ロック博士:バグース長谷川と永遠のパートナー:チャンティック亜沙美が繰り広げるロックな世界!FM Haro!76.1Mhzで毎週金曜20:00~22:00放送。毎月第2日曜は「バグースなロック講座」も開講中♪


by バグース長谷川
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

<   2016年 01月 ( 8 )   > この月の画像一覧

さぁ、後30分ほどで始まりますですよ。
ロック向上委員会Zでございますですよ。

今週はこのようなテーマになっとります

『バグースなロック講座番外編!
 2015年の忘れもの
 3枚選んでみましたスペシャル♪』


2016年に入ってからというもの、亡くなったアーティスト達の
『追悼』としての放送ばかりでしたが
今週はやっと、今月のバグースなロック講座絡みの内容であります。

毎年1月のロック講座は、前年の新作Best.10をご紹介しています。
あくまでも“バグース的”であり、私の好みの範囲となりますが。
そして今週のロック向上委員会Zでは、講座に参加してくれた方々の反応から

■大絶賛
■ちょいウケ
■私バグースが思う程ウケなかった


となる3枚のアルバムをピックアップして特集していきます。
その3枚とは…
f0103057_19333846.jpg

f0103057_19335342.jpg

f0103057_1934266.jpg

上)Billy Gibbons And The BFG's / Perfectamundo
真中)Anderson East / Delilah
下)The Neal Morse Band / The Grand Experiment

どれが大絶賛でどれがウケなかったのでしょうか?
うぷぷぅ。

そして21時からの名物コーナー:The Indonesiaは
毎月最終週に出て頂いている『ハイシー』!!
聴いてくださっているリスナーさんにはもうお馴染の
じゃかるた新聞の副編集長:蓜島克彦さん:通称ハイシーと電話を繋ぎ
生の、リアルなインドネシアのお話を聞こうという貴重な時間でございます。
今回はジャカルタで起きたテロ事件について伺っていきます。
事件についてと言うよりも、先週の梅ちゃんのお話もそうでしたが
あの事件でインドネシアに詳しくない方々についてしまった
「インドネシアは怖い」というイメージを払拭して頂く為のお話となります。

日本の報道では、基本的に怖いイメージのみが語られました。
その後のフォローなんてものはもちろんありません。
まぁ、これはインドネシアに関してばかりではありませんが…。
でも我ロック向上委員会Zは、インドネシア贔屓で堂々とやっております!

という事で、今週のロック向上委員会Zも聴いてくださいませ。
20時~22時までみっちりとね004.gif

ちなみに、インドネシアに興味のある方は、コチラをどうぞ。
もちろん日本語ですからご安心を

じゃかるた新聞:Web紙をチェック!

とか書いてたら後5分弱でOn-Air!

FMHaro!は他県であれ海外であれ、どこに居ても聴けるんです
PCからであれば『インターネットサイマルラジオ』から『東海地区』をクリック。

Web:インターネットサイマルラジオ

スマートフォン、タブレット端末から聴く方は
Tune In Radioをご利用ください。


By バグース長谷川

P.S
バグース長谷川の別の顔
エクステリア:ガーデンのデザイン/プランニングのFun Create
コチラがホームページです。

エクステリア(外構):お庭のデザイン・プランニング・施工のFun Createのホームページ
[PR]
by bagus-rock | 2016-01-29 19:54 | 今週の委員会活動
それでは、昨年2015年のラストとなりました
11月に行ったバグースなロック講座46th Missionをアップ致します。

f0103057_0461415.jpg

この日は雨だったのだな…覚えてない。
でも、この日の受講者さん達の状況は覚えてますよ。
だって、前半は元気でしたが後半は
半分死んだような状態でしたから057.gif

そんな状態になる内容とは?
コチラです

ビスケットタイム・プレゼンツ
バグースなロック講座46th Mission

『ヴォーカリスト:スーパースター列伝
       /キャプテン・ウェイツの巻』

~濁声も・慣れるとかなり・子守唄~
f0103057_05067.jpg

サブ・タイトルが示す通り、皆さん濁声に慣れてきて眠ってしまったのかもしれません。
うぷぷぅ。

■あの時君は若かった…1stアルバム

Captain Beefheart & His Magic Band / Electricity (Safe As Milk : 1967)
f0103057_0515099.jpg


