ロック博士:バグース長谷川と永遠のパートナー:チャンティック亜沙美が繰り広げるロックな世界!FM Haro!76.1Mhzで毎週金曜20:00~22:00放送。毎月第2日曜は「バグースなロック講座」も開講中♪


by バグース長谷川
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

2012年 03月 02日 ( 3 )

いやはや、まだまだ続いていきますぞよ。
レイ・デイヴィス大先生の詞を深く知り、堪能していくコーナー…

和訳ダグラス朗読

今週はコチラを選んでみました

The Kinks / State Of Confusion
(邦題:夜なき街角)


f0103057_345292.jpg


収録アルバム:State of Confusion (1983)


ひねくれ者のレイ先生の叫びだす。

「飛び起きた
 誰かが銃でもぶっ放したかと思った
 これは夢だと思いたいが
 悪夢は今始まったばかり
 
 何が一体どうなっているんだ
 私は混乱するばかり

 喜んでいいはずだ 嬉しくていいはずだ
 生きているのだから悪いはずはなかろう
 しかし振りかってみても この星に幻想の居場所は無い
 世界はただただ混乱にその身を任すだけ

 道路中央
 行き交う車の流れに挟まれて
 分離帯に立ったまま
 どうしたらいいんだ?
 家に居れば良かったのか
 外出したのがまずかったのか
 道路を渡ろうだなどと
 思わなければよかったのか…
 
 何が一体どうなっているんだ
 私は全く混乱するばかり」



番組でも言いましたが、最近(もう随分前からですが)新聞を読んだりする度に
前述のレイ先生の詞のような気分になります。

「何が一体どうなっているんだ
 私は全く混乱するばかり」

そして(自分もそうなのだが)、そのような混乱を招いている国や
企業に対しての怒りをほとんど出さないここ日本の国民の事を考えてしまう。
いや、怒りをあらわにしている人も多く存在するのだが
言ってるだけで終わってしまうのである。
私がラジオで発言してももちろん同じ…。

あぁ、私は全く混乱するばかり…。



By バグース長谷川


エクステリア(外構):お庭のデザイン・プランニング・施工のFun Createのホームページ
[PR]
by bagus-rock | 2012-03-02 23:23 | 和訳朗読
『リクエスト企画番外編!
 グラムロックを聴こう!!
 スレイドを知ろう特集♪』


本日の放送は…

Slayed? (1972)

f0103057_2271529.jpg


:Mama Weer All Crazee Now


Sladest (1973)

f0103057_22135389.jpg


:Skweeze Me Pleeze Me
:Cum On Feel The Noize



Old New Borrowed & Blue (1974)

f0103057_22141068.jpg


:When The Lights Are Out
:Everyday



In Flame (1975)

f0103057_22162955.jpg


:How Does It Feel


Nobody’s Fools (1976)

f0103057_22215100.jpg


:Nobody’s Fool


The Amazing Kamikaze Syndrome (1983)

f0103057_22142114.jpg


:My Oh My


Rogues Gallery (1985)

f0103057_2218090.jpg


:Mysterious Mizster Jones
:7 Year Bitch



Slade Box: A 4cd Anthology

f0103057_22225379.jpg


:The Bangin’ Man (Single / 1974)
:She Did It To Me (B-Side The Bangin’Man / 1974)



という事で、今週のスレイド特集は如何でしたかな?

タイトルにもある通り「グラムロックのリクエスト企画番外編」でございます。
本編を行ってもいないのに…番外編ざます。
グラムロックを10曲ばかり選んでも、個々のバンドの持つ素晴らしさは分かり難いでごわす。
それならば1アーティスト/バンドで御紹介した方がそのバンドの良さが分かるってなもんで。
先ずはスレイドを選らんでみた次第。

スレイドにスウィート…ホント最高ですな。
私の中では『英国が誇るダブルS』だと思っております。
イギリス人にしか書けないメロディが満載であり
(70年代中期~人気に陰りが出始めた頃は特に素晴らしい)
観ても満足・聴いても満足・一緒に歌っても満足なバンドなのですな。

もちろん近々、スウィートも追い掛けて特集を行っていきますので
楽しみにお待ちくださいませませ040.gif

しかしノディ・ホルダーの声は凄まじいなぁ…。


By バグース長谷川


エクステリア(外構):お庭のデザイン・プランニング・施工のFun Createのホームページ
[PR]
by bagus-rock | 2012-03-02 22:35 | 今週の委員会活動
どんどん春めいてきてますね056.gif
そのせいで天気はメッチャ悪いですが…。

そんな悪天候を吹き飛ばす今週のイントロクイズは
コチラが正解でした

Uriah Heep / Easy Livin’

f0103057_21434290.jpg



収録アルバム:Demons And Wizards (1972)


私バグース、ヒープ大好きでございます。
本当に本当に大好きでございます。
それはもうデビューから現在まで、嫌いになる要素が全くありませぬ。
だから何気にずっとずっと好きなのです。

今週のイントロクイズに選んだのは、アレなのです。
今週の火曜日(2.28)は、初期ヴォーカリスト:デヴィッド・バイロンの命日だったのでござる。
歴代のVoの中に、私個人的によろしくないと思う人は1人も居ません。
評価の低いアノ人の時代も大好きです。
しかし、その歴代Voの中でも1番人気のバイロン先生の命日であれば
何かするしかありませぬ。

生前のバイロン先生、自分を色男だと考え
ロッド先生(もちろんスチュワート)をライバル視しておりました。
ロッド先生行きつけのブティックへ通い、洋服を選ぶ程ライバル視していました。
そしてお酒に溺れ、暴言の限りを尽くしヒープをクビになってしまいました。

あぁバイロン先生…。

ロックファンにとって、大切な愛すべきひとりなのです。

という事で答えを当てた方の中から抽選で1名様に

ロック向上委員会Z特製ステッカー

をプレゼントしております。

当たった方は届くかも037.gif

うぷぷぷぅ。


By バグース長谷川


エクステリア(外構):お庭のデザイン・プランニング・施工のFun Createのホームページ
[PR]
by bagus-rock | 2012-03-02 22:00 | イントロクイズ