ロック博士:バグース長谷川と永遠のパートナー:チャンティック亜沙美が繰り広げるロックな世界!FM Haro!76.1Mhzで毎週金曜20:00~22:00放送。毎月第2日曜は「バグースなロック講座」も開講中♪


by バグース長谷川
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

<   2016年 09月 ( 3 )   > この月の画像一覧

昨夜のバグースなロック講座
お越しくださいました皆々様、ありがとうございました040.gif
今回は早くもアップ致しますですよ!

昨夜の内容はコチラ!
ドーン

f0103057_14283537.jpg

『国宝級ギターで泣く!
英国ブルース・ロックより:グリーン&ヘイコック』


~時代を超越した根本的才能は活かされたのか否か~

という事で、ピーター・グリーンをたっぷりと堪能しつつ
グリーンよりも日本では知名度の低い
ピート・ヘイコックのプレイも堪能していった次第です。

グリーンさんは言わずもがなですが
ヘイコックさんの、どんなタイプの曲にも凄まじく似合うソロをぶち込む能力も
知って頂けた講座になったかと思います。

お2人共、国宝級と言っても過言ではないギタリスト。
ただ、あくまでもそれはファンやマニアの間でのお話ですな。
そのお2人のプレイと才能は、2016年の今、音楽界に活かされているのか否か…。
うーん…021.gif

■Opening:枯れてもグリーン

Peter Green Splinter Group / Heart Of Stone (Destiny Road : 1999)
f0103057_14384416.jpg


■グリーン二番手にあらず

John Mayall and The Bluesbreakers / The Super-Natural
                   (A Hard Road : 1967)

f0103057_14403118.jpg


■未来の長寿バンド始まる:グリーン在籍時FM

Fleetwood Mac / Black Magic Woman (English Rose : 1968)
Fleetwood Mac / Black Magic Woman, Need You Love So Bad
              (Pious Bird of Good Omen : 1968)

f0103057_14443745.jpg

f0103057_1444436.jpg


■CCBB:正統派White Blues期

The Climax Chicago Blues Band / And Lonely (The CCBB : 1969)
f0103057_14464591.jpg


■CBB:Progressive Blues期

The Climax Blues Band / Flight (Plays On : 1969)
f0103057_1448272.jpg


■未来の長寿バンド始まる:グリーン在籍時FM後期

Fleetwood Mac / Oh Well (Part 1 & 2) (Then Play On : 1969)
f0103057_1449924.jpg


Fleetwood Mac / Jumping At Shadows (Boston : 2013)
f0103057_1450143.jpg


Fleetwood Mac / The Green Manalishi (with The Two Prong Crown)
                          (Single : 1970)

f0103057_14512828.jpg


■CC:C入れB抜きFunky Blues期

Climax Chicago / Standing By A River (Rich Man : 1972)
f0103057_14531295.jpg


■再度CBB:アメリカへ行こう

Climax Blues Band / Sense Of Direction (Sense Of Direction : 1974)
f0103057_14541815.jpg


Climax Blues Band / Mighty Fire (Gold Plated : 1976)
f0103057_14551938.jpg


■盟友ソロ作弾きまくりグリーン

Peter Bardens / The Answer (The Answer : 1970)
f0103057_14562988.jpg


■復活 緑の神:Solo

Peter Green / In The Skies (In The Skies : 1979)
f0103057_14573999.jpg


■CBB:Bluesじゃないと言われ

Climax Blues Band / Last Chance Saloon (Lucky For Some : 1981)
f0103057_1459138.jpg


以上です。

さて、早くも次回の告知をします。
と言っても内容/テーマはまだ決まってませんよ。
アレか、もしくはアレか…ふむふむ034.gif

そして次回は、いつもの第二日曜日ではなく
『第三日曜日』

でございます。

詳細はコチラ

日時:2016年10月16日(日曜日) PM7:30~の約2時間半

場所:ビスケットタイム

住所:浜松市中区鴨江2-50-16/根上松バス停前 根上松南側真向かい

料金 ¥2.500+1 ORDER

メール(ホームページからでもOKです)またはお電話で御予約お願いします。

電話:053-522-9182(PM2:00~夜中まで・火曜定休)

メール:info@biscuit-time.com

Web:
ビスケットタイムのホームページ(ご予約はコチラからでもOK)


ご予約、お待ちしてます!!


By バグース長谷川

P.S
Fun Createのホームページ

エクステリア(外構)/お庭のデザイン・プランニング・:Fun Create
[PR]
by bagus-rock | 2016-09-12 20:57 | ロック講座
明後日、9月11日はバグースなロック講座55th Missionとなります!

また溜まってしまってはいけないので(自分のせいですが)
ここらで先月のロック講座の内容をアップします。

2016年8月に行われた54回目のロック講座はコチラでした。

f0103057_14123563.jpg

ビスケットタイム・プレゼンツ
バグースなロック講座54th Mission

『そろそろ軌跡を統括すベック』


~Guitarより我を生かす道はなし/Jeff Beck~
f0103057_141344.jpg

54回目ともなると、現役大御所の軌跡を追う作業も必要かと029.gif

■メジャーなお仕事第一弾:The Yardbirds

The Yardbirds / I’m Not Talking (Single : 1966)
f0103057_14205289.jpg


■初のリーダー・バンドへ:第一期JBG

Jeff Beck Group / Plynth (Water Down The Drain) (Beck-Ola : 1969)
f0103057_1422147.jpg


■バンドとは何ぞや:第二期JBG

Jeff Beck Group / Situation (Rough And Ready : 1971)
f0103057_14231699.jpg


Jeff Beck Group / Ice Cream Cake (Jeff Beck Group : 1972)
f0103057_142419.jpg


■時代遅れの3ピース:BBA

Beck Bogert Appice / Lose Myself With You (Beck, Bogert, Appice : 1973)
f0103057_14252560.jpg