Tom Waits / Martha (Closing Time : 1973)
f0103057_0551863.jpg


■爆走・そして機は熟す

Captain Beefheart & His Magic Band / Moonlight On Vermont
                           (Trout Mask Replica : 1969)

f0103057_0563672.jpg


Captain Beefheart / I'm Gonna Booglarise You Baby
                    (The Spotlight Kid : 1972)

f0103057_0573169.jpg


Tom Waits / Invitation To The Blues (Small Change : 1976)
f0103057_0582264.jpg


Tom Waits / Heartattack And Vine (Heartattack And Vine : 1980)
f0103057_102710.jpg


■普通である事は罪深きかな

Captain Beefheart & Magic Band / Party Of Special Things To Do
                         (Bluejeans & Moonbeams : 1974)

f0103057_115170.jpg


■ザッパ&キャプテン再び

Zappa / Beefheart / Mothers / Debra Kadabra (Bongo Fury : 1975)
f0103057_124819.jpg


■普通じゃない事を普通にしてしまう能力満開

Tom Waits / Hang On ST. Christopher (Franks Wild Years : 1987)
f0103057_141453.jpg


Tom Waits / Goin' Out West (Bone Machine : 1992)
f0103057_155164.jpg


■キャプテン活動後半期

Captain Beefheart & Magic Band / You Know You're A Man
               (Shiny Beast (Bat Chain Puller) : 1978)

f0103057_17172.jpg


■後期MBの立役者

Moris Tepper / The Wolf King (Stingray In The Heart : 2008)
f0103057_181520.jpg


■フランク3部作連続参加の人:皆勤賞

Canned Heat / Pony Blues (Living The Blues : 1968)
f0103057_191233.jpg


■フランク3部作連続参加の人:皆勤賞マイナス1

Robert Plant, Alison Krauss / Please Read The Letter
                        (Raising Sand : 2007)

f0103057_1101797.jpg


■トム・ウェイツ1999年~現在

Tom Waits / Big In Japan (Mule Variations : 1999)
f0103057_1115141.jpg


■キャプテン最後の闘い

Captain Beefheart & Magic Band / Ice Cream For Crow
                   (Ice Cream For Crow : 1982)

f0103057_1124464.jpg


■現役濁声世界一:Closing Number

Tom Waits / Lord I've Been Changed
       (Orphans: Brawlers, Bawlers & Bastards : 2006)

f0103057_114332.jpg


ふぅ042.gif以上です。
最高なアーティスト/シンガーに最高な作品。
ただ、単体でアルバムから1曲抜いての紹介では
分かり辛いアーティスト達かと思います。
やはり、アルバム全体で聴いてもらわねば!と、思った次第。

後は、2016年最初のバグースなロック講座でございますが
また後日という事で。
ありがとうございました040.gif


By バグース長谷川

P.S
バグース長谷川の別の顔
エクステリア:ガーデンのデザイン/プランニングのFun Create
コチラがホームページです。

エクステリア(外構):お庭のデザイン・プランニング・施工のFun Createのホームページ
[PR]
by bagus-rock | 2016-01-24 01:54 | ロック講座
さぁ、お次は昨年10月に行いました
バグースなロック講座45th Missionでございます。
そろそろ疲れてきましたので、誤字・脱字があっても許してください040.gif

f0103057_08371.jpg

この45thはコチラがテーマ!
またまた超メジャーなテーマとなります

ビスケットタイム・プレゼンツ
バグースなロック講座45th Mission

『Another Side Of The Rolling Stones』

~キース・リチャーズ新作リリース記念:ストーンズ・メンバー他でも頑張る編~

そうでした!
この時はキースの久々ソロ新作リリースを記念して
ローリング・ストーンズのメンバーの、ストーンズ以外の活動がテーマでした。
何だか懐かしい(たった3ヶ月前ですが)。

■キース新作:Opening Number

Keith Richards / Trouble (Crosseyed Heart : 2015)
f0103057_0144154.jpg


■まるごと1曲キースのVo初披露

The Rolling Stones / You Got The Silver (Let It Bleed : 1969)
f0103057_017710.jpg


