバーで心が締め付けられ
何歳になっても一緒に歌ってしまいます。

ハノイの前にハノイ無し、ハノイの後にもハノイ無し…でしょう。

ラズルよ永遠に…


By バグース長谷川

P.S
バグース長谷川の別の顔004.gif
エクステリア:ガーデンのデザイン/プランニングのFun Create!
コチラがホームページでございます☆
御覧くださいませ
エクステリア(外構):お庭のデザイン・プランニング・施工のFun Createのホームページ
[PR]
by bagus-rock | 2012-12-15 01:30 | 今週の委員会活動
さて、本日のイントロクイズAtoZ、答えは分かったでしょうか?
バンド自体は簡単だと思いますが
超有名から超を取った曲を選んでみました034.gif

今週は、先週正解者が居なかったという事で「N」!!

コチラ

Night Ranger / Sentimental Street

f0103057_20272880.jpg


収録アルバム:7 Wishes (1988)


ふむふむ。
簡単と言えば簡単だし、この曲がリアルタイムでない方には
全く分からない楽曲だったとも言える本日のイントロクイズ。

如何だったでせうか?

正解者(または面白珍解答)の中から抽選で1名様に

ロック向上委員会Z番組特製ステッカー

をお送り致しますぞ!!

お好きな場所に貼って日々拝んでください029.gif

それでは来週も、お楽しみにー♪


By バグース長谷川

P.S
バグース長谷川の別の顔004.gif
エクステリア:ガーデンのデザイン/プランニングのFun Create!
コチラがホームページでございます☆
御覧くださいませ
エクステリア(外構):お庭のデザイン・プランニング・施工のFun Createのホームページ
[PR]
by bagus-rock | 2012-12-14 22:00 | イントロクイズ
やっと先が見えてきました029.gif

先々週:11月30日と先週:12月7日の特集内容でごわす。

先ずは11月30日から。
コチラ

『盆と正月同時に来たよNov!最高な贅沢!!
 AC/DCとZEPライブを同時に聴こう特集♪』


AC / DC / Live At River Plate (2012.11.20海外 / 11.21国内)

f0103057_17273678.jpg


:Rock N Roll Train
:You Shock Me All Night Long
:T.N.T.
:For Those About To Rock (We Salute You)
:Highway To Hell



Led Zeppelin / Celebration Day (2012.11.21 / 海外・国内共)

f0103057_17295165.jpg


:Good Times Bad Times
:Nobody’s Fault But Mine
:Whole Lotta Love
:For Your Life
:Rock And Roll



さて、お次は先週:12月7日分でござる!
コチラでした

『現ハード・ロック界を背負って立つ♪
 Rival Sons & Graveyard
 新譜聴き比べ特集!!』


Rival Sons / Head Down (2012.8.28海外/12.12国内)

f0103057_17394274.jpg


:Until The Sun Comes
:Keep On Swinging
:Wild Animal
:Jordan



Graveyard / Lights Out (2012.10.29海外/12.5国内)

f0103057_17395662.jpg


:An Industry Of Murder
:Goliath
:Slow Motion Countdown



Rival Sons / Pressure & Time (2011)

f0103057_17433894.jpg


:White Noise
:Pressure And Time



Graveyard / Hisngen Blues (2011)

f0103057_17453193.jpg


:Hisingen Blues
:Uncomfortably Numb



ふぅ…042.gif
こうやってみると、ここんとこ続けて新譜特集が続きましたね。

さてさて、本日はどんな特集なのでしょうか。

久々に、予告しちゃえ!!

『追悼:ラズルを偲ぶ+リクエスト特集
 ~今日はハノイを聴こう♪』


そうです。
ハノイ・ロックスの特集なのです004.gif

先週8日はジョン・レノンの命日であり、ダイムバック・ダレルの命日であり
アントニオ・カルロス・ジョビンの命日、三波伸介さんの命日でもありまして
さらにもうひとり、大切なミュージシャンの命日でもあります。
その人はラズル

ハノイ・ロックス2代目のドラマーであり
ハノイのサウンドをカチッとさせる事の出来たお人。

ジョン追悼はよくありますが、ラズル追悼の番組はなかなか無いので
ロック向上委員会Zがやりますよ。

f0103057_17561694.jpg


という事で、この後20:00からでございます。
聴いてくだされ~004.gif


By バグース長谷川

P.S
バグース長谷川の別の顔004.gif
エクステリア:ガーデンのデザイン/プランニングのFun Create!
コチラがホームページでございます☆
御覧くださいませ
エクステリア(外構):お庭のデザイン・プランニング・施工のFun Createのホームページ
[PR]
by bagus-rock | 2012-12-14 17:56 | 今週の委員会活動
それでは11月16日の特集から034.gif
コチラ

