ロック博士:バグース長谷川と永遠のパートナー:チャンティック亜沙美が繰り広げるロックな世界!FM Haro!76.1Mhzで毎週金曜20:00~22:00放送。毎月第2日曜は「バグースなロック講座」も開講中♪


by バグース長谷川
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

<   2016年 10月 ( 3 )   > この月の画像一覧

昨夜は56回目のバグースなロック講座でした。
お越しくださいました皆々様、ありがとうございました040.gif

早速ですが、講座内容をアップ致します。

昨夜の内容はコチラ

f0103057_168414.jpg

『ヴォーカリスト:スーパースター列伝
        /ジェス&リードの巻』


~時代を超越した根本的才能は活かされたのか否か~

ジェスとはジェス・ローデン (Jess Roden)
リードとはテリー・リード (Terry Reid)

で、ございます。

お2人共、英国Blue Eyed Soulの良心と言えるでしょう。
と言っても正直、名声とは程遠い2人。
カリスマ的とも言える才能に恵まれつつも、メイン・ストリームに乗る事なく
地道に活動を続けています。
Led Zeppelinを断った男:テリー・リード
イアン・ギラン脱退後、Deep PurpleのVo候補として名前が挙がっていたジェス・ローデン
(テリー・リードはイアン・ギラン加入前でしたね)
その時代を超越した才能は活かされたのか否か…。

f0103057_16143877.jpg

f0103057_16144955.jpg


■Opening:スワンプなジェスからどうぞ

Bronco / Woman (Ace Of Sunlight : 1971)
f0103057_1635067.jpg


■ブリティッシュ・ビート期:ジェス編

The Alan Bown! / All Along The Watchtower (Outward Bown : 1968)
f0103057_16364236.jpg


■ブリティッシュ・ビート期:リード編

Terry Reid / Loving Time (Bang, Bang You’re Terry Reid : 1968)
f0103057_1639980.jpg


Terry Reid / Speak Now Or Forever Hold Your Peace
        Rich Kid Blues (Terry Reid : 1969)

f0103057_16395318.jpg


■ジェス黄金期:ロック・ファンにとって

The Butts Band / New Ways (The Butts Band : 1974)
f0103057_16415844.jpg


Jess Roden / What The Hell
       Reason To Change (Jess Roden : 1974)

f0103057_16425156.jpg


The Jess Roden Band / Rat Race (Uureleased : 1975)
(Hidden Masters the Jess Roden Anthology : 2013)

f0103057_16444471.jpg


■リード全盛期:スワンプ時代突入

Terry Reid / Live Life (River : 1973)
f0103057_16463094.jpg


Terry Reid / Seed Of Memory (Seed Of Memory : 1976)
f0103057_16472367.jpg


■ジェス叙情的AOR時代突入

The Jess Roden Band / Send It To You (Keep Your Hat On : 1976)
f0103057_16485390.jpg


Jess Roden / The Hardest Blow (The Player Not The Game : 1977)
f0103057_1649467.jpg


■リード流ハード・ポップ時代

Terry Reid / Bowangi (Rogue Waves : 1979)
f0103057_16505917.jpg


The Jess Roden Band / Reason To Change (Unreleased Live : 1976)
            Get Ta Steppin’ (Unreleased Live : 1974)
      (Hidden Masters the Jess Roden Anthology : 2013)

f0103057_16444471.jpg


■90年代突入:リードの歌は変わらない

Terry Reid / There’s Nothing Wrong (The Driver : 1991)
f0103057_16543261.jpg


■90年代突入:ジェスの歌は変わらない

Jess Roden And The Humans / Surrender To Your Heart
         (Jess Roden And The Humans : 1995)

f0103057_16555288.jpg



以上です。

なかなか聴く機会も無いかとは思いますが
聴きましょう。ホントに。
聴こうという気持ちを持って、心から聴きましょう。
「時代を超越した根本的才能を活かそう」
でございます。
知れば知るほど素晴らしい音楽/シンガーですから。

f0103057_1731893.jpg


さて、お次のバグースなロック講座57回目のお知らせです。

今月はいつもより遅い第三週目の日曜日で
来月はいつもより早い第一週目の日曜日となります。

ということは…準備期間がいつもの半分ということです008.gif

詳細は以下の通りだす

日時:2016年11月6日(日曜日) PM7:30~の約2時間半

場所:ビスケットタイム

住所:浜松市中区鴨江2-50-16/根上松バス停前 根上松南側真向かい

料金 ¥2.500+1 ORDER

メール(ホームページからでもOKです)またはお電話で御予約お願いします。

電話:053-522-9182(PM2:00~夜中まで・火曜定休)

メール:info@biscuit-time.com

Web:
ビスケットタイムのホームページ(ご予約はコチラからでもOK)


ご予約、お待ちしてます!!


By バグース長谷川

P.S
Fun Createのホームページ

エクステリア(外構)/お庭のデザイン・プランニング・:Fun Create
[PR]
by bagus-rock | 2016-10-17 17:04 | ロック講座
三連休、如何お過ごしでしょうか?

