ロック博士:バグース長谷川と永遠のパートナー:チャンティック亜沙美が繰り広げるロックな世界!FM Haro!76.1Mhzで毎週金曜20:00~22:00放送。毎月第2日曜は「バグースなロック講座」も開講中♪


by バグース長谷川
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

<   2014年 11月 ( 4 )   > この月の画像一覧

今回は珍しく早めのアップ!!
そういう事もあるんだ026.gif
あるんです034.gif

先ずは、今回も来て受講してくれた皆々様…
本当にいつもありがとうございます040.gif
皆様のおかげで、35回目となる今回も大盛況にて終了致しました。
講座の2時間半の間、私もいつも楽しませてもらっております。
感謝・感謝です051.gif

f0103057_19452528.jpg


それでは、昨夜行われましたバグースなロック講座35回目の詳細をアップしたいと思います。

コチラになります

ビスケットタイム・プレゼンツ
バグースなロック講座35th Mission

『それからのアメリカPart.4』

~偉大なる米国ロック/ルーツ系ロックの軌跡:Late 60's~Early 70s'厳選編~

f0103057_19444292.jpg

f0103057_19445031.jpg


まっことルーツがハッキリと見えるバンド/アーティストを厳選してご紹介した次第。
他のジャンル(絵画や他アート的なもの等)はどうか知りませんが
ロックに関しては、やはりルーツがしっかりと見える方が
魅力的且つ個性的
というのが私の持論(というより単に感じる事)でありまして
そういう意味でもお勧めで、尚且つ実際に聴いている人は少ないであろう
バンド/楽曲が中心であります(超有名どこも有)。


■ベストで十分なんて考えているアナタへ/アメリカン・ルーツ・ロック:トップクラス

Creedence Clearwater Revival / Bootleg (Bayou Country : 1969)

f0103057_18541440.jpg



Creedence Clearwater Revival / Feelin' Blue
              (Willy And The Poor Boys : 1969)


f0103057_18551628.jpg



■有名バンドが分裂するとイマイチ…とお嘆きのアナタへ/1人でもグッド・タイム・ミュージック

John Sebastian / Red-Eye Express (John B. Sebastian : 1970)

f0103057_18585445.jpg



John Sebastian / Apple Hill (The Four Of Us : 1971)

f0103057_1857476.jpg



■オルタナ等比較的新しい言葉に拒否反応を示すアナタへ
              /オルタナの父と呼ばれるブルー・アイド・ソウルの名作

Alex Chilton / The EMI Song (Smile For Me)
          / Jumpin' Jack Flash (Free Again : 1996)


f0103057_190556.jpg
f0103057_191692.jpg






































■ガールズ・ロック・バンドって弱いの多いよね…とお嘆きのアナタへ
                     /アメリカ初メジャー級ガールズ・ロック・バンド

Fanny / Seven Roads (Fanny : 1970)

f0103057_1923943.jpg



Fanny / Special Care (Charity Ball : 1971)

f0103057_1932195.jpg



女性ブルース・ロックで良いのはジャニスだけ!とお思いのアナタへ
                     /ブルース・ロックの裏女帝&裏番長関連作品

Mama Lion / Ain't Too Proud To Beg (Mama Lion / Preserve Wild Life : 1972)

f0103057_1955068.jpg



Ivar Avenue Reunion / Run, Run Children (Same : 1970)

f0103057_1973164.jpg



Neil Merryweather / The Groove (Kryptonite : 1975)

f0103057_1982564.jpg



■有名バンドが分裂するとイマイチ面白くないとお嘆きのアナタへ2
                          /偉大なるシスコ・バンド拡散成功編

Hot Tuna / Funky #7 (America's Choice : 1975)

f0103057_1912472.jpg



Hot Tuna / Song For The Fire Maiden (Yellow Fever : 1975)

f0103057_19124560.jpg



■南部/スワンプ系が好きだけどもっとハードなの無いの?とお嘆きのアナタへ
                         /ブルージー+ハード:Bクラスだが最重要バンド