『新譜&全作品国内盤リリース記念!
Black Country Communion
たっぷり聴いちゃえ特集♪』


Afterglow (10.30海外 / 12.19全作品国内リリース)

f0103057_16553852.jpg


:Big Train
:This Is Your Time
:Midnight Sun
:Afterglow
:Crawl



Black Country Communion (2010)

f0103057_16562256.jpg


:Black Country
:One Last Soul
:The Great Divide



2 (2011)

f0103057_16571728.jpg


:Man In The Middle
:The Outsider
:Crossfire



そして23日の特集はコチラ

『復活The Wallflowers!
 新作・名作あらためて聴いていこうの会♪』


Glad All Over (2012.10.9海外:10.24国内)

f0103057_1751998.jpg


:Hospital For Sinners
:Love Is A Country
:Reboot The Mission (feat. Mick Jones)
:Misfits And Lovers (feat. Mick Jones)
:First One In The Car



Bringing Down The Horse (1996)

f0103057_17626100.jpg


:Bleeders
:One Headlight
:The Difference
:6th Avenue Heartache



(Breach) (2000)

f0103057_1772957.jpg


:Letters From The Wasteland
:Hand Me Down
:Some Flowers Bloom Dead



まだまだ記事は続くのであった…034.gif


By バグース長谷川

P.S
バグース長谷川の別の顔004.gif
エクステリア:ガーデンのデザイン/プランニングのFun Create!
コチラがホームページでございます☆
御覧くださいませ
エクステリア(外構):お庭のデザイン・プランニング・施工のFun Createのホームページ
[PR]
by bagus-rock | 2012-12-14 17:17 | 今週の委員会活動
それでは11月16日の特集から034.gif
コチラ

『新譜&全作品国内盤リリース記念!
Black Country Communion
たっぷり聴いちゃえ特集♪』


Afterglow (10.30海外 / 12.19全作品国内リリース)

f0103057_16553852.jpg


:Big Train
:This Is Your Time
:Midnight Sun
:Afterglow
:Crawl



Black Country Communion (2010)

f0103057_16562256.jpg


:Black Country
:One Last Soul
:The Great Divide



2 (2011)

f0103057_16571728.jpg


:Man In The Middle
:The Outsider
:Crossfire



そして23日の特集はコチラ

『復活The Wallflowers!
 新作・名作あらためて聴いていこうの会♪』


Glad All Over (2012.10.9海外:10.24国内)

f0103057_1751998.jpg


:Hospital For Sinners
:Love Is A Country
:Reboot The Mission (feat. Mick Jones)
:Misfits And Lovers (feat. Mick Jones)
:First One In The Car



Bringing Down The Horse (1996)

f0103057_17626100.jpg


:Bleeders
:One Headlight
:The Difference
:6th Avenue Heartache



(Breach) (2000)

f0103057_1772957.jpg


:Letters From The Wasteland
:Hand Me Down
:Some Flowers Bloom Dead



まだまだ記事は続くのであった…034.gif


By バグース長谷川

P.S
バグース長谷川の別の顔004.gif
エクステリア:ガーデンのデザイン/プランニングのFun Create!
コチラがホームページでございます☆
御覧くださいませ
エクステリア(外構):お庭のデザイン・プランニング・施工のFun Createのホームページ
[PR]
by bagus-rock | 2012-12-14 17:13 | 今週の委員会活動
タイトルにある「えぇっと…」は
ホントに分からなくなってしまったから008.gif
過去記事に戻って戻って探した次第であります。

さぁ、それでは11月30日のイントロクイズAtoZの答えから順番にアップしていきます。

いまさらだけどね048.gif

この週は「M」から出題!

Mott The Hoople
   / All The Young Dudes


f0103057_163412.jpg


収録アルバム:All the Young Dudes (1972)


続いて12月に入り7日放送の答え!
Mで正解者が出ましたのでお次は「N」!!

Nazareth / Love Hurts

f0103057_1642156.jpg


収録アルバム:Hair of the Dog (アメリカ盤/1975)


先週12月7日の正解者は無し057.gif
という事で、本日の放送では再度「N」から出題します。

そして、それまでの正解者(または面白珍解答)の中から抽選で1名様には

ロック向上委員会Z番組特製ステッカー

を送っております!!

