ロック博士:バグース長谷川と永遠のパートナー:チャンティック亜沙美が繰り広げるロックな世界!FM Haro!76.1Mhzで毎週金曜20:00~22:00放送。毎月第2日曜は「バグースなロック講座」も開講中♪


by バグース長谷川
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

<   2015年 08月 ( 4 )   > この月の画像一覧

もうひと踏ん張り!
とうとう先月7月に行われたバグースなロック講座42回目まできました!
f0103057_15391191.jpg

※これは次回(今月)のポスター


41回目を終えて、1ヵ月以上インドネシアへと行っていたので
2ヵ月振りのロック講座だった訳で。
何となく特別感があった訳で。
そんな42回目のバグースなロック講座はこちらでお届けしたのです。

ビスケットタイム・プレゼンツ
バグースなロック講座42nd Mission

『英国ロックの真髄:The Kinks後編』

~キンクスと振り返ろうロックの歴史~

とうとうやりましたThe Kinks特集後編
前編を行ったのが2011年10月ですので、何と3年と9ヵ月振り!
The Beatles, The Rolling Stones, The Whoと共に
英国4大ロックバンドと呼ばれてはいますが
実際のところThe Kinksの全てを網羅しているファンは
他3バンドと比べて少ないのが現状かと。
f0103057_154158.jpg

そのシニカルな姿勢、他バンドとは一線を画す独自の創造性
それらがロックファンにとって彼らを遠ざける原因になっているのかもしれない…。
そんな事を思いながら、封印していたThe Kinks特集を行いました。
レイ・デイヴィスが作る素晴らしい楽曲も然ることながら
The Kinksを聴くには、そのバックグラウンド(時代性も含め)がとても重要な鍵でもあり
そのリアルタイムのロック事情を踏まえつつ
70年代中期からのThe Kinks+αを取り上げていったのであった。
f0103057_15412015.jpg


■RCA時代~前回からの続き
A Soap Opera / Everybody's A Star (1975)
f0103057_1544912.jpg


Schoolboys In Disgrace / Schooldays (1975)
f0103057_15463892.jpg


■1975~77年:あらためて聴きたいこの1曲
Aerosmith / Back In The Saddle (Rocks : 1977)
f0103057_1548141.jpg


■アリスタ時代~コンセプト病からの脱出
Sleepwalker / MR. Big Man (1977)
f0103057_16382969.jpg


Misfits / Live Life / Out Of The Wardrobe (1978)

f0103057_16361116.jpg


Low Budget / Catch Me Now I'm Falling
          / (Wish I Could Fly Like) Superman (1979)

f0103057_16385380.jpg


■1978~81年:あらためて聴きたいこの1曲
Sweet / Love Is Like Oxygen (Level Headed : 1978)
f0103057_16422993.jpg


Atlanta Rhythm Section / While Time Is Left (Underdog : 1979)
f0103057_1644375.jpg


■続・アリスタ時代~コンセプト病からの脱出
Give The People What They Want / Around The Dial (1981)
f0103057_16453860.jpg



State Of Confusion / Come Dancing (1983)
f0103057_1646211.jpg


■1982~86年:あらためて聴きたいこの1曲
Heart / City's Burning (Private Audition : 1982)
f0103057_16473350.jpg


ELO / Calling America (Balance Of Power : 1986)
f0103057_16495143.jpg


■ロンドン・レコード時代~英国への回帰
Think Visual / Walking At The Factory (1986)
f0103057_16512759.jpg


■1987~89年:あらためて聴きたいこの1曲
The Cult / Love Removal Machine (Electric : 1987)
f0103057_16535743.jpg


■続・ロンドン・レコード時代
UK JIVE / Aggravation (1989)
f0103057_16551458.jpg

※以前ロック講座内で紹介済のアルバムは入っていません


By バグース長谷川

P.S
バグース長谷川の別の顔
エクステリア:ガーデンのデザイン/プランニングのFun Create
コチラがホームページです。

エクステリア(外構):お庭のデザイン・プランニング・施工のFun Createのホームページ
[PR]
by bagus-rock | 2015-08-07 16:58 | ロック講座
この猛暑の中、皆さま如何お過ごしでせうか?
特に外仕事の方は大変かと存じます。
大変というか、もう…かんべんしてくれ!状態かと。
当たり前の事しか書けませんが、どうかお身体大事にしてください。

