ロック博士:バグース長谷川と永遠のパートナー:チャンティック亜沙美が繰り広げるロックな世界!FM Haro!76.1Mhzで毎週金曜20:00~22:00放送。毎月第2日曜は「バグースなロック講座」も開講中♪


by バグース長谷川
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

2010年 05月 13日 ( 1 )


さぁ、モタモタするのはやめようではないか!
ガンガン突き進んでいくのだ!!
自分の考える<良い事>を、人の目を気にしないで迷わずやろう!!!

と、最近強く思うのである。

味方してくれる人が少なかったとしても
自分の考える良い事はすべきである。
例え寂しい思いをしたとしてもだ。

もし寂しくなったら、違う方法で逃げ道を作れば良い。
例えば癒しの音楽を聴くとか。
パワーとなる音楽に身を任せて力を温存するとか。

何かと言うと音楽(ロック)に結び付ける私だが
それは自分の経験からきているものであり
少なからず当たっていると思うのでお勧めしている次第。

今週から当分の間、ロック向上委員会では
私バグースの考える<力になる音楽><癒しになる音楽>等の
特集を行っていこうと思ってます。

何だか鼻息の荒そうな文章になってしまったが
少しでも皆さんの心のケアになりそうな音楽をお届けしていきます。

という事で今週はコチラ!!


『ロック向上委員会が送る
 良い音楽を聴こうキャンペーン♪
 癒しの巨匠編☆
 レイ先生・ティモシー先生:近年の名盤特集!!』


いきなりレイ・デイヴィス先生とティモシー・B・シュミット先生のカップリング♪
関係無さそうで…関係ありません037.gif

生粋のイギリス人と生粋のアメリカ人。
ギター:ヴォーカルとベース:ヴォーカル。
キンクス以外のバンドに属した事の無いレイと
ポコ~イーグルスというビッグバンドで活躍したティモシー先生。

が、しかし!
両先生、ロックという枠以外では全く別の世界なのに
近年のソロ作品では同じように心に沁み渡ってくれるのである!!
効能が同じと言えば良いであろうか。
しかも違う部分に効き目が出てくるので
両先生の作品を代わりばんこに聴くと心が元気になってくる☆

やはり良いモノは良いという事であろう。

そんな“別世界なのに効き目が同じ”という今回選んだ作品は
レイ先生とティモシー先生の、今のとこ最新作であるコチラ2枚となりやす。

・Ray Davies / Working Man’s Cafe (2007)
・Timothy B Schmit / Expando (2009)


ジャジャン!!
どれだけの人が上記の作品を聴いた事があるのか?
ロックの世界ではビッグネームなお二人ではあるが
上記のソロ作品はそれほど聴かれていないように思う。

でも、ここ日本でそれほど聴かれてない状況でも
良いモノは良いと立証してくれる両先生のソロ作品♪

必ずや、アナタの心にヒットする事でしょう034.gif

今週のロック向上委員会を聴いて、心を満たされてくだたい。
そして、アナタのこれからの生活のスパイスにしてくだたい。

そんな思いで今週はお届け致します040.gif

良い音楽を聴こうキャンペーン♪
はじまり、はじまり~!!

うぷぷぷぅ。

f0103057_082070.jpg

[PR]
by bagus-rock | 2010-05-13 20:12 | 予告編