■フリー・ウェイなベック:栄光のSolo活動へ

Jeff Beck / Scatterbrain (Blow By Blow : 1975)
f0103057_14264292.jpg


John McLaughlin / Django (The Promise : 1996)
f0103057_14275891.jpg


Jeff Beck with The Jan Hammer Group / She’s A Woman (Live : 1977)
f0103057_14284533.jpg


■新たなサウンド模索中につき:時代と闘うベック

Cozy Powell / Hot Rock (Tilt : 1981)
f0103057_14293923.jpg


Jeff Beck / People Get Ready (Flash : 1985)
f0103057_14305522.jpg


Rod Stewart / Infatuation (Camouflage : 1984)
f0103057_14314479.jpg


Mick Jagger / Throwaway (Primitive Cool : 1987)
f0103057_14324173.jpg


■久々に捉えたエネルギー:ベック・インストのピーク第二弾

Jeff Beck / Where Were You
(Jeff Beck’s Guitar Shop with Terry Bozzio and Tony Hymas : 1989)

f0103057_14334720.jpg


■新たなサウンド模索中につきPart.2

Roger Waters / What God Wants, Part I (Amused To Death : 1992)
f0103057_14351298.jpg

f0103057_14352132.jpg


■クラブ・ミュージックを目指す:ベック・インストのピーク第三弾

Jeff Beck / What Mama Said (Who Else! : 1999)
f0103057_14364368.jpg


Jeff Beck / Nadia (You Had It Coming : 2001)
f0103057_14373022.jpg


■2016年Newアルバムより:今後は何処へ向かうのだろうか

Jeff Beck / Live In The Dark (Loud Hailer : 2016)
f0103057_14384716.jpg


以上です。

そして!明後日となる55回目のバグースなロック講座
ジェフ・ベックお師匠に続いて国宝級ギタリスト!!

『国宝級ギターで泣く!
英国ブルース・ロックより:グリーン&ヘイコック』


~時代を超越した根本的才能は活かされたのか否か~
f0103057_2384447.jpg


ピーター・グリーンを中心とし
ピート・ヘイコックのプレイも堪能していこうというロック講座となります。

是非〃、参加してくださいませ~。

時間・料金・ご予約の詳細はコチラです

日時:2016年9月11日(日曜日) PM7:30~の約2時間半

場所:ビスケットタイム

住所:浜松市中区鴨江2-50-16/根上松バス停前 根上松南側真向かい

料金 ¥2.500+1 ORDER

メール(ホームページからでもOKです)またはお電話で御予約お願いします。

電話:053-522-9182(PM2:00~夜中まで・火曜定休)

メール:info@biscuit-time.com

Web:
ビスケットタイムのホームページ(ご予約はコチラからでもOK)


ご予約、お待ちしてます!!


By バグース長谷川

P.S
Fun Createのホームページ

エクステリア(外構)/お庭のデザイン・プランニング・:Fun Create
[PR]
by bagus-rock | 2016-09-09 14:45 | ロック講座
さてさて、今月もありますよ。
次の日曜日=9月11日でございます029.gif

バグースなロック講座、9月のお知らせを致します。
今月のテーマはコチラ
f0103057_2384447.jpg

ビスケットタイム・プレゼンツ
バグースなロック講座55th Mission

『国宝級ギターで泣く!
英国ブルース・ロックより:グリーン&ヘイコック』


~時代を超越した根本的才能は活かされたのか否か~
f0103057_2391550.jpg


55回目となるバグースなロック講座
英国ブルース・ロック界で素晴らしい形跡を残した
Peter GreenPete Haycockを聴いていこうと思います。
2人共、国宝級と言っても過言ではないギタリストですが
あくまでもそれはファンやマニアの間でのお話。
2016年の今、その素晴らしいプレイと才能は音楽界に活かされているのか否か…
答えは出ませんが、英国ブルース・ロック界が誇った
グリーンとヘイコックをあらためてご紹介していこうと思います。

最初はFleetwood MacClimax Blues Band (コロコロ名前が変わるのでコレで統一)
その2つのバンドの遍歴とか
もしくはFleetwood MacのみをWhite Blues期から現在までを網羅してとか
色々と考えましたが、そんな“薄く広く”は無理無理008.gif

ピーター・グリーンを聴いたことの無い人
または、ほんの少ししか手を出してないという方…必聴です。
ピート・ヘイコックって誰?という方や
やっぱり少ししか聴いてこなかったという方も…必聴です。
ギタリストじゃない方でも、グリーンのプレイはずーんと心にきます。
ホントです。
ギタリストじゃない方でも、ヘイコックのプレイに耳が奪われます。
ホントです。

知ってる方も、知らない方も、秋の夜長に英国ブルース・ロック。
参加してください040.gif

時間・料金・ご予約の詳細はコチラです

日時:2016年9月11日(日曜日) PM7:30~の約2時間半

場所:ビスケットタイム

住所:浜松市中区鴨江2-50-16/根上松バス停前 根上松南側真向かい

料金 ¥2.500+1 ORDER

メール(ホームページからでもOKです)またはお電話で御予約お願いします。

電話:053-522-9182(PM2:00~夜中まで・火曜定休)

メール:info@biscuit-time.com

Web:
ビスケットタイムのホームページ(ご予約はコチラからでもOK)


ご予約、お待ちしてます!!


By バグース長谷川

P.S
Fun Createのホームページ

エクステリア(外構)/お庭のデザイン・プランニング・:Fun Create
[PR]
by bagus-rock | 2016-09-06 02:59 | ロック講座