そんな狂った猛暑続きの中、今月のバグースなロック講座をお知らせします。
もう明後日でございます。

今回は、一般的に夏休み初日となりますので(毎年そうですが)
このようなテーマでお届けしようかと。
コリです

ビスケットタイム・プレゼンツ
バグースなロック講座43rd Mission

『夏休み企画:
    Purple Familyから聴くHRの真髄!』


~往年のファンには懐かしく
       これからのファンには必需品~


でございます。

バグースなロック講座、43回目にして初のメジャー路線!
パープル・ファミリーも細かく分ければコアなところも出てきますが
今回はとにかく“基本的にメジャー”をお届する所存でごわす。

知ってる曲を大音量で聴こう!
数十年振り(な方が多いという予想で)にアノ頃のアノ名曲を聴こう!
実はまだ聴いてこなかった方にとってもロックの必需品となりますぜ!!

例えばコレとか…
f0103057_13392837.jpg

はたまたコレとか…
f0103057_1340449.jpg


この猛暑に、この熱帯夜に、大音量でのHRは如何?

あっ、ほんの少しコアな方面もありますよ。
ほんの少しね…うぷぷぅ。

それでは時間等の詳細です

日時:2015年8月9日(日曜日) PM7:30~の約2時間半

場所:ビスケットタイム

住所:浜松市中区鴨江2-50-16/根上松バス停前 根上松南側真向かい

料金 ¥2.500+1 ORDER

メール(ホームページからでもOKです)またはお電話で御予約お願いします。

電話:053-522-9182(PM2:00~夜中まで・火曜定休)

メール:info@biscuit-time.com

Web:
ビスケットタイムのホームページ(ご予約はコチラからでもOK)


まだ間に合いますぜ。
ご予約、お待ちしております040.gif


By バグース長谷川

P.S
バグース長谷川の別の顔
エクステリア:ガーデンのデザイン/プランニングのFun Create
コチラがホームページです。

エクステリア(外構):お庭のデザイン・プランニング・施工のFun Createのホームページ
[PR]
by bagus-rock | 2015-08-07 15:24 | ロック講座
続いては、5月に行われたバグースなロック講座41回目の詳細だす!
f0103057_14551442.jpg

f0103057_14562763.jpg

この時のバグースなロック講座は
『Sandy Dennyから聴く英国フィメールVoの魔力』
以来、久々の英国女性シンガー特集でした。
前回はフォーク・ロック/エレクトリック・トラッドといったジャンルを
サンディ・デニーを中心に聴きやすくご紹介しましたが
バグースなロック講座41回目では、ロックでブルージーな
ブルー・アイド・ソウルの範疇に括られる女性シンガー達を紹介した次第。
70年代英国ロックの流れの中で、かなり重要な位置を占めるシンガーと
その関連作・バンドをご紹介!!
f0103057_14555792.jpg

f0103057_15194679.jpg

☆マギー・ベル
☆エルキー・ブルックス
☆リンダ・ホイル
☆ジェニー・ハーン


ビスケットタイム・プレゼンツ
バグースなロック講座41st Mission

『英国フィメールVoの魔力Part.2』

~類稀な才能とソウルフルな歌唱/女性ブルー・アイド・ソウルとその周辺~


■英国版ジャニス?/マギー・ベルの歩み
Stone The Crow / Sad Mary (Ode To John Low : 1970
f0103057_150963.jpg


Rod Stewart / Every Picture Tells A Story (Every Picture Tells A Story : 1971)
f0103057_1513760.jpg


Stone The Crow / Penicillin Blues (Ontinuous Performance : 1972)
f0103057_153826.jpg


Maggie Bell / If You Don't Know (Suicide Sal : 1975)
f0103057_154988.jpg


■SC関連作を聴く
Robin Trower / Confessin' Midnight (For Earth Below : 1975)
f0103057_1563852.jpg


The Sensational Alex Harvey Band /
The Hot City Symphony Part 1 - Vambo (The Impossible Dream : 1974)

f0103057_1573830.jpg


Focus / Birth (Hamburger Concerto : 1974)
f0103057_1585666.jpg


■周りを食う強靭なる女性シンガー/エルキー・ブルックス
Dada / The Last Time (Dada : 1970)
f0103057_15103391.jpg