■キース:Solo①

Keith Richards / Big Enough (Talk Is Cheap : 1988)
f0103057_0174817.jpg


■ミック:Solo①

Mick Jagger / She's The Boss (She's The Boss : 1985)
f0103057_0184927.jpg


■ワイマン:Solo①

Bill Wyman / I Wanna Get Me A Gun (Monkey Grip : 1974)
f0103057_022452.jpg


■ロン:Solo①

Ron Wood / Act Together (I've Got My Own Album To Do : 1974)
f0103057_024251.jpg


■ブートで有名な正式リリース作

New Barbarians / Love In Vain (Live In Maryland : 2006)
f0103057_026888.jpg


■キース:Solo②


Keith Richards / 999 (Main Offender : 1992)
f0103057_0265165.jpg


■ミック:Solo②

Mick Jagger / Too Many Cooks (Spoil The Soup)
        (The Very Best Of Mick Jagger : 2007)


■ロン:Solo②

Ronnie Wood / Fear For Your Future (Slide On This : 1992)
f0103057_0285665.jpg


■ワイマン:Solo②

Bill Wyman / Ride On Baby (Bill Wyman : 1982)
f0103057_0294293.jpg


■ワイマンと凄い面子達

Willie and The Poor Boys / Baby Please Don't Go
            (Willie and The Poor Boys : 1985)

f0103057_0304278.jpg


■ミック・テイラーも聴こう

Mick Taylor / Leather Jacket (Mick Taylor : 1979)
f0103057_0314575.jpg


■Unsung Hero(影の英雄)な作品

Scotty Moore・DJ Fontana / Deuce And Quarter
"Keith Richards & The Band"
                   / Unsung Heroes
"Ron Wood & Jeff Back" (All The King's Men : 1997)

f0103057_0335065.jpg


■RS全員揃い踏みな他アーティスト作の1曲

Ben Waters / Watching The River Flow
      (Boogie 4 Stu "A Tribute To Ian Stewart : 2011)

f0103057_0372629.jpg


以上です。ご参考に006.gif
さぁ、この勢いで次もいきましょう!!


By バグース長谷川

P.S
バグース長谷川の別の顔
エクステリア:ガーデンのデザイン/プランニングのFun Create
コチラがホームページです。

エクステリア(外構):お庭のデザイン・プランニング・施工のFun Createのホームページ
[PR]
by bagus-rock | 2016-01-24 00:39 | ロック講座
それでは続けていきましょう。
お次は昨年9月に行いましたバグースなロック講座44回目

この回もメジャーな内容になっております004.gif
テーマはコチラ

ビスケットタイム・プレゼンツ
バグースなロック講座44th Mission

『素敵なガラクタ玉手箱:Faces』

~9月5日の再結成を祝って(故ロニー・レーン/イアン・マクレガンに捧ぐ)~
f0103057_2334265.jpg

楽しそうだったなぁ、ロンとロッド…。
f0103057_2334132.jpg


■Faces流グル―ヴ満喫ナンバー:Opening

Faces / Miss Judy's Farm
     (A Nod Is As Good As A Wink....To A Blind Horse : 1972)

f0103057_2335142.jpg


■小さい顔から振り返る:DeccaなSmall Faces

Small Faces / Hey Girl (Single A-Side: From The Begining : 1966)
f0103057_23364448.jpg


Small Faces / I Can't Dance With You (Single B-Side "My Mind's Eye" : 1966)
f0103057_23375752.jpg


■そしてFacesへ①

Faces / Flying (First Step : 1970)
f0103057_23391173.jpg


Faces / Sweat Lady Mary (Long Player : 1971)
f0103057_23434397.jpg


■Facesその系譜① / 英国

RO RO / Goin' Round My Head (Meet At The Water : 1972)
f0103057_23445894.jpg


■JBG後・Facesとほぼ同時なロッド

Rod Stewart / Handbags & Gladrags (The Rod Stewart Album : 1969)
f0103057_23461016.jpg

f0103057_23461929.jpg


■そしてFacesへ②

Faces / Stay With Me
     (A Nod Is As Good As A Wink....To A Blind Horse : 1972)

f0103057_2335142.jpg


Faces / Just Another Honky (Ooh La La : 1973)
f0103057_23475710.jpg


■Facesその系譜② / 英国

Highway / No Need To Run (Smoking At The Edges : 1974)
f0103057_2349454.jpg


■ロニー脱退:テツ山内加入

Faces / Pool Hall Richard (Single : 1973)
f0103057_23512114.jpg

f0103057_23512775.jpg


■Facesメンバーのその後/ロニー・レーン編

Ronnie Lane and Slim Chance / One For The Road (One For The Road : 1976)
f0103057_2353172.jpg