バグースなロック講座、10月のお知らせです。
今月のテーマはコチラ
f0103057_1274612.jpg

※中央)ジェス・ローデン Jess Roden
f0103057_1281123.jpg

※)Terry Reid

ビスケットタイム・プレゼンツ
バグースなロック講座56th Mission

『ヴォーカリスト:スーパースター列伝
        /ジェス&リードの巻』


~時代を超越した根本的才能は活かされたのか否か~

サブタイトルは前回のPeter Green, Pete Haycockの回と同じ。
ある意味シリーズとなります。

英国Blue Eyed Soulの良心…と言っても正直、名声とは程遠い2人。
カリスマ的とも言える才能に恵まれつつも
メイン・ストリームに乗る事なく地道に活動を続けています。

イアン・ギラン脱退後のDeep Purpleで歌っていたかもしれないジェス。
そしてLed Zeppelin(New Yardbirds)を断った男、リード。

実力もセンスも持ち得ながら、セールスとは(ほぼ)無縁と言えるお2人。
ポール・ロジャースよりも劣るのか?
スティーヴ・マリオットよりも(この人も後年セールスとは無縁でしたが)?
ロバート・プラントよりも?
ロバート・パーマーより?

そんな事はありません。
比べる事自体くだらないけど、比べても、そんな事はありませんよ。

現代ではもうニッチ/マニアックな存在のジェス&リード。
知ってる方も、知らない方も、秋の夜長に英国Blue Eyed Soulは如何でしょうか。

時間・料金・ご予約の詳細はコチラです

日時:2016年10月16日(日曜日) PM7:30~の約2時間半

場所:ビスケットタイム

住所:浜松市中区鴨江2-50-16/根上松バス停前 根上松南側真向かい

料金 ¥2.500+1 ORDER

メール(ホームページからでもOKです)またはお電話で御予約お願いします。

電話:053-522-9182(PM2:00~夜中まで・火曜定休)

メール:info@biscuit-time.com

Web:
ビスケットタイムのホームページ(ご予約はコチラからでもOK)


ご予約、お待ちしてますよ。


By バグース長谷川

P.S
Fun Createのホームページ

エクステリア(外構)/お庭のデザイン・プランニング・:Fun Create
[PR]
by bagus-rock | 2016-10-09 12:25 | ロック講座

東京ロック塾:第1回

9月30日の金曜日、東京での初ロック講座を行ってきました。
名付けて…

東京ロック塾

f0103057_155006.jpg


来てくださった皆様、そしてLive Cafe Again店長の石川さん、本当にありがとうございました。

今回は“初”ということもあり、物事の始まりとなる部分ではなく
初期の全てを飛び越えて、今現在のロックに焦点を当てての講座となりました。
(米国ルーツ・ロックをわんさかご紹介)

f0103057_155609.jpg


東京の友人たちも駆けつけてくれまして
その楽しむ姿を見て安心した次第でございます。

f0103057_1651162.jpg


そして、当然ながら初めて会うお客さんも居る訳で
それがビックリ!
なんと5年ほど前まで浜松に住んでいて
ロック向上委員会Zのリスナーだと言うじゃないですか!!
そして東京(お住まいは神奈川県のようです)に引っ越して来てからも
インターネット、もしくはスマホで番組を聴いてくれているのです。
私が番組内で東京ロック塾の告知をしていたのを聴いて、来てくださったのですね。
嬉しい~003.gif
ありがとうございます。

東京ロック塾を行ったのは、武蔵小山駅西口ロータリー沿いに在ります
Live Cafe Again(ポチッとクリックするとAgainのHPへ飛びます)
清潔感に溢れ、明るい店内にビックリ!

f0103057_1612412.jpg


さらに個性的なのは、講座の途中に休憩を挿むのですが
そこでAgain名物となるコチラが登場!

f0103057_16142065.jpg

f0103057_16151668.jpg


「おせんにキャメル~♪」ですね。

そしてコレは開店前のひとコマ。

f0103057_1618038.jpg


The 蓄音機!!

時間に余裕があったので、1曲聴かせてもらいました。
エルヴィスの“Don't Be Cruel/冷たくしないで”を。
他にも興味深いものがた~くさんあって、イベントの無い日でも
店長:石川さんの話を聞きにいくだけでもメッチャ楽しめるお店です。
(イベントの無い日の方が、そういう楽しみ方ができるかも)

ちなみに

第2回・東京ロック塾

も決まっております。

日時:2017年1月25日(水曜日)

場所:Live Cafe Again

住所:東京都品川区小山3-27-3 ペットサウンズ・ビル B1F
(1Fが有名なレコード・ショップ:ペット・サウンズ・レコードです)

ご予約・お問い合わせ

電話:03-5879-2251

メール:s.ishikawa@cafe-again.co.jp

Web Site:
Live Cafe Again


次回のロック塾のテーマや他詳細は、分かり次第アップ致します。

少し早いですが、来年の1月25日
ご来店お待ちしております040.gif

By バグース長谷川

P.S
Fun Createのホームページ

エクステリア(外構)/お庭のデザイン・プランニング・:Fun Create
[PR]
by bagus-rock | 2016-10-05 16:36 | ロック講座