お好きな場所に貼って楽しんでくださいませ029.gif

それでは本日も、お楽しみにー051.gif


By バグース長谷川

P.S
バグース長谷川の別の顔004.gif
エクステリア:ガーデンのデザイン/プランニングのFun Create!
コチラがホームページでございます☆
御覧くださいませ
エクステリア(外構):お庭のデザイン・プランニング・施工のFun Createのホームページ
[PR]
by bagus-rock | 2012-12-14 16:47 | イントロクイズ
さぁ、溜まりに溜まった記事をアップしていきますぞよ004.gif

しかし、な・なんと11月最初の週からとは…008.gif
頑張ります!!

という事で、11月2日&9日の2週は
連続したテーマでお届けしました。

コチラ

『幻想的一大絵巻☆
マリリオンNewアルバムリリース記念
~美しすぎるぞ特集!』

              &
『幻想的一大絵巻☆
 続・マリリオンNewアルバムリリース記念
 ~美しすぎるぞ特集!』


Marillion / Sounds That Can’t Be Made (2012.10.2海外/11.28国内)

f0103057_1553363.jpg


:Gaza
:Lucky Man
:Sounds That Can’t Be Made
:Power
:The Sky Above The Rain
:Pour My Love



Marillion / Fugazi (1984)

f0103057_1556263.jpg


:Assassing


Marillion / Misplaced Childhood (1985)

f0103057_15574042.jpg


:Pseudo Silk Kimono
:Kayleigh
:Lavender



Marillion / Clutching at Straws (1987)

f0103057_160209.jpg


:Sugar Mice


Marillion / Seasons End (1989)

f0103057_1614861.jpg


:Seasons End


Marillion / Holidays in Eden (1991) (Spec)

f0103057_1632541.jpg


:Cover My Eyes (Pain and Heaven)


Marillion / Brave (1994)

f0103057_1655277.jpg


:Made Again


Marillion / Anoraknophobia (2001)

f0103057_1671161.jpg


:When I Meet God


なかなかラジオで聴く事のない、英国が誇る叙情派:マリリオンの特集。
それもそのはず、長尺の曲が多い。
ここ日本での認知度もイマイチ。
好きな人しか知らないバンドである。

しかし、70年代中盤から衰退していったプログレ・ムーヴメントを
また別のポンプ・ロックという形で80年代に蘇らせたマリリオンの功績を
新譜と共にあらためて聴いていく行為は必要ではないだろうか。

マリリオンの新譜が持つスケール感に驚き
叙情的なメロディとアレンジに悶絶しながら
旧き名盤達(常に作品をリリースしているので古くはない)を
あらためてじっくり聴いてほしい。

2週連続で特集しても、全貌とはほど遠いので
アルバムを手に取って聴いてくださいまし。

素晴らしきかな英国ロック


By バグース長谷川

P.S
バグース長谷川の別の顔004.gif
エクステリア:ガーデンのデザイン/プランニングのFun Create!
コチラがホームページでございます☆
御覧くださいませ
エクステリア(外構):お庭のデザイン・プランニング・施工のFun Createのホームページ
[PR]
by bagus-rock | 2012-12-14 16:23 | 今週の委員会活動
最近のこのブログ、ロック講座以外の記事をアップ出来てないという…。
申し訳ありません040.gif
必ず「そのうち」番組内容もアップ致しますよってにお許しくだたい。

さて、先週日曜日(12月9日)に行われたロック講座の詳細をばアップ致します。

来てくださった皆々様、本当にありがとうございました。
最近は、皆さまから癒されながらの講座だと、ヒシヒシと感じております。

f0103057_1461538.jpg


講座終了後の雑談会も本当に楽しいですよ!
まだ来た事のない方も来てみてください。
和気あいあいなロック講座も良いものです♪

さて、今年ラストとなった講座の内容はコチラ

ビスケットタイム・プレゼンツ
☆バグースなロック講座16th Mission☆

『フォーク:プログレその前に…クリスマスに聴く!
   英国が誇るロックン・フォークな世界♪』

~ロニー・レーン+他~

私、ロニーが大好きでございます。
個人的に、なぜか12月に聴きたくなるアーティストでもあります。
しかも前回までの英国ブルー・アイド・ソウル~英国スワンプ~
スワンプ・コネクション~米国スワンプ/ルーツ・ロック~へと繋がる音楽でもあり
さらに、次回以降行うであろう英国のフォーク(トラッド)へとも繋がるお人でありますです。

よって、ロニー・レーン+他に決まった次第034.gif

それでは、お届けした名盤:名曲の数々を!!