■Facesメンバーのその後/ケニー・ジョーンズ編

The Who / You Better You Bet (Face Dances : 1981)
f0103057_2354262.jpg


■Facesメンバーのその後/イアン・マクレガン編

Ian McLagan / Little Trouble Maker (Taroublemaker : 1979)
f0103057_23551538.jpg


■Facesその系譜③ / 米国

Georgia Satellites / Keep Your Hands To Yourself (Georgia Satellites : 1986)
f0103057_2356918.jpg


The Black Crowes / Jealous Again (Shake Your Money Maker : 1990)
f0103057_2357240.jpg


■Facesその系譜④ / 英国

The Quireboys / 7' O' Clock (A Bit Of What Your Fancy : 1990)
f0103057_23582567.jpg


■Closing Number of Faces

Faces / Ooh La La (Ooh La La : 1973)
f0103057_23475710.jpg


以上となります。
前回同様、超メジャー級テーマ(一部バンド除く)でしたね。
そろそろ疲れてきました…008.gif
でもまだ3回分あるのです。頑張ります!

By バグース長谷川

P.S
バグース長谷川の別の顔
エクステリア:ガーデンのデザイン/プランニングのFun Create
コチラがホームページです。

エクステリア(外構):お庭のデザイン・プランニング・施工のFun Createのホームページ
[PR]
by bagus-rock | 2016-01-24 00:02 | ロック講座
さて、そろそろ昨年行われたバグースなロック講座
まだアップしていない回をアップしていこうと思います。

自分でもどこまでアップしたかが分からなかったのですが
遡る事2015年8月からであります!

トホホ…007.gif

という事で昨年8月に行われたバグースなロック講座は43回目。
テーマはコチラでした

ビスケットタイム・プレゼンツ
バグースなロック講座43rd Mission

『夏休み企画:
     Purple Familyから聴くHRの真髄』

~往年のファンには懐かしく・これからのファンには必需品~

バグースなロック講座では、絶対行き着かないと思われていたHRの超メジャーどころ。
リクエストにより行った回となります(確か)。

■70年代HRの代名詞:バグースなロック講座43rd Opening

Rainbow / Kill The King (Long Live Rock 'n' Roll : 1978)
f0103057_207331.jpg


■HR創成期:猛攻撃型第二期DP

Deep Purple / Speed King (In Rock : 1970)
f0103057_2082823.jpg


Deep Purple / Highway Star (Machine Head : 1972)
f0103057_2092417.jpg


■変身完了寸前:第三期DP

Deep Purple / Stormbringer (Stormbringer : 1974)
f0103057_20105731.jpg


■ギランは抜けてどこ行った

Gillan / Mr Universe (Mr Universe : 1979)
f0103057_2012212.jpg


■DP変身完了:第四期DP

Deep Purple / Lady Luck (Come Taste The Band : 1975)
f0103057_20134278.jpg


■リッチー再始動

Rainbow / Tarot Woman (Rising : 1976)
f0103057_20145120.jpg


■リッチー全米へ向けての勝負
Rainbow / All Night Long (Down To Earth : 1979)
f0103057_20155442.jpg


Rainbow / Death Alley Driver (Straight Between The Eyes : 1982)
f0103057_20163927.jpg


■1バンド1枚/1枚1ギタリストの男:グラハム

MSG / Assault Attack (Assault Attack : 1982)
f0103057_20174465.jpg


■DP解散とWS加入への間に

Paice, Ashton, Lord / On The Road Again, Again
              (Live In Consert 1977 : 2012)

f0103057_20193379.jpg


■そのセンス白蛇へと

Whitesnake / Walking In The Shadow Of The Blues (Love Hunter : 1979)
f0103057_2020586.jpg


Whitesnake / Ready An' Willing (Ready An' Willing : 1980)
f0103057_2021409.jpg


■ペイスはその後どこ行った

Gary Moore / Always Gonna Love You (Corridors Of Power : 1982)
f0103057_20224912.jpg


■初期白蛇最終章から現白蛇へと繋ぐ

Whitesnake / Gambler (Slide It In : 1980)
f0103057_20235285.jpg


■再結成第一弾に見る様式美

Deep Purple / Knocking At Your Back Door (Perfect Strangers : 1984)
f0103057_2025157.jpg