Vinegar Joe / Proud To Be (A Honky Woman) (Six Star General : 1973)
f0103057_15112562.jpg


Elkie Brooks / One Step On The Ladder (Rich Man's Woman : 1975)
f0103057_15122738.jpg


■どれもが名盤・英国随一の歌姫達/リンダ・ホイル&ジェニー・ハーン
Linda Hoyle / Backlash Blues (Pieces Of Me : 1971)
f0103057_1513534.jpg


Laura Nyro / Lonely Woman (Eli and the Thirteenth Confession : 1968)
f0103057_15145772.jpg


Babe Ruth / Wells Fargo (First Base : 1972)
f0103057_15155344.jpg


Babe Ruth / Dancer (Babe Ruth : 1975)
f0103057_15164771.jpg



By バグース長谷川

P.S
バグース長谷川の別の顔
エクステリア:ガーデンのデザイン/プランニングのFun Create
コチラがホームページです。

エクステリア(外構):お庭のデザイン・プランニング・施工のFun Createのホームページ
[PR]
by bagus-rock | 2015-08-07 15:18 | ロック講座
ていうか、ロック向上委員会Zも然る事ながら
バグースなロック講座も全くアップしてませんな(告知はするけど)。

008.gif
008.gif
008.gif

明後日のバグースなロック講座43rdの告知作業に終わらず、アップしていないロック講座分も頑張ってアップする事にします。

もう4月に遡りますが、バグースなロック講座40回目はこのような内容でお届けしました。


ビスケットタイム・プレゼンツ
バグースなロック講座40th Mission

『英国ロック:ボトムの達人三選』

~ドラマーで追っていく英国ロックも良いかもしれない~
f0103057_1445114.jpg

f0103057_145043.jpg

この時のバグースなロック講座は、英国ロック史に燦然と輝くドラマー
渡り鳥的多方面/多バンドで活躍したドラマーを取り上げて紹介していったのですな。
かといってコージー・パウエルとかトミー・アルドリッジじゃなくて
バグースなロック講座39回目:英国ロック:源流から繋いでいこうの巻
からのシーンの流れの中で3人のドラマーを選びました。

☆ジンジャー・ベイカー
☆エインズレー・ダンバー
☆キーフ・ハートレイ


■ジンジャー・ベイカーを聴く
Cream / What A Bring Down (Goodbye Cream : 1969)
f0103057_14131157.jpg


Blind Faith / Presence Of The Lord (Blind Faith : 1969)
f0103057_14133224.jpg


Ginger Baker's Air Force / Da Da Man (Ginger Baker's Air Force : 1970)
f0103057_14204584.jpg


Baker Gurvitz Army / Neon Lights (Hearts On Fire : 1976)
f0103057_14215139.jpg


PIL / Bags (Album : 1986)
f0103057_14224635.jpg


■エインズレー・ダンバーを聴く
The Aynsley Dunbar Retaliation / I Tried
           (Doctor Dunbar's Prescription : 1969)

f0103057_14244594.jpg


Frank Zappa / Eat That Question (Grand Wazoo : 1972)
f0103057_14253984.jpg


The Phlorescent Leech and Eddie / Feel Order Now
                (The Phlorescent Leech and Eddie : 1972)

f0103057_1426217.jpg


Journey / I'm Gonna Leave You (Look Into The Future : 1976)
f0103057_14275568.jpg


Jefferson Starship / Jane (Freedom At Point Zero : 1979)
f0103057_14285067.jpg


■キーフ・ハートレイを聴く
The Artwoods / Walk On The Wild Side (Art Gallery : 1966)
f0103057_14301365.jpg


Keef Hartley Band / Waiting Around
             (The Battle Of North West Six : 1969)

f0103057_14321553.jpg


Keef Hartley Band / Roundabout (Overdog : 1971)
f0103057_14343664.jpg


Keef Hartley / Circles (Lancashire Hustlar : 1973)
f0103057_14353421.jpg


Dog Soldier / Thieves & Robbers (Dog Soldier : 1975)

f0103057_14362423.jpg



By バグース長谷川

P.S
バグース長谷川の別の顔
エクステリア:ガーデンのデザイン/プランニングのFun Create
コチラがホームページです。

エクステリア(外構):お庭のデザイン・プランニング・施工のFun Createのホームページ
[PR]
by bagus-rock | 2015-08-07 14:39 | ロック講座