Potliquor / Driftin' (First Taste : 1971)

f0103057_19144697.jpg



Potliquor / Levee Blues (Levee Blues : 1972)

f0103057_19161853.jpg



■それなりに聴いてきたけど最近マンネリ気味…とお嘆きのアナタへ
                     /偉大なるアメリカン・オルガニスト:トップ・クラス

Lee Michaels / Stormy Monday (Same : 1969)

f0103057_19171073.jpg



Lee Michaels / War (Lee Michaels Live : 1973)

f0103057_19181445.jpg



以上!
ここ数回の中で、1番反響があったと思われる今回の講座でした。
やはり米国ルーツ・ロック系は強いですな。

今回は初の試みとして、次回の予告を行ってみました。
しかも次回のバグースなロック講座は訳有って年末ですので
普段のスタイルにてテーマを1つと、無礼講的に『バグースの愛したアルバム』の2つを
受講されてるお客様に選んでもらった次第です。
結構分かれるかと思いきや、ほぼ95%の方が
『バグースの愛したアルバム』を選ぶという面白い結果に(笑)。

いやぁ、分からないものですな037.gif

まぁ、私の愛したスパイアルバムと言っても
その時期その時期で思いも違っていたりしますので
それは来月:12月になってからのお楽しみという事で。
とんでもないもの(良くないという意味でなく)を選ぶかもしれませぬよ~004.gif

そんな次回:36回目のバグースなロック講座の日時等詳細はコチラ

日時:2014年12月28日(日曜日) PM7:30~の約2時間半

場所:ビスケットタイム

住所:浜松市中区鴨江2-50-16/根上松バス停前 根上松南側真向かい

料金 ¥2.500+1 ORDER

メール(ホームページからでもOKです)またはお電話で御予約お願いします。

電話:053-522-9182(PM2:00~夜中まで・火曜定休)

メール:info@biscuit-time.com

Web:
ビスケットタイムのホームページ


12月は完全なる無礼講なロック講座(ロックじゃないものもあるかもしれない)!
シーズン的にも冬休み突入初日となります。
もともと“少々アカデミック+かなりコア”を信条にしておりますが
その両方共、当てはまらない可能性もありますので、楽しい夜になりますよー!!

という事で、ご予約はお早めにお願い致します。

f0103057_19454039.jpg



By バグース長谷川

P.S
バグース長谷川の別の顔
エクステリア:ガーデンのデザイン/プランニングのFun Create
コチラがホームページです。

エクステリア(外構):お庭のデザイン・プランニング・施工のFun Createのホームページ
[PR]
by bagus-rock | 2014-11-10 19:39 | ロック講座
さて、それでは続いて、先月行いました『バグースなロック講座34th Mission』を公開!

34回目はこれがテーマでした

ビスケットタイム・プレゼンツ
バグースなロック講座34th Mission

『それからのアメリカPart.3』

~合言葉は?ヘヴィ:サイケ:ブルージー~

f0103057_2191979.jpg


前回の“アメリカ”をテーマにした時は
『バーバンク・サウンドとサイケデリック・ロック/ シスコ・サウンド』
の一部をお届けしましたが、今回はサイケデリックの流れを拡大しつつ
アート・ロック、ガレージ・ロック、ヘヴィ・サイケ
そして混沌とした中から生み出されていくブルース・ロックといった流れをご紹介した次第!

■ニュー・ロック/アート・ロックの先駆者:東西代表チーム

Vanilla Fudge / Ticket To Ride (Same : 1967)

f0103057_2252772.jpg



Vanilla Fudge / Shotgun (Near The Beginning : 1969)

f0103057_2263078.jpg



Iron Butterfly / Most Anything You Want (In-A-Gadda-Da-Vida : 1968)

f0103057_2272193.jpg



Iron Butterfly / Easy Rider (Let The Wind Pay The Way)
                                    (Metamorphosis : 1970)


f0103057_2293014.jpg



■モーター・シティ:下地はブラック・ミュージック

The Bob Seger System / Ramblin' Gamblin' Man
                              (Ramblin' Gamblin' Man : 1968)


f0103057_230469.jpg



The Amboy Dukes / Baby Please Don't Go (Same : 1968)

f0103057_2313461.jpg



The Stooges / Down On The Street (Fun House : 1970)

f0103057_232274.jpg



MC5 / Skunk (Sonicly Speaking) (High Time : 1971)

f0103057_2352747.jpg



Frijid Pink / I Want To Be Your Lover (Same : 1970)

f0103057_2361153.jpg



■恐ろしくカッコいいB, C級のバンド達

Linn County / Cave Song (Proud Flesh Soothseer : 1968)