Faces / Debris (A Nod Is As Good As A Wink….To A Blind Horse : 1972)

f0103057_2030433.jpg


一般的にFacesの最高傑作と呼ばれている名盤。
バンドにとって3作目である。
説明不要、Facesらしさ満載の
ルーツ志向でルーズなロックン・ロール・アルバムだが
その中で一際耳を奪われるのが、このロニーの名曲である。
バンドを代表する大ヒット・ナンバー「Stay With Me」や
ロッド&ロン作の酔いどれロックに隠れがちではあるが
もっと評価されても良いのでは…と思える素晴らしいナンバーだ。
ロニーにしか出せない味のあるメロディが存在する名曲と言えるだろう。


Ronnie Lane And The Band “Slim Chance” / The Poacher
/ Anymore For Anymore (Anymore For Anymore / 1974 / 1st)


f0103057_20132155.jpg


Slim Chance名義の記念すべき1作目。
農場を営みながら作られた、とても牧歌的な名盤である。
ブルース、フォーク、カントリーといった、ロニーが本来好きな志向が前面に出ている。
ソング・ライターとしても、Facesを脱退したばかりの全盛期であり
彼特有の素晴らしいメロディを堪能する事が出来る。
The Poacherはロニー本人も「自分の曲の中で最高傑作」と言っていた名曲。
メンバーはブルース・ローランド, ベニー・ギャラガー, グラハム・ライル
ケヴィン・ウェストレイク, スティーヴ・ビンガム等。


McGuinness Flint / When I’m Dead And Gone (McGuinness Flint : 1970)

f0103057_20154573.jpg


元マンフレッド・マンのトム・マッギネスと
元ブルースブレイカーズのヒューイ・フリントが中心になって結成されたバンドの1st作。
他メンバーも強力で、アップル専属のソングライター・デュオであり
後にギャラガー&ライルで成功する事となる
ベニー・ギャラガーとグラハム・ライルが在籍(Slim Chanceでも活躍)している。
ポップさ・土臭さの両方を併せ持つだけでなく
上質で上品な音に彩られた作品に仕上がっている。
プロデュースはグリン・ジョーンズ。


McGuinness Flint / Sparrow (Happy Birthday, Ruthy Baby : 1971)

f0103057_20174452.jpg


マッギネス・フリントの2作目。
こちらもプロデュースはグリン・ジョーンズで
アコースティック・ギターの美しい響かせ方は天下一品と言えるだろう。
前作はギャラガー&ライルの曲と
マッギネス&フリント作の曲がバランス良く配置されていたが
このアルバムは1曲を除き全てギャラガー&ライル作となっている。
アルバム・ラストとなるSparrowは
メリー・ホプキンのシングル:グッドバイのB面に収録されているナンバー。
英国の気品溢れる隠れた名曲である。


Roger Morris / The Trail Of Tears (First Album : 1972)

f0103057_20194061.jpg


この時期のアーティストに多く見られる
「The Band:Music From Big Pinkによって方向性を見出した」
ロジャー・モリスの知る人ぞ知る名盤であり唯一作。
ゲストにブルース・ローランド、グレン・ロス・キャンベル
ジョン・ウェイダー、トミー・アイヤー等が参加。
元々、作曲家として活動したかったモリスは、この作品の後アメリカに渡り
ベアズヴィルで作曲家:裏方として活動を始める事となる。
しかし、2001年には約30年振りとなる2ndアルバムを
2004年には3rdアルバムをリリースしている。


The Kinks / Have A Cuppa Tea (Muswell Hillbillies : 1971)

f0103057_20235178.jpg


キンクスの11作目であり、ファンには人気の高い作品。
作風的に、どっぷりカントリー/フォークに浸かった作品ではあるが
他アーティストの「英国人の目を通して見たアメリカ」とは
一味も二味も違う作品に仕上がっている。
ロックがハイテクなモノになりつつあった時代の
レイ・デイヴィスの反骨精神が貫かれた作品とも言え
飛行機恐怖症ながら、ひとりで飛行機に乗り込み
恐怖とプレッシャーに自分を追い込んで作られた楽曲で制作されたアルバムである。