以上です。
バグースなロック講座初と言える、超メジャー級テーマ。
こうしてアップの為に書き込んでると、また聴きたくなりますな。
うぷぷぅ。

By バグース長谷川

P.S
バグース長谷川の別の顔
エクステリア:ガーデンのデザイン/プランニングのFun Create
コチラがホームページです。

エクステリア(外構):お庭のデザイン・プランニング・施工のFun Createのホームページ
[PR]
by bagus-rock | 2016-01-23 20:28 | ロック講座
立て続けじゃ…。
本当に、悲しい事が立て続けなのだ。
何なんだこのサイクルは。

f0103057_1852547.jpg

Eaglesのグレン・フライが逝ってしまいました。
いったいなんなんだか、俺はまだついて行けてないぞ。

私達の知らない世界で、確実に何かが変わっているのですね。
不謹慎かもしれないが、死後の世界を見たくなってきた。
あの世でみんな何をやっているのかなぁ…。

昨年末から続くレミー・キルミスタ―、ナタリー・コール、デヴィッド・ボウイ
グレン・フライ、さらにはグレンの前日に亡くなった
デイル・グリフィン(Mott The Hoople)の死…。
せめて、安らかに眠り、あちらの世界で安堵している事を願いたい。
f0103057_19101311.jpg

ドン…死ぬほど悲しいだろうなぁ…。

という事で、今夜20:00~のロック向上委員会Zはグレン・フライの追悼です。
グレンのソロからは選ばず、イーグルスからとなります。
グレンの死を知って、様々なイーグルスの名曲を…とも思いましたが
今夜は、グレンのリードVo曲から選んでます。

完璧な男達:イーグルス
完璧なコーラスワーク

もうグレンは居ないのかぁ…。

そして、21時台最初のコーナーはもちろんThe Indonesiaです。
今週のゲストは、一ヶ月振りとなるアノ方。
静岡文化芸術大学の梅田英春教授
通称:梅ちゃんが登場します。

グレン追悼に合わせ、しっとりムードのインドネシア・アーティストの曲を選んでくれています。
そして、梅ちゃんトークは『バリ/インドネシアに旅行へ行く際、気を付ける事』
をテーマにお話して頂きます。

みなさん、聴いてくださいね。

そして、FMHaro!は他県であれ海外であれ、どこに居ても聴けます
PCからであれば『インターネットサイマルラジオ』から『東海地区』をクリック。

Web:インターネットサイマルラジオ

スマートフォン、タブレット端末から聴く方は
Tune In Radioをご利用ください。


By バグース長谷川

P.S
バグース長谷川の別の顔
エクステリア:ガーデンのデザイン/プランニングのFun Create
コチラがホームページです。

エクステリア(外構):お庭のデザイン・プランニング・施工のFun Createのホームページ
[PR]
by bagus-rock | 2016-01-22 19:35 | 今週の委員会活動

David Bowie 追悼

f0103057_23113721.jpg


『死』を、ある程度自分でコントロールしたいなと思ったりします。
生き物全て、死は避けられませんので
死と向き合える時間、精神をコントロールするという意味で。

死生観というものは人それぞれですし
だいたいが『死ぬ』なんて事を考えて生きている方も少ないかもしれませんが。

心をコントロール(受け入れる)する間もなく突然に死を迎えるのは怖いです。
病気による突然死ももちろんですが、他人の手によって
自分が準備をする間も無く死んでしまうのは特に。
(病気の場合、突然死よりも長い闘病の末…の方が怖いという人も多く居ますが)

1月14日午前10時50分頃、我愛するインドネシアでテロ事件が発生しました。
首都ジャカルタの中央となる場所で。
日本の戦後賠償金で建設されたサリナデパート周辺(タムリン)です。
何の罪も無く被害に遭われた方のご冥福をお祈り致します。
お怪我をされた方、少しでも早くお身体・お心の傷が癒されますようお祈り申し上げます。
このテロ事件に限らず、昨今頻発しているテロ事件の被害者全てに。

そして、もうほとんど誰もが知っているかと思いますが
David Bowieが1月10日、癌により亡くなりました。
f0103057_23591721.jpg

1月8日の誕生日、そして、誕生日に合わせたNewアルバムリリース後
たった2日後に亡くなりました。
f0103057_07088.jpg

『死』というものをコントロール…というよりも
『残りの生』を精一杯コントロールし、最後の音楽を創造してくれました。
この新作は、David Bowieからファンに向けての遺言になっています。