f0103057_2372730.jpg



Linn County / Fever Shot (Fever Shot : 1969)

f0103057_2385596.jpg



Tongue And Groove / Devil (Same : 1969)

f0103057_2394878.jpg



Lynne Hughes / Bad Dream
(Tongue And Groove Presents Lynne Hughes Freeway Gypsy : 1969)


f0103057_2402012.jpg



Felt / Now She's Gone (Same : 1971)

f0103057_2423120.jpg



■サイケな時代が生んだポップな宝物

Nazz / Open My Eyes (Same : 1968)

f0103057_2444953.jpg



■ひと捻り・ふた捻り…アメリカ産ブルース・ロックは面白い

The Steve Miller Band / Dime-A-Dance Romance (Sailor : 1968)

f0103057_247152.jpg



The Steve Miller Band / Just A Passin' Fancy In A Midnite Dream
                                 (Your Saving Grace : 1969)


f0103057_2481951.jpg



Blues Image / Ride Captain Ride (Open : 1970)

f0103057_249549.jpg



という事で、バグースなロック講座33rd & 34thにてお届けした内容をアップしてみました。
お次はもう明日だす!!

ビスケットタイム・プレゼンツ
バグースなロック講座35th Mission

『それからのアメリカPart.4』

~偉大なる米国ロック/ルーツ系ロックの軌跡:Late 60's~Early 70s'厳選編~

日時:2014年11月9日(日曜日) PM7:30~の約2時間半

場所:ビスケットタイム

住所:浜松市中区鴨江2-50-16/根上松バス停前 根上松南側真向かい

料金 ¥2.500+1 ORDER

メール(ホームページからでもOKです)またはお電話で御予約お願いします。

電話:053-522-9182(PM2:00~夜中まで・火曜定休)

メール:info@biscuit-time.com

Web:
ビスケットタイムのホームページ


まだご予約間に合います!
少しでも興味のある方、ロック講座を覗きに来てくださいませ051.gif
お待ちしてます!!

ちなみに、全然ロック講座とは関係ありませんが…

f0103057_2561697.jpg


ジャクソンズ!!!
懐かしいなぁ…026.gif


By バグース長谷川

P.S
バグース長谷川の別の顔
エクステリア:ガーデンのデザイン/プランニングのFun Create
コチラがホームページです。

エクステリア(外構):お庭のデザイン・プランニング・施工のFun Createのホームページ
[PR]
by bagus-rock | 2014-11-08 02:57 | ロック講座
最近は告知しかアップしておりませんので
ここで一発『バグースなロック講座』の詳細をば上げたいと思います。
途中まで真面目にやっておりましたので(でもフザケテル訳ではない)
まだ未アップとなる33回目から034.gif

f0103057_1472824.jpg



33rd Missionはこのような内容でした

ビスケットタイム・プレゼンツ
バグースなロック講座33rd Mission

『ブリティッシュ・ロック:多様化の始まり
             /裏番長オルガン編』

~Late 60's / Early 70's Vol.3~

f0103057_1475070.jpg

f0103057_152544.jpg


もう、私的には懐かしい感じもしますが037.gif
うぷぷぅ

■先ずは表番長の素晴らしき世界

Graham Bond / Walkin' In The Park (Solid Bond : 1970)

f0103057_1432949.jpg



Grahame Bond / Strange Times, Sad Times (Love Is The Law : 1968)

f0103057_1512163.jpg



Julie Driscoll Brian Auger and The Trinity
                 / Indian Rope Man (Streetnoise : 1969)


f0103057_1534669.jpg



■主役を支えつつ主役に躍り出るオルガン・ロックの名盤

The Crazy World Of Arthur Brown / Fire (Same : 1968)

f0103057_154477.jpg



Nicholas Greenwood / Big Machine (Cold Cuts : 1972)

f0103057_157469.jpg



■一作で散った英国ロック・バンドの素晴らしき名盤

Still Life / Don't Go (Same : 1970)

f0103057_158946.jpg



Affinity / Night Flight (Same : 1970)

f0103057_1585482.jpg



Aardvark / Copper Sunset (Same : 1970)

f0103057_1593977.jpg



Quatermass / Gemini (Same : 1970)

f0103057_20293.jpg



Fields / Not So Good (Same : 1971)