Andy Desmond / Beware! (Living On A Shoestring : 1975)

f0103057_20253613.jpg


リチャード・ギャレットとのフォーク・デュオ:ゴシック・ホライズンを経て
キンクスのコンク・レーベルからリリースされたソロ第一弾。
プロデュースはデイヴ・デイヴィスとジョン・ゴスリング。
ゴシック・ホライズン時代から、ポップ・センスの光るアーティストだったが
このソロ作でアンディ特有のポップさが爆発したと言えるだろう。
やはりこの作品も、アーシーなルーツ音楽への回帰を基調としているが
ポップなメロディを作らせたらバッド・フィンガーらにも負けない
素晴らしいメロディ・メイカー:アンディの力が十二分に発揮されている。
ポップス・ファンも必聴な名作である。


Ron Wood & Ronnie Lane Just For A Moment (Mahoney’s Last Stand : 1976)

f0103057_20305327.jpg

f0103057_2032687.jpg


盟友:ロン・ウッドと製作した同名映画のサントラ盤。
実際の制作時期は1972年だが、映画サイドが裁判に巻き込まれ
1976年、やっと陽の目を見る事となる。
サントラの為、インスト主体のアルバムではあるが
カントリー:ブルースをルーツに
ゆったりとした田舎の風景を感じる事が出来る佳作に仕上がっている。
ゲストにピート・タウンゼント、ミッキー・ウォーラー、イアン・スチュワート
イアン・マクレガン、リック・グレッチ、ボビー・キーズ、ジム・プライス
ベニー・ギャラガー、ブルース・ロウランドらが参加。


Pete Townshend・Ronnie Lane / Annie
/ Heart To Hang Onto (Rough Mix : 1977)


f0103057_2039192.jpg


この作品は、ロニーがSmall Faces再結成に同意しながらも
それを途中で放棄したため契約上の問題となり
その契約義務を別の形で完うするべく、ピートが手を差し伸べ作られたアルバムである。
共作はタイトル・トラック1曲のみとなり
他は各々の曲を持ち寄ってレコーディングされている。
タイトル通り寄せ集め的アルバムにはなっているが
各曲の完成度はかなり高い。
プロデュースはグリン・ジョーンズ。
ゲストはチャーリー・ワッツ、ラビット、クラプトン、グラハム・ライル
ベニー・ギャラガー、イアン・スチュワート、メル・コリンズ
ジョン・エントウィッスル、ボズ・バレルと豪華。
ロニーとピートの顔の広さが伺える1枚である。


Lane-Marriott / That’s The Way It Goes (Majik Mijits: 2000)

f0103057_20381124.jpg

f0103057_20382183.jpg


1981年、久しぶりに再会したロニーとマリオット(1991年死去)。
すでに病気で苦しんでいたロニーを見て
スティーヴから発案し制作された作品である。
各々の曲を持ち寄った楽曲で埋められているが、バランスはとても良い。
この作品での契約が決まりそうな時
その条件としてツアーに出る事が挙げられていたが
病気が進むロニーには酷な条件であり断念。
そのままリリースされず、ファンの間では幻とされていた作品である。


Help Yourself / Strange Affair (Strange Affair : 1972)

f0103057_20422644.jpg


パブ・ロックと言えば?
ブリンズレー・シュウォーツと共に
名前が挙がる事の多いHelp Yourselfの2nd作。
他全ての作品にも言える事だが
リーダー:マルコム・モーリーの書くメロディがとても素晴らしく
名ソング・ライターとしてのモーリーが堪能出来る作品となっている。
以前紹介したアーニー・グレアムが参加した唯一作という意味でも、貴重な1枚と言えるだろう。
バッファロー・スプリング・フィールド、CSN&Y、ニール・ヤングへの
深いリスペクトも感ずる作品であり、ファンから人気の高いアルバムである。


Tir Na Nog / Come And See The Show (A Tear And A Smile : 1972)

f0103057_20451928.jpg


アイルランド出身のLeo O’kellyとSonny Condellのフォーク・デュオ。
ティア・ナ・ノグの2nd。
アコースティック・ギターに必要最小限のパーカッションとストリングスを加えただけの
とても静寂した心洗われる作品である。
プロデュースはトニー・コックス。
1作目がフォーク愛好家から愛されており有名だが
その流れとフォーク・ロックを混ぜ合わせたような2ndは
ロック・ファンにとって聴きやすい作品と言えるだろう。
パーカッションの使い方、洗練されたフォーク感覚、アシッドな感覚が他とは一線を画している。