既にたくさんのミュージシャン/アーティストが
追悼のメッセージを送ってますが、盟友:ブライアン・イーノや
新作=遺作を共に創り上げたトニー・ヴィスコンティの言葉からも
デヴィッド・ボウイが残りの生をコントロールし
最後のアルバムを創作していった事が分かります。

レミーの時もそうでしたが、ロックの大きな何かが音を立てて崩れていったように思います。
ロック三昧で生きている我々にとって、とても残念ですが、ロックの何かが確実に終わりました。
何かって何だよ?と言われそうですが
それは、とても大きい何かですよ。

1月15日 金曜日・20:00~のロック向上委員会Zは
David Bowieを追悼する2時間となります。
死と向き合った芸術作品と言える新作/遺作:★(Black Star)をほぼフルに。
しかし、先週のレミーに続いて追悼とは…。


バグース長谷川
[PR]
by bagus-rock | 2016-01-15 00:35 | 今週の委員会活動
皆さま、新年明けましておめでとうございます(ちと遅いですが)。
本年も宜しくお願い致します。

2016年一発目の投稿はバグースなロック講座:47回目の告知となります。
f0103057_1203917.jpg

年の始めの1月は、毎年恒例のコチラがテーマ

ビスケットタイム・プレゼンツ
バグースなロック講座47th Mission

『バグース的:2015年アルバムベスト11』

~2016年をより良く過ごす為のおさらい~

昨年2015年リリースの新作(リイシューや未発表音源集等は除外)の中から
私バグースが、個人的趣味+バランスを考え選び出したBestな新作を紹介していきます。

2015年も、それはそれは強烈且つ秀逸な作品が沢山ありました。
しかし昨今は、例え音楽ファン/ロック・ファンであっても
Newアルバムを購入するというスタイルからは離れつつあります。
皆さんの様々なスタイルでの、ロックの楽しみ方に文句を付けようなんて思っちゃいませんが
やはり、ロックはアルバムで楽しむモノだと私は考えています。

「気にはなってたけど食指が動かなくて…」
「最近のロックを聴く気になれない…」
「自分の好きな大御所バンドが新作を出したが、もう今どきのはつまんないでしょ?」

冒険して購入して聴く努力をしないのは
上記の理由が多くを占める気がします。
他にも「YouTubeで聴ければじゅうぶん」という理由もあるでしょう。

でも、やっぱり気になりませんか?
これまで好きで聴いてきたバンド/アーティスト/ジャンルであれば尚更の事。

そういう方はバグースなロック講座に参加してみてください。

けっこう目から鱗の新作がたくさんありますよ。
やっぱりカッコ良い!と叫びたくなる新作がたくさんありますよ。
うぷぷぅ。

こんなところに
f0103057_1393439.jpg

こんなところにも
f0103057_1395453.jpg

こんなんも
f0103057_1401841.jpg

マニアックだけどこれも
f0103057_1405147.jpg


とジャケ写が出てきましたが、上記作品は選ばなかったので悪しからず037.gif

それでは、時間・料金・ご予約の詳細をば。
コチラです

日時:2016年1月10日(日曜日) PM7:30~の約2時間半

場所:ビスケットタイム

住所:浜松市中区鴨江2-50-16/根上松バス停前 根上松南側真向かい

料金 ¥2.500+1 ORDER

メール(ホームページからでもOKです)またはお電話で御予約お願いします。

電話:053-522-9182(PM2:00~夜中まで・火曜定休)

メール:info@biscuit-time.com

Web:
ビスケットタイムのホームページ(ご予約はコチラからでもOK)


2016年初の連休ど真ん中となるバグースなロック講座!
こんなのもこんなのもあるぜー!な約2時間半を一緒に過ごしましょう!!
ご予約、お待ちしております040.gif


By バグース長谷川

P.S
バグース長谷川の別の顔
エクステリア:ガーデンのデザイン/プランニングのFun Create
コチラがホームページです。

エクステリア(外構):お庭のデザイン・プランニング・施工のFun Createのホームページ
[PR]
by bagus-rock | 2016-01-07 01:43 | ロック講座