f0103057_212361.jpg



Fuzzy Duck / Just Look Around You (Same : 1971)

f0103057_234664.jpg



■英国オルガン・ロック代表/暗黒編

Atomic Rooster / Seven Lonely Streets (Death Works Behind You : 1971)

f0103057_245428.jpg



lack Widow / In Ancient Days (Sacrifice : 1970)

f0103057_255946.jpg



■英国オルガン・ロック代表/非プログレ編

Tucky Buzzard / Time Will Be Your Doctor (Same : 1971)

f0103057_263179.jpg



■英国オルガン・ロック代表/永遠の名盤編

Cressida / Asylum (Asylum : 1971)

f0103057_275150.jpg



Beggars Opera / The Witch (Pathfinder : 1972)

f0103057_284695.jpg



Rare Bird / Hammerhead (As Your Mind Files By : 1970)

f0103057_293367.jpg



Greenslade / What Are You Doin' To Me (Greenslade : 1973)

f0103057_210357.jpg



ふぅ042.gif

そして、34th Missionへと続くのであった…。

f0103057_2133019.jpg



By バグース長谷川

P.S
バグース長谷川の別の顔
エクステリア:ガーデンのデザイン/プランニングのFun Create
コチラがホームページです。

エクステリア(外構):お庭のデザイン・プランニング・施工のFun Createのホームページ
[PR]
by bagus-rock | 2014-11-08 02:12 | ロック講座
何だかんだで、やっとブログを書く事になった。
月1のペースになってしまったので、ログインのパスワードも思い出せない始末じゃ。
どうしたものか…。
しかもやっとアップする内容が、全く番組と関係無い訳ではないが
でもやはり番組の事ではない訳で。
じゃぁ何の記事なの?
そう、コレです。

ビスケットタイム・プレゼンツ
バグースなロック講座35th Mission

『それからのアメリカPart.4』

~偉大なる米国ロック/ルーツ系ロックの軌跡:Late 60's~Early 70s'厳選編~

次の日曜日:11月9日はバグースなロック講座でっせ!
今回で35回目となりました051.gif

そしてテーマはと言うと、前回に続いて米国ロックとなります。
でも内容は続きではありません!
前回参加していない方、そして完全にお初の方でも
楽しめる内容となっておりますのでご安心を029.gif

今回は、あくまでもアメリカのルーツ音楽を基調とした音楽性を持ったバンド/アーティスト
そして一部、それらのバンド達に絡む作品が内容となります。
ロックのルーツとなるBlues・R&B・Countryから派生したRock and Rollを起源とし
それを自己の努力と才能にて上のレベルまで持っていく事で
現在のロックへと繋がる音楽性を打ち出してきた数々の偉大なるバンド/アーティスト達です。
そんな偉大な軌跡をほんの少しですが辿っていき
有名・無名を問わず1つでも多くのバンド/アーティストを知ってもらいたいと思います。

例えば有名どこでは…

f0103057_3193179.jpg


セールス的には惨敗でしたが、この人も有名かな?

f0103057_3204273.jpg


有名どこじゃないとこんなんとか…

f0103057_3214329.jpg


鼻血がブーと飛び出して止まらない強烈な方も登場!

f0103057_3224940.jpg


前回の内容も、サイケでハードでブルージーなバンド/アーティストで選出しましたが
今回はさらに、ルーツに立ち返って素晴らしいロックを聴かせてくれた方達を特集します!

日時・場所等の詳細はコチラ

日時:2014年11月9日(日曜日) PM7:30~の約2時間半

場所:ビスケットタイム

住所:浜松市中区鴨江2-50-16/根上松バス停前 根上松南側真向かい

料金 ¥2.500+1 ORDER

メール(ホームページからでもOKです)またはお電話で御予約お願いします。

電話:053-522-9182(PM2:00~夜中まで・火曜定休)

メール:info@biscuit-time.com

Web:
ビスケットタイムのホームページ


まだまだ間に合いますよ。
ご予約、宜しくお願いします040.gif


By バグース長谷川

P.S
バグース長谷川の別の顔
エクステリア:ガーデンのデザイン/プランニングのFun Create
コチラがホームページです。

エクステリア(外構):お庭のデザイン・プランニング・施工のFun Createのホームページ
[PR]
by bagus-rock | 2014-11-07 03:27 | ロック講座