Stealers Wheel / Star (Ferguslie Park : 1974)

f0103057_2047773.jpg


SSWとして名を馳せる事となるジェリー・ラファティー(霧のベイカー・ストリートで有名)と
ジョー・イーガンによるユニットの2ndアルバム。
1stはバンドとして活動していたが
メインとなるジェリーの脱退・復帰といったトラブルを経て
デュオへと方向性が変わる事となる。
プロデュースはジェリー・リーバー&マイク・ストーラー。
ポール・マッカートニーを彷彿とさせる楽曲に
英国フォークを織り交ぜた作風が素晴らしい、正に名盤と言えるだろう。


Ronnie Lane / Kuschty Rye / Barcelona (See Me : 1980)


f0103057_20495537.jpg


ロニーの生前にリリースされた最後のオリジナル作。
ロニーは病気発覚後、Slim Chanceを解散させ農場経営に専念するのだが
78年~79年の大寒波により多くの家畜を失い、農場を閉鎖する事になってしまう。
この生前ラストのオリジナル作は、そんな中再起を目指し
多くの仲間達のヘルプを受け完成した作品である。
エリック・クラプトン、イアン・スチュワート、ヘンリー・マックロウらが参加。
ロニー、お気に入りの1枚でもある。
クシュティー・ライはピート・タウンゼント・プロデュース。
バルセロナはクラプトンとのスペイン公演の思い出を歌っている。


Ronnie Lane / Ooh La La (Live In Austin : 2000)

f0103057_20511992.jpg


80年代に入り、アメリカで生活するようになったロニーのラジオ用スタジオライブ集。
病状がかなり進んでいた頃で、当然声は衰えているが
ゆっくりと言葉を噛みしめるように歌っている分、曲に別の感情が生まれているようだ。
バックはオースティンの地元ミュージシャンが主体。
英国らしさは薄らいでいるが、よりルーツに沿った演奏が
ロニーの楽曲の素晴らしさをさらに魅力的なものにしている。
ロニーの飾らない人柄が最もよく出た、生の録音集である。


Wings / Rockestra Theme (Back To The Egg : 1979)

f0103057_20541393.jpg


新生ウィングスとして原点に戻ろうと意欲的に制作されたが
結果的にラスト作となってしまったアルバム。
この作品の中で2曲のみではあるが
総勢23名にものぼる参加メンバーで演奏される曲が注目を集めた。
それがRockestra Theme / So Glad To See You Hereである。
タイトルはロックとオーケストラの融合という意味。
79年のグラミー賞:最優秀インストゥルメンタル賞を受賞している。
参加メンバーは、ロニー・レーン、ピート・タウンゼント、デヴィッド・ギルモア
ジョン・ボーナム、ジョン・ポール・ジョーンズ、ゲイリー・ブルッカー
ケニー・ジョーンズ、レイ・クーパー等。
ザ・フーのキース・ムーンも参加するはずであったが
セッションが行われた10月を待たず他界している(9月7日死去)。


以上004.gif

今回は、いつにも増してゆったり心地良い楽曲が多く
途中、眠気と戦いながらの講座でしたが(笑)037.gif
それもまた良しですな029.gif

さて、次回のバグースなロック講座は来年1月となります!
もう2013年だぁ~035.gif
早いですな、ホントに。

という事で、ここで次回の告知をしておきます!

2013年1月13日(日曜日) PM8:00~10:00の約2時間

受講料 ¥2000+1 ORDER

ご参加希望の方はメールまたはお電話で御予約お願いします。

メール:biscuit-time@hamaraji.com
電話:053-522-9182(PM 2:00~夜中まで・火曜定休)

当日 ビスケットタイムの駐車場が限られますので
なるべく、バスなど公共交通機関の御利用をお願い致します。

講座後、飲んでいかれる方はタクシーをご利用くださいませ。

お手数をおかけしますがよろしくお願いいたします。


2013年の1発目は17th Missionです!!
17回目でごわすよ~。
しかももうテーマは決まっているのだ048.gif

2012年1月の時と同じく、こんなテーマでいかせて頂きます!

『バグース的:2012年アルバムベスト10』
~2013年をより良く過ごす為のおさらい~

これまたお客様からの要望も強く
期待にお応えしてやるざますよ!!

バグースなロック講座を、2013年も宜しくお願い致します040.gif
うぷぷぅ。


By バグース長谷川

P.S
バグース長谷川の別の顔004.gif
エクステリア:ガーデンのデザイン/プランニングのFun Create!
コチラがホームページでございます☆
御覧くださいませ
エクステリア(外構):お庭のデザイン・プランニング・施工のFun Createのホームページ
[PR]
by bagus-rock | 2012-12-14 02:01 | ロック講座